09
2012

バラの手入れ

CATEGORY
IMG_0874-1.jpg



今日ようやっと、外のバラの手入れをしました。
年末の大掃除で傷だらけになった手が治りきらない内に、今度はバラの棘でまた傷だらけになってしまいました。

濃いピンクのミニ・バラは、スィート・チャリオット。
素晴らしく香りの良いバラで、春など窓を開けておくと、芳香が漂ってきます。

それにしても、今頃こんなに咲かせてしまって・・・。駄目ですね。
春からの季節に備えて、冬の間は休眠させなければならかったのに・・・。
昨年は夏の暑さや台風のせいで、秋になってもあまり咲かず、冬に咲き出したので、ついそのままにしてしまいました。

例年なら、枝を短く剪定して、根を掘り出し、水で洗って根もある程度切ってから、土を入れ替えた鉢に植え直します。
そうすると、若返るというか、新しい根や枝が伸びてきます。
数十鉢あるので、寒い中、結構時間がかかります。
腰を痛めてしまっていて辛いのですが、今年も少しはやらないと・・・。

どうも剪定が苦手です。
「五枚葉の上で切ると新しい芽が伸びてくるので、五枚葉の上で切れ」と聞きましたが、茎がつーっと伸びて、かなり先の方にいかないと五枚葉が出てきません。本当は、もっと短く切りたいのですが・・・。良いんでしょうかね、切ってしまって。

それに、一昨年頃から、すっかりカイガラムシが付くようになってしまいました。
今日見たら、ごくわずかではありますが、オレガノやホワイト・セージにまでいて、驚きました。




              IMG_0939-2.jpg



バラと格闘した後は、ラ・メルベイユさんオリジナルのローズティーで一休み。
バラの花びらが贅沢に入った、優雅な香り漂うお紅茶です。
しかも、このお値段。お勧めです。
メルベイユ オリジナル紅茶



主人のリクエストに応えて

ROSE OF PICARDY
20世紀初めの頃のイギリスの流行歌です。

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

タムタム  

うわ〜〜@@ 何種類のばらを育てているのでしょう〜
こんなふうにいろとりどりのアレンジもステキ!!

メルベーユさんのおいしい紅茶が
ばらの芳香とともに

抜群のおいしい一杯ですね!

2012/01/09 (Mon) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: タムタムさん

3時間くらいかかったので、ホッと一息でした。
以前はもっと沢山あったのですが、近年の夏の暑さで、大分減ってしまいました。
今年はあまり咲かせる自信がないんです。

2012/01/09 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

eiko  

ご紹介して下さってありがとうございます。

うっとりするくらいに美しいバラですね。
お写真からは、香りも漂ってきそうです。
中村雅俊さんの奥様の五十嵐淳子さんを始め、バラの魅力にとりつかれる方は多いし、育てる方もバラのように美しい方ばかりだと思います。
私にはとても敷居の高い花です。
茶器がすごく素敵で、こちらも見とれてしまいました。

2012/01/10 (Tue) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re:eikoさん

育てるのが難しいバラもあるのでしょうけれど、ミニバラは強いから、敷居が高いなんてことは全然ありませんよ♪
それに、今は中輪のバラでも、かなり大きいのがあって楽しめます。

お茶碗は、実家に何という事もなくあった、昔のNoritakeです。
輸出用のものだったのかもしれません。
柄が可愛くて気に入っているのですが、二脚残っているだけなんです。

2012/01/10 (Tue) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment