Esprit d'Henri (エスプリ・ダンリ)/ HOTEL COSTES 14 / 鎌倉であった展示会

1-IMG_6115.jpg


Esprit d'Henri Vin de Pays d'Oc Doux 2004 と書いてある・・
もちろん、戴きものですよ、こんな良いワイン。
ワインの味を論評することは、私には100パーセント、無理ですね・・
ただ、よくある白ワインのイメージからは、予想もしない濃く甘い味で、私が今まで飲んだ白ワインの中では、一番美味しかったかなぁ。



今日の音楽は、HOTEL COSTES 14 から、Flight Facilities フィーチャリング Giselle “Crave You” を付けておきます。




               ◇


上の話とは全く無関係ですが・・・

私が一緒に暮らしてきた祖父は新聞記者をしていた人で、特に若い時は筋金入りの左翼でした。
実家では祖父の影響で、取っていた新聞は朝日新聞、観ていたテレビは NHK でした。

子供の頃からそうした環境に身を置いていて、私にどういう事が起こったかと言うと、要するに、政治や経済や現代史が「理解できない」、という事でした。

善いとか悪いとかいう事は前面に押し出されているので、「何だか良く分からないけれど、そういうものなの・・」とは思いましたが、何がどうで、どうだと、そういう結論になるのか、「理解」として把握されるという事がありませんでした。

それで、面白いと思えなかったし、興味も湧きませんでした。

でも一般的に、そういう女の人は、結構たくさんいるんじゃないかしら・・。



ところが、結婚して引っ越してきた直後だから、13年前くらいでしょうか。
鎌倉市の生涯学習センターで、戦時中の新聞記事や写真の展示会があったのです。

なかなか良心的な展示会で、変なキャプションや解説は、特に付いていなかったように記憶していますが、あまりに意外で、驚いた事がいくつかありました。

たとえば、当時の新聞記事からは、攻略直後の南京の、穏やかで、のどかな様子が伝わってきました。



また、慰安婦は日本人の将校以上のお給料を貰っていて、それだけでも、いかに大事にされていたか分かりました。

現地人の仲介者に搾取されて、慰安婦にお金が入らなくなるといけないので、日本の軍が管理したようです。

「えっ? これが、『日本軍の関与』?」
私は、呆気にとられました。

当然、兵隊さんたちが病気なると困るから、衛生管理を行う必要もありました。

それに、ちょっと考えてみれば、女性を「強制的に連れて来て」、そんなに高いお給料をあげるような手間やコストをかけるくらいなら、兵隊たちに、現地の女性をその場でレイプさせてしまった方が、ずっと簡単でお金もかからないわけで、要するに多くの外国の軍隊は、それをしていたのです。


(アメリカで8年間かけ、未公開や秘密の公式文書850万ページを対象に、ドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査が行われ、2007年にその報告がまとめられたそうですが、日本軍による慰安婦の強制性を示す証拠は、一点も見つからなかったという結果だったそうですよね。

「米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず」 

それで、アメリカの知識人層では、もう戦時中の日本軍による「性奴隷」みたいな話は、信用されなくなってきているそうです。)


どういう理由でこうした話が、日本の国内でも国外でも、違う話になってきたのか、今は情報も多いので、既に多くの方々が、大体の事情をご存知だと思います。

私もこの展示会を見た後、朝日新聞や NHK の解説ではつながらなかった無数の点と点が、初めてつながり出してきて、ようやく政治や現代史が<理解>の対象になってきました。


ちなみに経済について、私がはじめて目から鱗だったのが、三橋貴明さんのお話しでした。
それまでは経済についても、世間で言われる事を聞いて、「何だか分からないけれど、そういうものなの・・」という状態でした。

政治にしろ、歴史にしろ、経済にしろ、意図的な操作をするために人の感情に訴えるのではなく、客観的にもとの事実や数字、仕組みや事の成り行きなどを説明してもらった方が、人はすんなりと理解できるし、理解できれば、面白くもなるんですよね。


私は政治や歴史に関することは、<理解>に基づいて考える必要があると思う・・。
<理解>がないまま、ただの<知識>や<感情>や<欲求>や<好み>や<理想>や<イメージ>で、思い込むのではなく。


1-IMG_5925.jpg


関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

yuccalina  

Arianeさん、こんにちは。

歴史の問題は、「史実なのか史観なのか」がハッキリせず、ゴチャ混ぜになっているのを見ると、ウンザリしますね。テレビや新聞は、本当に酷いものが多いです。
証拠がある事実のみ、実証主義を貫いてって欲しいです。

2015/08/29 (Sat) 13:02 | EDIT | REPLY |   

はるま  

こんにちは~

歴史に限らずに何があって、
何が無かったのかを事実を知る必要があると思いますが、
それが難しいですよね。
突き詰めていけば、自分で見るしかないと思います。
人が書いた記録には、多少なりともその人の考えが反映してしまうので、
その時点で事実ではなくなるように思います。
百人いれば百人の視点があるわけですから、
事実を知ることは難しいですね。

2015/08/29 (Sat) 20:35 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

yuccalina さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

マスメディアには、一方的な解説はしてくれなくて良いから、その分、できるだけ多くの事実を報道して、私たちに判断材料を提供して貰いたいです。
「報道しない自由」とか言って、報道しない事実が沢山ありますよね。

証拠は、きちんと示して貰いたいですね。
南京事件の事についても、ちょっとネットを見てみましたが、怪しい意見を言う人は、「資料から明らかだ」とのみ書いて、典拠を挙げていなかったりしますね。

2015/08/29 (Sat) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

はるまさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

おっしゃる通り、人が書いているものには、必ずその人の視点が入ってしまっていますよね~。
なかなか判断するのは難しいですが、多少の判断基準になるのは、反対意見をどれだけ精査しているかという事とか、より広い視点からの整合性といった事などではないかと思っています。
そして、基本的に、どういう情報に接するにしても、「そういう事は、あるかもしれないし、ないかもしれない」という程度のスタンスが、あって良いかもしれませんね。

2015/08/29 (Sat) 22:26 | EDIT | REPLY |   

korva  

Arianeさん、こんにちは^^

「こんな恐竜がいたらいいなぁ」という願望が強くあって、
そして、その存在をどんなに強く主張したところで、
その化石が出ない限りは、
誰もそんな意見に耳を貸すことはありません。
それがまともな学問のあり方ですね。

今のところ、歴史は政治の道具として利用されていますが、
他の学問と同様に、もっとシンプルな学問になるべきだと思います。
人が何を信じるのも自由ですが、それを客観的な事実として、
他者と共有するためには、やはり証拠が必要ですね。
歴史も、証拠のあるものだけを客観的な事実として扱えば、
もっとシンプルな学問になるのですが・・・

証拠のないものを事実とするために、
反対意見を言うことさえ許されないというのは、
学問と言うよりは宗教ですよね。
歴史もそうですが、
無意識的に宗教化しているものは多いですね・・・
特に、物事の「善悪」が関わってくると、
宗教化してくるようですね。

2015/08/30 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Korva さん

Korva さん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

学問分野によって、レベルが高いものと、低いものと、ありますね。
たとえば慰安婦みたいに、被害者を名乗る人が、ずっと後になってから証言するというのでは、証拠になりませんよね・・。
日本の国内でも、前によく、電車内での痴漢の冤罪を晴らすのが大変だという話がありましたが、一方的な証言が通るなら、簡単に他人の人生を台無しにできてしまうと思います。
「南京大虐殺」とされる捏造写真も、もう大分検証がされているようですね。

最近、特に宗教みたいだなぁ、と思うのが、「憲法」です。
憲法はまるで聖典で、憲法学者はまるでイスラム法学者みたいですよね。
憲法教原理主義、だと思います。
とにかく、こんな原理主義を、一般の人たちが尤もだと考えるようでは、危険だと思います。

2015/08/30 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

Ariane さまこんにちは^^
9月に入ってようやく涼しくなってきましたね^^
白ワインを楽しまれたのですね^^
グラスもコースターもとってもお洒落〜♫
(グラスは私の所のと色違いです^^私の所のは紫色なんです)
私は政治や歴史。。。その手のお話は解りませんが、随分と昔から、慰安婦っていたのですね。
その時代、そういう仕事は色々とリスクも高かったでしょうね。
今の時代みたいに娯楽が少ないとそうなっちゃうんでしょうか?

2015/09/01 (Tue) 13:58 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

Violetta さま、こんにちは^^
コメントありがとうございます。
随分、涼しくなりましたね~。

ワインは、私はフルボディの赤ワインが好きで、普段、白ワインはさほど飲みたいと思わないのですが、こちらの白ワインは美味しかったです^^

グラス、そういえば、このデザインで紫色もありますね~。
Violetta さまらしいお色選びですね^^

慰安婦さん、というか、そういったお仕事の女性は、今もたくさんいらっしゃいますよね。
そして、人類史上、最も古い職業の内の一つです。

近現代の戦時においては、世界中の国々で、駐留している軍隊の兵士たちによる現地女性への暴行事件や、性病などの問題を防ぐために、軍用売春宿が設けられていました。
でも、そうした制度を設けないで、現地の女性を強姦することを推奨するような国もあったのです(第二次世界大戦時のソ連がそうでした)。
先の大戦中、日本軍の慰安婦さんたちは高給を貰っていて、陸軍大将の給料が五百円、そして千円で家が建った時代に、二万いくらか貯金していた慰安婦さんもいたようです。
「お金を払えば良いというものではない」と言う人たちもいますが、どう考えても、女性たちが大事にされていた証拠だとは思うんですよね・・。
貧しい時代でしたから、親に売られて働かされるということは、結構あったようです。

2015/09/01 (Tue) 18:44 | EDIT | REPLY |   

ponch  

はじめまして

最近は慰安婦は広義の強制労働だったみたいなこともいってるみたいですが、そんなこといったら、サラリーマンも大半が強制労働になってしまいますよね。

GDPの5%が売春で、海外で遠征売春やってる韓国がいっても、まったく説得力がないと思います。

2015/09/07 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ponch さん

ponch さん、はじめまして^^
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、大概のお仕事はお金を貰う代わりに、要求された事をしないといけませんから、「広義の強制性」なんていう事で、何かを主張したつもりになっている人はいけないし、そんな話で納得する人たちもいけないと思いますね・・。

今でも慰安婦を大勢送り出している国が、各地に慰安婦像を建てるのは、悪趣味ですよね。

ところで、私も自閉症のスペクトラムのどこか端の方くらいは、ちょっとかすっているかもしれません。

応援してますね^^

2015/09/07 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment