--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
2011

平川滋子展

CATEGORYアート
平川滋子展



会期が残り僅かですが、平川滋子展が、金津創作の森で12月11日まで行われています。

平川さんは、1983年からフランスに住んでおられ、パリから南7kmにあるシャトネイ・マラブリイ市のフランス文化省のアトリエを拠点に、国際的に活躍されている現代美術家です。

平川さんの作品は、私も昔フランスにいた時から何度となく拝見していますが、「光合成の木」は、日本で2009年にも国立新美術館で展示されました。
下の写真は、その時主人が撮ったものです。



光合成の木




光合成の木



「光合成の木」には、太陽の光線を受けて色が変わる人工の特殊ピグメントを混合したプラスティック製のディスクが使われており、光合成の様子を視覚化させることに成功しています。
夜になると、半透明の乳白色になります。
下の写真は夕暮れ間近ですので、ちょっと色が薄くなっています。



光合成の木


平川滋子さんのHP

関連記事
スポンサーサイト

5 Comments

タムタム  

建物の曲線美を背景に
今まで見たこともないような夢の中の木みたいです。
ご主人さまのお写真がココロに届きますね!

こちらは木の部分は何を使っているのでしょうか。

2011/12/03 (Sat) 08:49 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/03 (Sat) 08:50 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: タムタムさん

いつも見てくださって、どうもありがとうございます。
また、主人の写真をお褒め頂きまして、主人が喜んでおります。

こちらは、国立新美術館にある本物の木に、ディスクが取り付けられています。
それで、本当に木に花が咲いているかのようで、何とも不思議な感じでした。

2011/12/04 (Sun) 00:03 | EDIT | REPLY |   

eiko  

紫色がきらきらときれいですね。
なんとも不思議な・・・
同じ名字に親近感が湧きます^^
ご主人のお写真、とても好きです。

2011/12/05 (Mon) 15:29 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko さん

そう言ってくださって、ありがとうございます。

そうそう、同じ名字なんですよね~。
私も、初めてご主人にお目にかかった時、平川さんと同じお名前だ!と思いました。

2011/12/05 (Mon) 18:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。