CRY ME A RIVER




これを歌っている時のジュリー・ロンドンが40代だそうです。
若かった頃より、はるかに魅力的な女性です。
40代は、まだまだ女を磨けるという、福音ですね。

歌の内容は、自分を捨てて行った男に向かって、私の所に戻って来たければ、川のように泣いてみなさい、というもののようですね。


DSC00375-1.jpg


この曲は、こんな人も歌っています。
稀にみる美声です。
同じ歌でも、人によってかなり雰囲気が変わりますね。
艶と透明感のある歌声で、ジュリー・ロンドンに比べると、少女のような愛らしさがあります。

Susan Boyle

皆さん、よく覚えていらっしゃると思いますが、スーザン・ボイルさんの登場は実に劇的でした。
私は、何度見ても感動してしまいます。
スーザン・ボイルさんの夢は、夢でなくなりましたね。

Original Version. Susan Boyle - I Dreamed A Dream.

イギリスのタレント発掘番組 Britains Got Talent と言えば、ポール・ポッツさんも忘れられません。
Wikipedia を見ると、ポッツさんは、随分苦労をされた方のようですね。
子供の頃いじめにあい、歌っている時だけ、唯一自分に自信がもてたそうです。
アマチュアとしてオペラ活動はしていたようですが、2003年に自転車で出勤中に交通事故に遭います。
命に別状はなかったようですが、長期の入院生活のために、それまでの仕事を失ったそうです。
退院すると莫大な治療費の請求が来たため、妻の反対も押し切って歌のレッスンを辞め、所属していたアマチュアのオペラ劇団も退団したということです。
そしてその後、生活のために数々の職業を経て、携帯電話会社の販売店のセールスマンをしていました。
こうして歌から4年間遠ざかっていたところ、2007年、妻の後押しもあり、Britains Got Talent に出場を決意。
これで駄目なら、歌を諦める覚悟で臨んだといいます。

久しぶりに聴いて、また感動。


Paul Potts

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

タムタム  

イヤリングのシャラシャラ感♪ 
パールと合わせているのはクリスタルでしょうか。
こういうのをさりげなくつけてオシャレしたいです!

ポール・ポッツさん、スーザン・ボイルさん同様、
はじめての場面、思わず涙がでました。

好きをつらぬいて夢をあきらめない。
すばらしい歌声、何度も聴きました。

ステキなご紹介をありがとうございました。

2012/01/29 (Sun) 12:21 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: タムタムさん

いつもコメント、ありがとうございます!
イヤリング、パールと一緒についているのは、おっしゃるとおり、クリスタル・クォーツです。
ダイス型のカットなんです。
このイヤリングは、私自身よく着けるのですが、結構使いやすい気がしています。

ポール・ポッツさんにしても、スーザン・ボイルさんにしても、当時皆さん散々お聴きになっただろうとは思ったのですが、今改めて聴いてみると、やっぱり良いなあと思い、ついアップしてしまいました。

2012/01/29 (Sun) 13:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment