14
2015

たまには和の気分で / 芸能界

CATEGORY日常
1-0012.jpg


夫が撮ったフィルム写真です。


1-0037-002.jpg


                 ◇


ところで、先週、別の仕事で職場をお休みした日、職場の前の道でテレビドラマの撮影が行われたそうでした。
下の写真が職場を出た所で、その下が石の階段になっているのです。
豊川悦司と松重豊が、その階段を昇ってくるという撮影があったらしい。

私はもともと芸能人には興味ないし、あまり知りもしないんだけれど、たまたま豊川悦司は「フラガール」を観て、松重豊は「孤独のグルメ」を観て、なかなかいいなぁと思っていた俳優さんお二人でした。



1-0012-001.jpg


芸能界といえば、今年に入ってから一度、そちらの方面では有名な大手の会社からアクセサリーをお買い上げ頂いて、お送りしたことがありました。
アンティーク風のネックレスを探していらしたようでした。
私は芸能界とは何の関係もありませんし、手広く商売をする気はなく、宣伝もせずにネットだけで細々とやっていますので、随分面白いこともあるものだと思いました。
ご注文頂いた時、「至急」という事で、具体的な用途もお聞きしていましたが、実際にどのように使われたか、使われなかったかは、知る由もありません・・笑



うちの夫は、ものすごく観察眼の鋭い人で、一緒に歩いていると、実にしょっちゅう、「今、通ったのは○○」という事を言うのです。
全く違う恰好をしていても、すぐ分かるみたいです。
(そういえば昔、うちの父も結構すごくて、「隣の車に乗っているの、○○」とかねw)
私はぼ~っとしている方なので、夫に言われて振り返ると、もう何処だかまるで分からない・・・。
変な話だけれど、そんな事を繰り返しているうちに、ちょっと物見高い気持ちも出てきました。
鎌倉は、テレビの撮影も多いし・・。


でも、もともと芸能界は趣味じゃなくて、日本か海外かを問わず、芸能人や俳優や歌手のファンになったということもなく、コンサートなどに行って歓声を上げる気分も、私は分からないんです。

私がいわゆるファンだったのは、中学の時のマルタ・アルゲリッチ(ピアニスト)と、高校の時の坂崎乙郎先生(美術評論家)でした。
アルゲリッチは、取り巻きの人たちがいるなんていう話を聞くと、「ああ! 私もその中の一人に加えてもらえたら、どんなに幸せだろう・・」なんて思いましたねぇ。
演奏がどうの、とかいうより、そういうファンでしたw

坂崎先生については、ファンだった時に、喫茶店でお茶をご一緒させて頂いて、ご本をプレゼントして頂いた話を、前にも書いたことがありましたね。
言いたい想いがどれほどあったか分からなかったけれど、あり過ぎて何も言えませんでした。
先生の方でも、私が黙りこくっていたので、間がもたなかっただろうなーと思いますw
十代の頃というのは、人を崇拝するものなんでしょうね。


関連記事
スポンサーサイト

16 Comments

はるま  

こんにちは~

私もボ~っとしてる方なので、
知り合いとすれ違っても、
相手から声を掛けられるまで、
気付かない方です(^^;
ご主人の観察力すごいですね。

鎌倉は撮影が多いですよね。
夏の初め頃だったと思いますが、
たまたま極楽寺へ行ったら、
撮影の真っ最中で、
暫く中に入ることができませんでした。
七里ヶ浜辺りでもよくロケを見かけますが、
あまり関心が無いもので、
何の撮影なのか、誰が出ているのかも、
確認しないんですけどね(^^)

2015/10/14 (Wed) 12:28 | EDIT | REPLY |   

☆バーソ☆  

ご主人の写真は印象が違いますね。
こちらの「和」は暗めで、端正で、静寂です。
でも私は、下のほうが好きです。内緒の話ですが。
右上の空間が広くて明るくていい感じ。
器は暗くて、でも浮かび上がっていて、
そっと確かに存在感を主張しているようです。

