Hermetic Circle

ARTICLE PAGE

ザ・プリンス箱根のロビー / マン・レイ

1-IMG_6875.jpg


前にもこちらのブログでご紹介したことがありますが、ザ・プリンス箱根は、日本の戦後モダニズムを代表する建築家、村野藤吾が建てた本格的なリゾート・ホテルです。

家具、調度、カーペット等、すべてがトータルにデザインされており、総合芸術としての建築デザインの魅力を味わうことができます。
とりわけこのロビーは、それが実感できる場所になっていると思います。
椅子はデザインが洗練されているだけでなく、機能的にも優れています。


1-IMG_6868.jpg




1-IMG_0202.jpg


飾られている絵も素敵で、美術館にいるような気分になります。

いつも自動ピアノが演奏をしていて、それが下手ではあるのですが、それでも絵があって、クラシック音楽のある空間に、静かにゆっくりしていられる贅沢というものを味わうことができます。


1-IMG_6851.jpg




シュルレアリスムの絵が多く飾られており、改めてその魅力に惹きつけられました。

1-IMG_6867.jpg




1-IMG_6861.jpg




夫も私も、夜の静かなロビーが気に入っており、つい何枚も写真を撮ってしまいます。

1-IMG_0203.jpg


あ、これはパイプではありませんw
ロビーは禁煙ですからね。
これは、「オブジェ」です。


余談ですが、マグリットの作品にも、「これはパイプではない」と書かれているパイプの絵(『イメージの裏切り』1928 - 29 年)があったのを思い出しました。
あれは油絵ですからね。
パイプではなく、キャンバスなのでした。


脱線ついでに言うと、前に、「見えるようにするものが、見えなくするものだ」というのが、マグリットの一つのテーマになっているという指摘をしましたが、改めて、あの絵もその一つだったんだなぁ、と思います。
イメージが与えられることによって本体(正体)が見えなくなることがある、という教訓です。
私たちの身近なところでは、マスメディアがしばしばやっている事だと言えば、分かり易いかもしれませんねw


          ◇


今日は、マン・レイの写真集を付けておきます。
こういうのを見ると、写真を撮るのがちょっと嫌になるくらい、素晴らしいです・・。

私も全員分かるわけではありませんが、最初マン・レイ自身、それからアンドレ・ブルトン、マルセル・デュシャン、ピカビア、モンパルナスのキキ、イヴ・タンギー、ジャン・コクトー、ミロ、ピカソ、ダリ、ポール・エリュアール、カトリーヌ・ドヌーヴ、ヘミングウェイ、ルイス・ブニュエル、ココ・シャネル、ストラヴィンスキー、ジャコメッティ、ジュリエット・グレコ、ヘンリー・ミラー、マックス・エルンストなどが写っています。

皆さん、他にもご存知ではないでしょうか。
編集の仕方も凝っています。


最初の音楽は、ハンガリーの現代音楽の作曲家 リゲティ・ジェルジュ・シャーンドル (Ligeti György Sándor) の "Musica Ricercata (ムジカ・リチェルカータ) II: Mesto, Rigido e Cerimonale" という曲らしいです。
初めて聴きましたが、これも良いですねぇ。
後半は、何の音楽なのでしょう?





関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Violetta  

Arianeさまこんばんは^^
ザ・プリンス箱根のホテルの記事を拝見させて頂くのはこれで3度目くらいでしょうか?
建物の様子は行ってみないと解りませんが、デザインに拘りを感じますね〜。
絵画が飾ってあったりクラシックが流れているって良いですね〜。
私も機会があれば宿泊してみたいです。
こちらの動画拝見させて頂きました。
マン・レイの写真集、惹かれますね。
そしてやっぱり,女性のヌードは美しいですね。
とてもエロチックですが、私,女性のヌード好きです。
世の中で1番綺麗なのはやはり,女性なのかな?って思ったリです^^

音楽はとても近代的ですね。近代音楽はとても不思議な感じがしますから。。。
近代ですよね?違ってます?笑

2015/11/08 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

Violetta さま、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

前からのブロ友さんは、箱根プリンスの写真を、何度ご覧頂いているか、分かりませんよねぇ。
毎回コメントくださって、ありがとうございます。
次に箱根に行く時も、泊まるのは絶対にプリンスにします・・笑
そして、次に遊びで旅行に行くのも、行き先は箱根でしょうね・・笑
そこらへんが、私も主人も、夫婦そろって同じなんです・・笑
特に、このロビーの近代美術館っぽい雰囲気が好きですねぇ。

マン・レイの写真集もご覧くださって、ありがとうございます^^
写真としては、すべての試みがしつくされている感じがします・・。
女性のヌードは、美しいですよね。
欧米の女の人はどうだか知りませんが、日本人の女性で、男性のヌードに興味のある人なんて、いないか、いても例外的なんじゃないかと思いますね。
男性の筋肉とかも、私は若い頃から、どうでも良かったですね~。

音楽は、後半は私も分かりませんが、最初の曲はリゲティで、2006年まで生きていた人みたいだから、随分現代的ですね。
この曲は気に入りました^^

2015/11/08 (Sun) 23:58 | EDIT | REPLY |   

日のこ  

こんにちは

Arianeさん、ため息の出るくらい大人の空間、を堪能なさってきたのですね。
箱根プリンスはこんなに優雅だったのですね。
座り心地のよさそうな椅子に目が釘付けです。この椅子があって壁の絵があって・・トータルして味わえる場所なのですね。
こういうPhotoを見せてもらうとこのホテルの宿泊客もその風景に沿う人々なのだろうな、と想像しました。Arianeさんご夫妻にぴったりだな〜と勝手に想像させていただきました。

そうして音楽とマン・レイの写真集ですが私のほとんど知らない世界です。
隠しドアを少しだけ開けてかいま見た別世界のような感覚になりました。
私の知らない世界です。数枚ではなくたくさんを観ていくと不思議な気分になりました。

2015/11/09 (Mon) 15:29 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 日のこさん

日のこさん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

箱根プリンスは、戦後モダン的な感じが、とても気に入っています。
お庭が芦ノ湖に面しているのも、いいです^^
ロビーの椅子、デザインが可愛いだけじゃなく、座面が広くて、とても座り易いんですよ。
何かとよく計算されていると思います。
宿泊客はこのところ外国から多くて、大宴会をやっている雰囲気が、ちょっとですね・・^^;

マン・レイの写真集も、ご覧くださって、ありがとうございます。
「隠しドアを少しだけ開けてかいま見た別世界」だなんて、日のこさんは面白い表現をされますねぇ。
そのように伺うと、かえって新鮮な気がしました。
私は、美術に関しては、子供の頃最初に興味をもったのが抽象画で、わりと現代的なものの方が、感覚には合うんです。
印象派は、しばらく良さが分からなくて、自分で点描画を描いてみて、ちょっと分かってきました。
でも、音楽に関しては、昔の曲ばかり聴いていまして、現代音楽はおよそ聴き慣れておらず、こちらの YouTube の音楽は、私も知らない世界でした。
編集の仕方が良くて、音楽が映像と合っていることもあって、この曲は気に入りました。

2015/11/09 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   

気まぐれpapa  

リゾートの象徴と気品

おはようございます。
箱根プリンスと言えばやはりこのロビーでしょうか。
それと富士山が見える部屋の円形
子供たちが小さいときはコテージを使っていました。
ホテルのお客様に迷惑ががからなく家族で楽しく過ごせるからですね
食事は電動車で迎えに来ていただき、子供たちと一緒に食事ができるレストランで楽しんでいました。
家族で使うのはお正月の数日が我が家の恒例行事だったのですが、仕事の都合で関東離れても、時々
でしたが関東に帰ってきたときに利用していました。
いつも変わらない落ち着いたロビーでゆっくり本を読める楽しみがありました。

関東に帰ってからは宿泊は年に数度ですが、家族の思い出がいっぱい詰まっているホテルとロビーです。
箱根、芦ノ湖に撮影に出かけたときには、やまぼうしでコーヒーを今でもいただいていますが、数年前に
改装したので昔の面影はなくなってしまいました。サービスは昔と変わらず心地よいですね。

老舗のホテルのサービスは、箱根プリンスに限らず都心のホテルも同じですね。
観光地を楽しむ一つにホテルも含まれているかとも思っています。
(少し顧客も変わってきていますが・笑)

ロビーの調度品は吟味しているのでしょうが、ワンポイントの良さがトータルに反映しているのもこのロビーですね。

※ホテルの呼び名も変わり、温泉施設もできて随分庶民的になったのには少し驚きますが。

2015/11/12 (Thu) 08:41 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 気まぐれpapa さん

気まぐれpapa さん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

同じ場所を同じように気に入り、同じように楽しんでいらっしゃる方がいらして、嬉しくなってしまいます。
恒例行事、家族の思い出・・・和やかで楽しげなご様子が目に浮かぶようですし、そうした思い出を大切にされている気まぐれpapa さんの温かいお人柄に触れされて頂けたような気が致します。
夫や私も、思い出の場所に度々出掛け、お気に入りの景色を慈しむように味わうのが好きです。
我が家では、箱根旅行は、春と秋の恒例行事になっています。

こちらのホテルのロビーで静かに読書・・・いいですねぇ。
私もそうした旅の楽しみ方が好きです。
コテージも大分前に一度利用したことがありました。
確かに小さなお子さんがいらっしゃる時は、周りに気兼ねしないで、家族水入らずで楽しめて良いですね。
私たちは、レストランは大体いつもル・トリアノンにしています。
やまぼうしは、よく帰り間際に入っていましたら、イメージが寂しい気分と直結してしまうようになってしまいまして、ちょっとパターンを変えようかなぁ、と思っているところです。

顧客も少し変わってきたり、ホテルの名前も変わったり・・という変化は、ありますねぇ。
今の名称は、ちょっと俗っぽいですね。
私は結婚してこちらに越してきてから、夫と行くようになりましたが、夫は30年前から来ているようです。
前は温泉が大分違っていたようですね。
夫は若い頃は富士屋ホテルもよく利用していたそうですが、結局、ロケーションやサービスの違いから、箱根プリンスを気に入るようになったようです。

2015/11/12 (Thu) 20:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment