18
2014

気になっていたメロディー / Charles Dumont "Maria"

img074.jpg



以前、主人が撮った写真です。
上は、坂ノ下の鎌倉海浜公園、下は、由比ヶ浜です。



img584-001.jpg


このブランコは、今はもう、ありません。


               ◇


2、3日前から、突然あるメロディーが頭の中に鳴りだして、どこで聴いた何の曲だったか、とても気になっていました。
でも、とても思い出せそうにはないと思っていたのです。
ところが夜、主人がたまたまジャック・タチの映画『トラフィック』のビデオを観ていて、中で、その音楽がかかりました。

Charles Dumont (シャルル・デュモン)の Maria という曲です。




関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

yuccalina  

Arianeさん、おはようございます。

いつもご主人の撮られる写真には、ハッとさせられます。
上の鎌倉の方は、雲と草の色が絶妙で、幻想的に見えますね。

「トラフィック」は見た事ないのですが、ジャック・タチは「ぼくの伯父さん」シリーズをいくつか見ました。トラフィックもコメディなんでしょうか。こんな素敵なメロディが、どんな場面で出てきたのか興味深いです。

2014/07/18 (Fri) 08:48 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。
上の写真は、私もとても気に入っています。

「トラフィック」は、アムステルダムの国際モーターショーにフランスの弱小メーカーがキャンピング・カーを出品するため、それを陸送する道中を描いたロード・ムービーです。
次々にトラブルが起こって、なかなか目的地に着かないという、私から見ると、まるで悪夢のようにストレスフルな筋なのですが、主人は大好きな映画です。

主人に言わせると、トラブルが起こることによって、それまでの慌ただしい流れが一時的に中断され、それまでの脈絡や目的とは無関係な場が開かれ、別のゆったりとした時間が流れる、というのです。
たとえば、ふと立ち止まって周りに目をやると、野原で草が風にそよいでいたり、ひょんな事から連れて行かれた夜更けの警察署に、結婚式の出で立ちをした若い男女が座っていたり・・・。
そうした場面で流れるのが、この音楽なんだそうです。

2014/07/18 (Fri) 19:37 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

Arianeさま こんにちは^^

旦那様の撮影されたお写真・・素敵ですね。
何故だか・・子供のころに見たような・・懐かしい雰囲気で・・何故だか懐かしさを感じます。

思い出したかった音楽を偶然旦那様の映画の中から聴けたのは偶然ではないのかもしれませんね・・。
何だかとっても不思議ですね^^

2014/07/19 (Sat) 10:50 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

Violetta さま、こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

写真もお褒めくださって、ありがとうございます^^
何を撮るかにもよるかもしれませんが、フィルム写真って、懐かしい雰囲気になるような気がします。
色や質感が、デジタルと違いますね。

こちらの音楽は、何の曲だったか全然思い出せそうになかったのですが、意外とすぐに分かって、驚いたんです。
私もこの映画は観たことあったのですが、もう10年くらい前でしたから、何で突然、音楽だけ思い出したのか(?)という気もします。
それが・・・ジャック・タチの『トラフィック』って、私、ついこの前、こちらのブログでも書いたんですよね・・・。
新宿のマルイの 1F に入っているパン屋さんの事を書いた時ですが、まさに、こちらの YouTube の画像になっているポスターが、そのパン屋さんに貼ってあったんです。
不思議な偶然という気もしますが、もしかしたら、無意識の中でつながっているのかもしれませんね^^
あの時、主人も一緒に居てあのポスターを見ていましたから、それで、また『トラフィック』のビデオを観ようと思ったのかもしれませんね~。

2014/07/19 (Sat) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment