Hermetic Circle

ARTICLE PAGE

南仏ニース、思い出の石ころ / 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」

1-IMG_6064.jpg


南仏ニースは好きで、3回くらい行きました。
浜辺が白い砂利なのですが、稀に綺麗にまん丸い石が見つかることがありました。


下は、2回目に、友人3人で行った時の写真。
上の白い石は、その時拾ったものです。
私は、まだ20代だったかなぁ。

その頃は、髪を伸ばしていたんです。
季節は確か、5月頃ではなかったかと思います。


1-img053-001.jpg


ニースの写真は、3回目に夫と一緒に行った時のものを、こちらに載せています。  → 「ミモザ / ニース旅行の思い出」


                ◇


南仏というと思い出して、何度でも観たくなる映画が、『プライスレス 素敵な恋の見つけ方 (Hors de prix)』 (2006年、フランス映画) です。
モナコなどの高級ホテルが舞台になっていて、その雰囲気も素敵なのです。


『アメリ』でお馴染みのオドレイ・トトゥが演じるイレーヌは、玉の輿を狙う女性で物欲の塊なのですが、オドレイ・トトゥは嫌味がなく、可愛くて良いですね。

年配のお金持ちと一緒に高級ホテルに泊まりに来たイレーヌに、そのホテルで働くジャンが恋をするのですが、最初、イレーヌはジャンを、ホテルの泊まり客の億万長者だと勘違いします。

ジャンもまた、イレーヌに勘違いさせるのですけれどね・・。

酔った勢いでジャンと過ちを犯したイレーヌは、浮気がばれて、お金持ちの婚約者に捨てられてしまうのですが、その挙句にジャンがただのホテルマンだと知り、怒って即座にジャンのもとを去って行きます。





ところが、ジャンはもう、イレーヌが好きで好きで、彼女のためなら何でもします。

イレーヌの意表をついて、お金持ちのマダムの恋人に納まり、新たなカモを見つけたイレーヌと同じホテルに滞在しますし・・・
またしても自分との浮気を目撃されて、イレーヌがそのお金持ちに捨てられると、彼女が新しい相手を見つける手助けまでします。
お金持ちの好きなイレーヌに、一文無しの自分と一緒になってくれだなんて、言わないんですね・・笑

イレーヌが、以前自分を振った婚約者に復讐したいと言えば、その婚約者の彼女を誘惑して寝取る役割も引き受けます。


男性にそこまでされたら・・・
やっぱり好きになりますよねぇ。

価値観も変わるでしょうね・・笑


下の曲は、お金持ちの恋人と旅立ってしまうので、ジャンと最後のデートになるかな(?)という、明け方の浜辺のシーンで流れたもの。





関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

はるま  

こんにちは~

フランスへは足を踏み入れたこともありませんが、
Arianeさんは、3回もニースへ行かれたんですね~
白い石の海岸線がとても綺麗ですね^^

フランス映画はほとんど見たことが無いので、
「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」も、
全く知らないのですが、
フランスらしいオシャレな映画のようですね。
機会があれば見てみたいと思います^^

2015/10/10 (Sat) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

はるまさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

独身の頃は、よく外国旅行しましたが、気に入った所に、わりと繰り返し行っていました。
もう少し、あちこち旅行すれば良かったかなぁ、という気がします。
今は、すっかり外国旅行しにくくなってしまいました。

「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」は、オシャレで軽快なコメディタッチの映画で、観ていて楽しめると思います^^
ジャンを演じるガッド・エルマレは、カッコ悪いようにも良いようにも見えて、上手いなぁ、と思いました。

2015/10/10 (Sat) 22:56 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

Arianeさん、こんにちは。
フランスは北側しか行ったことないのですが、南仏は別世界の様ですね。北海道と沖縄くらい、差があるのでしょうか。思えば一国の中で、環境も文化もバラエティに溢れている点で、日本とフランスには、通じるものがあるのかもしれませんね。

この映画は見てませんがオドレイ・トトゥは『アメリ』や『ココ・アヴァン・シャネル』などを見ていて、好きな女優さんの一人です。美女でなくても魅力的な女性の役がよく似合うと思います。

2015/10/12 (Mon) 11:27 | EDIT | REPLY |   

日のこ  

こんにちは

Arianeさん、こんにちは。
フランス旅行のPhoto、素敵です。なんて可愛らしい石。こんなに真っ白な海岸は初めて見せてもらいました。ほんとうに真っ白なんですね。

一枚目のPhotoは花瓶?何かの入れ物?でしょうか、文字が刻んであるけれど日本語ではなさそうで、そこに外国の海辺の石。でも何となく和の雰囲気にも見えました。そうして初めてのArianeさんのお姿。わあ、Arianeさんかっこいい、イメージよりもはるかに素敵と感動です。

プライスレスの言葉が胸に響きました、そういうのに囲まれているのって幸せなのかもしれない。
思い当たる気付きです。
この映画の主人公、憎めないんですよね。1度しか観ていないのですが。

そうしていただいたコメントの、境界のないグラデーション、この名前の分からない色を表すのにぴったりだと思いました。

偶然ですが先日に大好きなデニーロの映画を観てきて記事にしました。ほんの台詞1つについてなのですが。

フランスの街中Photoは雑誌で見るままなんですね。お洒落ですね。
Arianeさんにとても似合うと思いました。

2015/10/12 (Mon) 12:26 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

yuccalina さん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

yuccalina さんも、フランス北部はいらしたことがおありなんですね。
私は、恥ずかしながら、日本をあまり旅行しておらず、沖縄もまだ行っていないんです。
フランスも、ドイツとの国境の方と、南仏とでは、相当雰囲気は違いますね。
ドイツに近い、コルマールやストラスブールも好きでした。
フランス人は、ヨーロッパ人の中では案外、日本人に通じるところがあるかもしれないと、私も思います。

オドレイ・トトゥは魅力的な女優さんで、私も好きです。
この映画も、美人がイレーヌ役をやったら、感じ悪かったかもしれませんよね(笑)
西洋人の場合、そんなに堀の深くない顔の方が綺麗ですね。

そういえば、この前頂いたメールの話ですが、神秘主義でも、円の中心点は0なのです。
つまり、いわゆる「存在」ではない、ということです。

2015/10/12 (Mon) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 日のこさん

日のこさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

こちらの海岸は真っ白なので、どこか垢抜けしているんです^^
この花瓶は、買ったのは日本ですが、外国製のもののようですね・・。
“iron” と書いてあるので、鉄製みたいです。

写真、お褒めくださって、嬉しいです。
私は最初、ブログというものの書き手が匿名であることに多少違和感を持ちまして、たまに顔を出すことにしました。
顔を出すと、親しみを持って頂けるか、逆になるか、どちらかに分かれるかもしれませんが、それで良いという気がしています。
今はブログが匿名というのにも、大分慣れてきました。

「プライスレス」は、日のこさんもご覧になったことがありますか^^
イレーヌは憎めないんですよね(笑)
同じタイミングで映画の事を記事にされたとは、偶然ですね。
ブログはコメントのやり取り等をしていると、よくシンクロっぽい事があるようですね。

ニース市内の写真もお褒めくださって、ありがとうございます。
まだ写真に凝っていない頃撮ったもので、今思うと、いろいろ残念な思いもあります。

2015/10/12 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

ジャム  

凄いきれいな真ん丸石があるのですね。
こういうの探すとついつい夢中になっちゃいそうです(^_^)

2015/10/13 (Tue) 00:31 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ジャムさん

ジャムさん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

ニースの海岸は砂利なので、一個ずつの石がわりと丸くなってはいましたが、こんなにまんまるなのは、そんなにありませんでしたね~。
私のお友だちにも、海岸で綺麗な石を探すのが好きな人がいます。
「私も気に入っている石があるから、今度写真をブログに載せるね~」ということで、今回の記事になりました^^

2015/10/13 (Tue) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment