紫陽花 / J.S.Bach - Toccata, Adagio and Fugue, BWV564 - Adagio

1-IMG_1983.jpg




1-IMG_1963.jpg




1-IMG_2001.jpg




1-IMG_1966.jpg




1-IMG_1978.jpg




1-IMG_1965.jpg


このところ慌ただしく、写真を撮りに出掛けられないので、仕事の行き帰りに撮ってみました。
大体のビジョンがあって、大体そんな風に撮れたかしら、と思います^^

使用したレンズは、LEITZ CANADA ELMAR 65mm f: 3.5 です。



今日の音楽は、バッハ『トッカータ、アダージョとフーガ』ハ長調, BWV564 - 2 から「アダージョ」です。
Ariane が、この世で最も美しい曲の一つと思うものです。

演奏は、ヘルムート・ヴァルヒャです。
ヴァルヒャは、16歳のときに失明しています。
Wikipedia には次のように書かれています。

「失明後は母親によって、結婚してからは夫人によって、左右の手(と、オルガンの場合は足鍵盤)のパートをそれぞれ別個に演奏してもらい、それぞれを絶対音感によってしっかり記憶に焼き付けてから一つの楽曲へとまとめ上げたという。バッハの鍵盤作品は40歳頃までに異稿まで暗記したと伝わる。」





関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

はるま  

こんにちは。
紫陽花が一番綺麗な時期ですね。
色とりどりの蝶が舞っているかのような、
あるいは花火がはじけたかのような表現が、
とても素敵です^^
パイプオルガンの音色に、
心の安らぎを感じます。
バッハの曲は厳かな気持ちになりますね^^

2017/06/22 (Thu) 08:17 | EDIT | REPLY |   

yokko  

とても美しいく紫陽花が捉えられて素敵な写真ですね。
失明など一つ失うと他が鋭くなると言われますが
凡人では有りえないことですね。

パイプオルガン音色が優しくて心休まります。

2017/06/22 (Thu) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

紫陽花が綺麗に咲いてきましたね^^
写真をお褒めくださって、ありがとうございます。
紫陽花は、今まで毎年同じような写真になってしまっていましたが、
最近は色や種類が豊富で、少しインスピレーションも湧いてくるようになりました。
はるまさんのお写真のように上手くはいきませんが、
少し前暈けも入れてみました^^

音楽もいつもお聴き頂けて嬉しいです。
バッハのオルガン曲は、荘厳で良いですよね。
私はこの曲を聴くと、とても敬虔な気持になります♪

2017/06/22 (Thu) 09:45 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yokko さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

写真、お褒め頂けて嬉しいです^^
最近は、いろんな色や種類の紫陽花がありますね。

音楽もお聴きくださって、ありがとうございます。
中学の時から好きな曲なんです♪

ヘルムート・ヴァルヒャは、16歳で失明するまでは弱視で少しは見えていたようで、
苦労して楽譜を読み取って記憶していたようですので、
大変な努力家でもあったんだろうな、と思います。
Wikipedia の年譜を見ると、16歳で失明した翌年、
デビュー・リサイタルを行って成功するのですが、
「人々から同情的な評価を受けるのを嫌がったために、
新聞には盲目であることを書かないように頼んだ」というのですから、
すごい人だと思います。

2017/06/22 (Thu) 09:56 | EDIT | REPLY |   

☆バーソ☆  

こんばんは~♪

この淡い紫色。この深みのある緑。
生々しくなく、派手派手しくなく、明るすぎず、
といって沈んでおらず、静かで、落ち着いていて、
優しくこころのうちを可憐に語っている・・・。
特に1枚目の写真が、赤すぎず、紫過ぎず、
ニュートラルな精神思考のArianeさんのイメージ。
と、そんな感じがします。
このレンズはボケがきれいですね。
色が微妙ににじんで、ノスタルジックな空気感があります。
「この世で最も美しい曲の一つ」ですか。
うーん、そう感じて、そう言い切れる感性もすごいです。
私もマウントアダプターをamazonに注文しました。
手持ちにキヨハラVK70R 70mm F5のニコンF用があり、
1群2枚構成のソフトフォーカスレンズなんですが、
これがEOS M3でも使えたら面白いかなと思っています。
つまりはArianeさんを真似したくなったわけです。(^^♪

2017/06/22 (Thu) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: バーソさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

とってもお褒め頂けて、嬉しいです^^
そういえば、淡い紫と緑という色の組み合わせは、好きなのでした。
今まで紫陽花を撮るのはあまり得意でなかったのですが、
今回はイメージ通りに撮れました。
それで音楽も、特別お気に入りの曲を選ぶことにしました^^
中学生の時バッハに心酔しておりまして、
中でもとりわけ美しいと思った曲が、これなのです。

このレンズはボケが綺麗ですし、ちょっと深みが出る感じがして、気に入っています。
画角が狭いので、景色を撮る時にはちょっと物足らない場合もあるのですが・・・。

アダプターを購入されたんですね^^
え~、何なに???っていう感じで、
私を真似するとおっしゃっているバーソさんの方が、ずっとスゴイんですけれど・・笑
主人を呼んできて聞いてみたところ、
それは面白いんじゃないかと申しております。
写真を撮ったら、是非ブログにアップしてくださいね♪

2017/06/22 (Thu) 23:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/23 (Fri) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 鍵コメさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

紫陽花は最近、本当に品種が増えましたね。
洋風の紫陽花なんかも素敵だなぁ、と思います。

吉行淳之介の小説に、「紫陽花の下には死人が埋まっているんだよ」なんていうセリフが出てくるんですか。
桜の下に、っていうような話も、どこかにあったような気がしますね。
綺麗な花の下に死体がある、というイメージを、人は持つことがあるんですね。

パイプオルガンは、迫力がありますね。
私は中学生の時にバッハに嵌っておりまして、
三鷹の国際基督教大学の教会で、定期的に行われていたパイプオルガンの演奏会に、よく通っておりました。
鍵コメさんが、バッハのチェンバロ曲がお好きとは!
そうでしたか~。
それも、飽きることがないほどなのですか!
好みが共通しているというのは、嬉しいですね^^

2017/06/23 (Fri) 06:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment