薔薇 / スーフィーの回旋舞踊

0009-002.jpg


夫が撮ったフィルム写真です。


             ◇


今日は、偶然見つけた、こちらの YouTube を載せておきます。
スーフィーの回旋舞踊の映像です。





この YouTube に、イタリア語の説明が付いていました。

"Il Sufi a volte danza, ma, mentre danza, al centro rimane assolutamente immobile -- il centro del ciclone.
La danza è il ciclone, tutto il suo corpo è in movimento, è fluido, dinamico, ma al centro la coscienza osserva in silenzio, indisturbata e senza distrazioni. Esteriormente si può solo imparare l'esercizio.
Esteriormente non si conoscerà mai quello che accade dentro al danzatore. E la vera storia è tutta interiore."



たまたま何となく分かったので、訳してみます。
私の場合、同じラテン系の言語であるフランス語からの類推ですので、正確でなかったらすみません。
なかなか良い説明で、これを読んで、スーフィーの回旋舞踊の意味が、はじめてちょっと分かるような気がしました。

「スーフィーは時にダンスをするが、ダンスをしている間、その中心 ― 旋回の中心 ― に全く不動のまま留まっている。ダンスは旋回で、彼の全身は動きの内にあり、流動的で、ダイナミックである。しかし、中心において、意識は静寂に向けられ、乱されず、拡散されることもない。外面的にただワークを習うことはできる。だが外面的には、踊り手の内面で起こっている事は決して知られないだろう。真のストーリーは全く内面的なものなのだ。」



以前 「感情について」 で、Passion (情熱、受難)という言葉の語源に遡って考えると、もともと感情というものは外から心にやってくるもので、心そのものは平らなものだということになる、という話を書きました。

その話に即して言うなら、心のその平らな部分自体は、表面の感情が波立っている最中ですら、本当は平らなまま留まっていると言えるかもしれません。
必ずしも、意識はされないけれど。

言ってみれば、そういうところに着目するのが、この種の思想なのだと思います。


       0012-001.jpg


関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

はるま  

こんにちは~

2枚目の写真、絵画を見るようでとても素敵ですね。
そろそろ秋の薔薇が咲き出す頃ですね~
そしてクリスマス、お正月と何だかあっという間に、
来てしまいそうで、恐ろしいくらい時間の流れが速く感じます。
年を取った証拠ですね^^;

動画見ましたが、まぁよくも目が回らないものだと、
感心しました。
下世話な感想で済みません^^;

2015/09/26 (Sat) 09:12 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

はるまさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

そろそろ秋薔薇の季節になってきましたね。
今回の2枚の写真は、以前、春に撮ったものです。
フィルムだと、現像するまでに時間がかかってしまい、その場はブログにアップしそこねてしまうんですよね。
2枚目は、フィルムならではの、不思議な色合いが出たと思います。
本当に、夏が終わるあたりから、妙に時間が経つのが早い感じがしますね。
これから年末にかけて忙しくなりますから、うっかりしていられませんね。

動画もご覧くださって、ありがとうございます^^
スーフィーの回旋舞踊は、見ている方は良くても、踊る方はどうなのかなぁ~と思ってしまいますね・・笑

2015/09/26 (Sat) 17:39 | EDIT | REPLY |   

日のこ  

こんばんは

Arianeさん、御主人さまのフィルムPhotoとても素敵です。どちらの写真も素敵ですが一枚目のアンティークな感じの趣。大好きな表現です。
それから回旋舞踊ですが偶然に以前YouTubeで見たことがありました。
何人もでの回旋がとても不思議でそれを見ている方も一体になっているように見えました。
中心において、意識は静寂に向けられ・・・そんな感覚は分かるような気がします。

2015/09/26 (Sat) 22:55 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 日のこさん

日のこさん、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

写真お褒め頂けて嬉しいです。
1枚目の写真は、朝のほの暗い自然光の中で撮ったようです。
日のこさんのお写真の色合いに通じる感じがあるかもしれませんね。
四隅がちょっと暗くなっている感じも気に入っています^^

私はイスラムの方は、本当は知りませんが、回転運動においては円周の部分は動きがあるけれど、中心は一点に留まっているわけですね。
これは本来は比喩で、求められているのは心の状態なのだろうと思います。
座禅のようなものもそうかもしれませんが、いろんな宗教で、心が静まる状態が求められているのでしょうね。
心は普段、コロコロと動いていますが、その動きがピタッと止まる状態というのを、私も昔、今より宗教じみていた頃(笑)、坐っていて何度か経験した事があります。
多分、そうした状態を経験したことのある人は、ある程度皆そういう実感を持っていると思いますが、心のこの静止点は、実は普段心が動いている時も、いつも変わらず留まっているなぁ、と思うのです。

2015/09/27 (Sun) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

Ariane さまこんばんは〜^^

ダンスをしている間、その中心 ― 旋回の中心 ― に全く不動のまま留まっていると言う感じ。
実際は動いていても。。。心は冷静で落ち着いている感じでしょうか。
物思いに耽っている時もそんな感じがする時がありますね〜。
心が波打っている時も実は心って真っ平ら。。。
そうなんですね〜。

私は心が波打っている時,問題が解決すると一気に真っ平らになる気がします^^
う〜ん。。。〜何だか難しいですね〜。^^;

2015/09/27 (Sun) 23:53 | EDIT | REPLY |   

日のこ  

こんばんは

Arianeさん、私、宗教はどれも全くわからないのですが
写真を撮る時に息が止まる瞬間、カメラを構えていてなかなかシャッターを押せずにいるのに突然ストンとシャッターを押せる瞬間や山歩きの最中で少し長めに歩いて行くとそんな感覚を感じる時があります。
普段は意識しないのですが言われてみたらそんな感じかもしれないと思いました。意図せずに体?頭?の中で起こるんですよね。集中や無心ともちょっと違うのかな?当て嵌まる言葉が見つかりませんが。Arianeさんのように座っていてそうなるのは自分でのコントロールでしょうか?

2015/09/28 (Mon) 01:55 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

Violetta さま、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

心の状態にもいろいろあって、悩みがある時は心の波が大きいわけですが、その波が静まると平常心が戻ってきますね。
ただ、平常心でいる時も、実際には心は常に動いているし、物思いに耽っている時も、何かについてあれこれ思い巡らすわけですね。
そういう動きを一切なくしていくと、宗教的体験(と言っても、いろいろありますが、その一種)が起こってくるという、そんなようなお話です。

上のスーフィーの回旋舞踏についての説明は、動きのただ中において中心点は留まっている、というものですが、ここには、もっと古い外来の文献からの影響が見られるのです(イスラムのあたりは興味がないので、スーフィズムについても歴史的な事は知りませんが・・)。
そうした文献では、不動の中心点というのは、ただの比喩でして、何の比喩かと言うと、私たちの身体に宿っている魂の一部は、常に魂そのものの世界に留まっているとか、魂には神が内在しており、しかも、万物を超える神そのものとして内在しているというような主張をする際の喩えなのです。
この種の思想は、一般に難解だと言われていますね・・。

最近、何かと難しい話が多くなってしまっていますが、コメントくださってありがとうございます。
Violetta さまもそうだったようですが、私もまた、自分の本業に力を入れていこうかなぁ、と最近そんな事を考えていて、つい、こういう話が多くなってしまっていますねぇ・・。
ただ、このブログでこの種のテーマはあまりに限界があるので、どうしていこうかと思います。
夏頃、ブログをやめていく方向で考えていて、写真や音楽などもいろいろ整理していたら、かえって投稿が多くなってしまい、やめるのをやめました・・笑
Violetta さまもおっしゃっていましたが、ブログは自分のお部屋的なところがありますね^^

2015/09/28 (Mon) 16:54 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 日のこさん

日のこさん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

写真について、私はとても日のこさんのような域に達していませんので、よく分りませんが、多分、被写体となって被写体を写すとか、山になって山を歩くといったような、主客(自分の意識と対象)の一致ということが起こっているのではないでしょうか。
狩猟をする場合なども、獲物に鉄砲の弾が当たる時には、撃った瞬間に手応えを感じて、当たるのが分かると聞きますが、そういうのも、主客の一致なんだろうなぁ、と思います。
集中や無心自体とは違うかもしれませんが、やはり集中度の高まったところで、そういう事が起こりやすいし、そのような時は、我を忘れているのではないかという気がします。

宗教的な場合、対象が物質的なものではありませんので、何と表現したら良いか難しいですが、やはり主客の一致は起こっていると思います。
こちらからも心を向けてはいきますが、あちらからやってくるという感覚は強いものかもしれません。

宗教的な体験には、種類もレベルもいろいろあると思いますが、今回書いたものに関しては、自分の心の平らなところに、いわばチューナーを合わせるようにしていくと、そうした状態に入り易いなぁ、と思います。
ただ、私も宗教の形式的な事については関心がなくて、そんなに知りませんし、宗教臭さを苦手だと感じる事もよくあって、何かスピリチュアルなワークのようなものをするから来ないかと誘われても、殆ど行ったことがありません・・笑
たとえばスーフィーの回旋舞踊を教えると言われたら、行きませんね・・笑
本当は、私は上のスーフィーの映像よりも、リンクしてある「感情について」の記事に載せた音楽の映像(車で道路を走っていく映像なのですが)の方が、見ていて不思議とそういうところにピントが合いました。

時折、自分の心の不動の中心点に安らう時間を持つのは悪くないものです。
世の中、流れ去っていくものばかりですから。

2015/09/28 (Mon) 17:37 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/30 (Wed) 11:45 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 鍵コメさん

鍵コメさん、ご丁寧なコメントありがとうございます^^

私が優しいだなんて、とんでもありません^^;
哲学なんてやっていると、発言が厳しくなってしまうんです。
どうしても、厳密に追究していく作業を続けているので・・。
こちらのブログでも、考えている事を書き出すと、多くの人たちが聞きたい言葉ではなく、聞きたくない言葉ばかりになりそうです^^;
それに、この前コメントしましたような理由で、抽象的な記述の範囲を越えられませんし・・。
ですから、いつも丁寧にお読みくださって、とても感謝しております。
ありがとうございます。

2015/09/30 (Wed) 17:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment