さぎ草の会HPができました / Danielle Licari - G 線上のアリア

1-0014-004.jpg


以前、主人の撮ったフィルム写真です。


           ◇


今日はお知らせです。

東京の中野区で活動している介護家族の会「さぎ草の会」の事は、以前 あみねこさん達と介護家族の集い<さぎ草の会> でご紹介しましたが、この度公式HPを作成致しました。

「さぎ草の会」は母の発案で始まった会で、発足して9年。会の皆様のお役に立っているようです。

HP担当は、Ariane でございます^^
Ariane も母のボランティアを、ボランティアでお手伝いすることに致しました。

さぎ草の会HP (←クリックしてね^^)

「さぎ草の会」は、2016年12月11日増大号の「サンデー毎日」でも、『介護自殺をどう防ぐか』という現場ルポで取材を受けたことがあります。
その時の記事の一部を引用させて頂きます。


「しゃべると気持ちが楽になる」

 中野区の介護者の会「さぎ草の会」にも、多くの介護者が集まり、意見交換や心情を語り合っている。藤田紅音さん(仮名、59)は母親を介護していたが、8月末、82歳で亡くなった。
 13年1月、母親は体調が悪化した。医者嫌いの母親だったが、この時は自分から「連れて行って」と願い出たという。消化器の病気だったが、すぐに手術をすることになった。
 手術後もそのまま入院したが、母親は「帰る」と言い出し、家で看病することになった。食事の際に栄養剤をカテーテルに注入するなど、父親と交代で毎日介護をするようになった。
 夜中の2、3時にトイレで起こされ、その1、2時間後に再び起こされる。藤田さんと父親は睡眠不足に悩まされた。
 「認知症の症状はなく、普通に会話もできましたが、起き上がるのが難しい」
 体力ももたないので、藤田さんはもう一度、母親を入院させようとした。そんな時に「会」を知った。
 「しゃべると気持ちが楽になったのです」



           ◇


今日の音楽は、ダニエル・リカーリのスキャットで、バッハ『G 線上のアリア』にします。





関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

はるま  

こんにちは。
そういう活動もされているのですね。
HP担当、お疲れ様です。
我が家も同居している母が、
最近とみに足腰がだめになりまして、
ほぼ外出はできない状態です。
自分のことはどうにかまだ出来るので、
介護と言うほどでは無いですが、
通院等には介助が必要な状態です。
進む高齢化社会、
介護家族のことも決して他人事では済まされない事だと思いました。

2017/08/02 (Wed) 19:50 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

はるまさんは、お母様と同居なさっているんですね。
身の周りの事はお出来になるとのこと、
お元気でしっかりなさっているお母様なのでしょうね。

母が「さぎ草の会」のHPを欲しそうだったので、
「それなら私が作ってあげるね」という話になりました。

団塊エイジがすべて後期高齢者になる2025年問題というのがあるそうですね。
医療費の問題だけでなく、人的資源そのものの減少をどうカバーしていくかという
社会全体の課題があるようです。

2017/08/02 (Wed) 20:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/03 (Thu) 09:58 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 鍵コメさん

こんにちは^^
あたたかいコメント、ありがとうございます。
そう言って頂けると、嬉しいです^^

用意されているテンプレートを、大分変更はしましたが、基本的には誰でも簡単にHPを作れるようになっています。
これも、1、2日で作りました。
本当はもう3週間くらい前に作ったのですが、なかなか検索に掛からないようなので、ブログで取り上げることに・・・。

プロフェッショナルなご意見を賜り、誠にありがとうございます!
あえてご指摘頂けて、とても嬉しいです。

一カ所目は、Internet Explorer で見てみたところ、鍵コメさんがおっしゃるような字切れになっていました。
どうも、同じ Windows でも Google Chrome で見るか、Internet Explorer で見るかによって違っていたり、それ以外のブラウザでも、きっと違うのでしょうね・・・。
そういえば、Internet Explorer のバージョンによっても違っていたのを思い出しました。

<>で括るのは良さそうなので、そのように変更し、「提供し、」で敢えて改行を入れてみました。
二カ所目も、こちらの画面ではご指摘頂いたのと違う具合なのですが、思い切って、途中で改行してみました。
これで上手く反映すれば良いのですが~。

こうしたご指摘は、違うブラウザでご覧になっている方からでないと頂けないので、助かりました。
どうもありがとうございました^^

2017/08/03 (Thu) 18:27 | EDIT | REPLY |   

Korva  

Ariane さん、こんにちは^^

HP作成、お疲れ様でした。
シンプルで上品なHPですね。

10日くらい前から、
妻がすべり症であまり動けなくなりました。
それでも最低限のことは自分でできるので、
介護というほどではないのですが、
私も今、家事が少し大変です。
でも、こういうことは症状が改善するまでという意識があるので、
精神的には大して苦にもなりませんが、
本格的な介護をしている方だと、
終わりの見えないご苦労の連続なので、
肉体的にも精神的にも、さらに大変なんだろうなと想像します。

2017/08/04 (Fri) 11:05 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Korva さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

HP、Korva さんのような方に「シンプルで上品」と言って頂けると嬉しいです^^

奥様が、大変なことになられているようですね。
最低限の事はお出来になるといっても、あまり動けないというのは、
かなりの痛みなのではないかと思いますし、
さぞかしご不自由なことだろうと思います。
少しでも早く快復されるよう、お祈り致します。

家事も、普段やっていないことまで毎日やるのは、
結構大変なことですよね。

高齢者や認知症の家族の介護の場合、
おっしゃるように、終わりが見えないし、
明るい未来が待っているわけではないので、
肉体的な負担だけでなく、精神的な苦労が多いですね。
その苦労を分かってあげる人たちがいたり、
同じような思いを共有する人たちがいたりして、
安心して言いたいことを言って、分かり合えるだけでも、
少しは気持ちが癒されたりするのかもしれません。
苦しんでいる時、分かってくれる人もいないというのは、辛いですからね。
それに、喋るというのは、ストレス発散になりますね^^

2017/08/04 (Fri) 15:32 | EDIT | REPLY |   

ponch  

介護とかやってるとどうしても社会的に孤立しがちなので、こういった集まりで互いに励まし合うのはいいかも知れませんね。
自分も自分と同じ発達障害者や、自分とはちがう障害を持ったブログ仲間と互いに励ましあってます。

G線上のアリア、聴いてると物悲しくなってくるけど美しい曲ですよね。
アリアという女性の美しくも物悲しい人生を奏でているようです。
年末とか追悼番組でよく聴くような気がします。

2017/08/10 (Thu) 20:05 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ponch さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

同じ問題や同じ障害を抱えている者同士でないと、なかなか分かり合えなかったりして、そうでない人たちと一緒にいても、かえってその中で孤独感を感じたりすることもありますよね。
ponch さんは、たくさんの良いブロ友さんがいて良いですね^^
お互い励みになることだと思います。

G線上のアリア、ちょっと物悲しい曲かもしれませんね。
原曲はもう少し荘厳ですが、この YouTube の演奏はスキャットなので、
ちょっと軽くてお洒落かな、と思います^^

2017/08/10 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment