花 / アフリカンミュージック Alicios Theluji (アリシオス・テルージ)

1-IMG_6130.jpg


ガザニアの一種でしょうか?


                ◇


今日の音楽は、アフリカのディーバ Alicios Theluji (アリシオス・テルージ)の "Posa ya bolingo" です。

アリシオスはコンゴ民主共和国(旧ザイール)出身のまだ20代くらいのシンガーです。

"Posa ya bolingo" はリンガラ語みたいですね。
ネットのリンガラ語-フランス語辞典で単語を見る限りでは、「愛の希求」という意味のようです。

コンゴ民主共和国と、お隣のコンゴ共和国(こちらが、前からのコンゴ)はもともと音楽の盛んな場所だったようですね。
キューバのルンバが、この辺りで「スークース」と呼ばれる音楽に発展して、アフリカ各地で流行ったみたいです。
"Posa ya bolingo" も、ちょっとスークースを思い出します。

フランスは、コンゴやカメルーンから来ている人たちが大勢いて、私も昔、パリの学生寮にいた時、彼らの部屋でよくスークースを聴きました。


一般的に、アフリカの事はあまり報道されませんが、コンゴ民主共和国では1998年から激しくなった紛争のため、感染病と飢饉の影響もあって、数百万人もの死者が出ているようです。

アリシオスも、子供の時戦争のため、家族とともにケニアに逃れ、今は主にスウェーデンを拠点に活動しているそうです。


紛争が始まる大分前に縁が切れたきりですが、旧ザイール出身の知人がその後、国に帰ったのか、気になります。





関連記事
スポンサーサイト