石の階段が濡れていて、雰囲気のある場所ですね。
鎌倉らしいシックで落ち着いた佇まい。
いい写真が撮れるのもうなずけるような気がします。
あ、そうじゃない、腕のせいでしたか。(^^)

私も芸能界にはまるで関心がないのですが、
長く銀座の職場に通ったせいか、
水森亜土さんは何回か見かけたことがあります。
にこにこしていて、かわいらしいひとでした。
歳を取っても年寄りくさくはなりたくないものです。

先回のブレスレットの写真。
脇役の本やレースや薔薇もさすがだと思いました。
じつは私もアンティーク系の形や色が好きなんです。

モーパッサンは有名なのに読んだことがないですね。
Une vieは「ラヴィアンローズ」から連想して『女の一生』でしょう。
Bel-amiは読めます。『ベラミ』。
ベルは美しいとか素晴らしいの意。バビロンの豊穣神「バアル」と同じ。
アミは友人。『アミ~小さな宇宙人』という本を読んだことがあります。

追伸:訂正して、おわびします。
水森亜土さんさんじゃなく、映画評論家の小森和子さんでした。
ひと晩過ぎたら、ふっと思い出しました。ふたりとも好きです。

「バアル」も同じく「ベル」と呼ばれるという意味です。書き方が悪くてすみません。
聖書では、バアル崇拝は罪とされていますが、イスラエル人に浸透していました。

2015/10/14 (Wed) 13:29 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

はるまさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

はるまさんも、人とすれ違って、分からない方ですか~。
写真を撮る方は、他のものに気を取られている事もあるかもしれませんね^^

鎌倉はロケが多いですよね~。
私は最近、ロケとかやっていると、「なんだ、なんだ」という感じで見てみるのですが、結局、あんまり芸能人を知らなくて、誰が何をやっているのか分かりません。
この前のロケは、豊川悦司と松重豊だったので、ちょっと職場の窓から様子を眺めてみたかったかなw
ご近所さんから、いろいろお話を伺って盛り上がったので、今回、ブログに書いてしまいましたw
夫は、ロケや、その野次馬で道が塞がれていたりすると、けっこう嫌がりますね~。

2015/10/14 (Wed) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ☆バーソ☆さん

☆バーソ☆さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

写真、お褒めくださってありがとうございます^^
この場所は、鎌倉の中でも趣のある所だと思います。
ネット上で名前を出すわけにいきませんし、一般公開もしていないのですが、実はちょっとした文化的施設でして、考えてみると、昔の著名人たちがどれほど大勢、この坂を上り下りしたか分かりません。

☆バーソ☆さんは、銀座に職場がおありだったなんて、カッコいいですね!!
夫が、学生時代からずっと銀座が好きで、もしかしたら☆バーソ☆さんとすれ違うくらいのことはあったんじゃないかなぁ、という気がしてきます。

そして、水森亜土さんと言えば、私も大分前、知人のお医者さんのところで、ちらっとだけお会いしたことがあったのでした。
お年を召しても、若々しく可愛らしい雰囲気の変わらない方だしたよね。

前回のアクセサリーの写真まで、お褒め頂けて、嬉しいです^^
この本は、実は私も読んでいませんね~(笑)
せっかくフランスにいるお友だちがプレゼントしてくれたのですが、こんな事にばかり使っています。
私は長いこと、専門分野の研究書を読むので精一杯という生活をしてきまして、あまり小説を読まない習慣になってしまいました。
結局、専門性の高い本というのは、教養の足しにもならず、つまらない生活をしてきたんですけどね・・。

おっしゃる通り、”Une Vie” はモーパッサン『女の一生』で、”La Vie en Rose” の “Vie” ですね。
英語で “vitality” と言うような時の “vi” と語源が一緒なんですよね。
バビロンの豊穣神「バアル」は、ベルと関係があるのですか~。
『アミ~小さな宇宙人』という本は、題名だけ聞いたことがあります。
確かスピリチュアル系の本ですよね^^

2015/10/14 (Wed) 20:41 | EDIT | REPLY |   

mikitaka08  

こんばんは

 実に見事な写真ですね。
 明と暗がはっきりしていると言おうか、陰影の使い方が上手と言おうか。。。

 あまり宣伝をしないのにArianeさんの作品が大手芸能プロダクションに購入されたことは、映画やテレビで使われたのでしょうね。
 PCの画面上にある商品を選ばれたのは、作品がすばらしいからだと思います。
 今後さらにご活躍ください。

2015/10/14 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: mikitaka08 さん

mikitaka08 さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

写真お褒め頂けて嬉しいです。
私は、本当は和風趣味はないのですが、この2枚の写真はちょっと気に入っています^^

アクセサリーは、アンティークに見えるものを探されていたみたいですね~。
でも、もともとお芝居用に制作したものではなかったので、「本当にあれで良かったのかしら?」と思いました。
最近も話題になっている女優さんが主演だったんです。
意外な事もあるものだと思いました。
励ましのコメント、ありがとうございます^^

2015/10/14 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

おはようございます。
私も芸能人には気が付かない方です。と言うか、子供の頃から目が悪いので、ご近所さんの顔を識別するのも大変でしたので、見るという行為自体、テキトーに生きてたような気がします。
若い頃は自分の指針になる崇拝すべき対象を探しがちかもしれません。自分の中の絶対正義みたいな。でも、私はどれも長続きしなかった様な気がします。

ところで、Arianeさんのアクセサリー、どのように使われたのか見たかったです。ネットと関わってると、面白い縁があるものですね。

2015/10/15 (Thu) 08:27 | EDIT | REPLY |   

korva  

Arianeさん、こんにちは^^

Arianeさんの写真も素晴らしいですが、
ご主人様の写真も、詩的で素晴らしいですねぇ。

そういえば、Arianeさんの、少し前の満月が小さく写った写真が、
十代の頃の自分の心象風景のようだったので、
何かコメントしようとして、時期を逸してしまいましたが・・・

私もArianeさんと同じで、芸能界にはほとんど興味がありません。
唯一、歌手の谷山浩子さんが好きですが、
これはスターに対する崇拝や憧れのような感情ではなく、
自分と同種の人間に感じる、親しみや懐かしさのような感情です。
失礼ながら、Arianeさんにも同じ匂いを感じていますが(笑)

多分、自分と同種の人間が少ないからだと思いますが、
私は子供のころから、人生に対する不安が強く、
手本となるような先生的な存在を求めてきましたが、
ついに、そのような存在は見つけられませんでした。
少し傲慢に聞こえるかもしれませんが、
ことあるごとに、人生が私に、
「先生はいないんだよ。自分の頭で考えて、自分で決めなさい」
ということを、言っているように感じます。
そういう人生なんでしょうね・・・

2015/10/15 (Thu) 10:14 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

yuccalina さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

私も、人の顔を識別する事自体、苦手です。
そういえば、そもそも周りを見て歩いていないです。
どこに何があったか、ろくに覚えていませんからね・・。
しかも、人の名前を覚えるのも苦手だったりして、困ります。

若い時の崇拝対象は、確かに長続きしませんね・・笑
ただ、そういう面も含めて、若さを懐かしく感じたりもします。

アクセサリーは、どのように使われたのか、使われなかったのか・・。
私のような者でもよく知っている人気女優さんが主演だったので、ちょっと気になるんですけれどね・・笑
ちなみに、その前撮られた宣伝用の写真では、西洋の19世紀のドレスにネックレスなしだったり、現代風のネックレスだったりで、それはさすがにおかしいかな、と思いました。

2015/10/15 (Thu) 12:24 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: korva さん

korva さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

あの満月の写真は画像が粗くて、写真としての出来は良くなかったのですが、私にとっても、ちょっと心象風景っぽいものだったので、載せてみました。

korva さんとは、「類魂」って言うんでしょうかね・・。
自分と同じ感覚の方から、別の経験に基づく知見を伺うのは、とても楽しいものだと思いながら、いつも korva さんの文章を拝読しております。
といっても、如何せんオーディオの話は私には分からず・・・korva さんが文章を書くのは苦手だとおっしゃって、あまりお書きにならないのが残念ですし、こうしてコメントを頂けるのを嬉しく思っております。

私にも先生はいません。
私の場合、物心ついた頃から問題だったのは、「存在」というものの意味でした。
そして早々に、人から答えは得られないということが分かり、一人でこの問題と格闘しなければなりませんでした。
坂崎先生については、当時私が考えていた事を、ちょうど先生もその頃おっしゃっていて、それで自分の考えを確かめたり進めたりすることが出来ましたが、それは16歳の頃の1年間くらいでした。
その後、私の考えは大きく別の方向へ向かいましたし、やがて先生もお亡くなりになってしまいました。
それからもずっと、先生はいないですねぇ・・。
そして、世の偉い方々がご覧になって、私は偉そうで可愛げなく見えていることだろうと思います(苦笑)
korva さんは、そんな事ないと思いますけれどね。

2015/10/15 (Thu) 13:02 | EDIT | REPLY |   

日のこ  

こんにちは

Arianeさん、ご主人様のフィルムPhoto素敵ですね、モノクロ?と思いましたが・・・深い中のかすかな色。
静かな空間が漂っているのだろうな、と想像しました。お香?流れていく煙の動きも・・・

それから木の門と濡れた石段これも素敵ですね。雪などのしずる季節もぜひ見てみたいと思いました。

前の記事のアクセサリー、繊細で美しいくて憧れます。

2015/10/15 (Thu) 13:39 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 日のこさん

日のこさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

そうなんです、2枚目はモノクロじゃないんです^^
別の写真もあって迷ったのですが、そちらはお線香の先が赤く写っていて・・・そちらも良かったかもしれません。
構成が、こっちの写真の方が良いかな~と思って、こちらにしました。
3枚目の写真はピントが甘くて、夫としては気に入っていないようです。
ただ、ちょっと雰囲気よく写っているんじゃないかと思って、載せさせてもらいました。

この前のアクセサリーについても、お褒め頂けて嬉しいです。
ブレスレットは、もともと女性用にデザインしたものでしたが、お友だちの息子さんは、これが似合うらしいんです・・笑
あ~、そういえば、たまにそういう若い男性がいらっしゃるかな、という気はしました・・笑

2015/10/15 (Thu) 16:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/16 (Fri) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 鍵コメさん

鍵コメさん、こんばんは^^
お知らせくださって、ありがとうございます。

明日も雨みたいなんですよね~。
お優しいお言葉を頂きまして、嬉しいです^^

2015/10/16 (Fri) 22:06 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/16 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 鍵コメさん

鍵コメさん、こんにちは^^
私の鍵コメに、ご丁寧な返信を頂きまして、ありがとうございます。

どなたでも親御さんは、お子さんの事で一番ご心配になるものだと思います。
それに精神状態は、本当に体調に出ますよね・・。
ご不安になられるのは、全く当然のことだと思いますし、誰がどう考えても大変な状況だと思いますが、少しでもお気持ちを楽にお過ごしになれる方法があると良いですね。
鍵コメさんご自身もおっしゃっている通り、「大丈夫! あきらめない!」という事だと、私も思います。
楽観することが精神の安定につながるものだと思いますが、基本的に「楽観」というものには、根拠や理由がないものかもしれませんね。
そして、特に根拠や理由のないところで、敢えて楽観するか、悲観するかで、いろいろ違ってくることがあるのかもしれないなぁ、と思います。
私も悲観的な人間でして、哲学者アランの「悲観は気分で、楽観は意志である」という言葉を、よく自分に言い聞かせます。

コットンパールのネックレス、好きだと言って頂けて嬉しいです。
今日、お買い上げ頂くことができました。
イベントも盛況です。
どうもありがとうございます^^

2015/10/17 (Sat) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment