--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25
2014

クラシックとジャズの融合 Pierre-Yves Plat (ピエール=イヴ・プラ) / ポーリッシュポタリー

CATEGORYアート
IMG_8039.jpg



まずは、この前買ったポーリッシュポタリ―(ポーランド食器)のボウルからです。

先日、いつも拝見している yuccalina さんのブログ(「ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記」, リンク参照)に、ポーリッシュポタリーのボウルが出ていて、すっかり欲しくなってしまいました。

前から家にあるツェラミカ・アルティスティッチナ社のポットとマグカップは、このブログにしょっちゅう写真を載せていて、yuccalina さんも、それをご覧になってポーランド陶器を良いねって言ってくださっていました。
yuccalina さんが選ばれたボレスワヴィエツ社のボウルも可愛いんです。

ポーランド陶器「ボレスワビエツ」のボール『ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記』より


どちらのメーカーも、ドイツ国境に近いポーランドのボレスワヴィエツという小さな町にあるようです。
陶器製造の古い伝統がある土地らしいです。

ボレスワヴィエツ社の柄の方が、ツェラミカ・アルティスティッチナ社の柄より、伝統的なようですね。
ちょっと雰囲気が違いますが、どちらも色や模様が魅力的です。

ポーリッシュポタリーは、どれも柄が可愛いので、選ぶのを迷いますし、次々、皆欲しくなってきます。


IMG_8050.jpg



家にある他のポーリッシュポタリーと雰囲気を合わせて、またツェラミカ・アルティスティッチナ社のです。
今度は二つ、同じ柄にしました。

こちらは直径12cm のボウルですが、案外たくさん入って、使いやすそうです。

取り敢えず、青大豆、さらし玉ねぎ、キュウリと赤ピーマンのサラダをよそってみました。
ドレッシングにもタバスコを入れて、ちょっと辛味のあるサラダです。



IMG_8089.jpg




今までブログに載せてはいませんでしたが、家にツェラミカ・アルティスティッチナの、こういう小皿もあるんです。
一瞬同じお花っぽく見えますが、違う柄です。

IMG_6860.jpg


               ◇


今日の音楽。
無理矢理ポーランド繋がりで、ショパンにします。
「幻想即興曲」。

といっても、弾いているのはクラシック音楽のピアニストではありませんし、演奏もオリジナルのアレンジで、もとの「幻想即興曲」とは全然違います。





こちらはPierre-Yves Plat(ピエール=イヴ・プラ)という1980年生まれのフランスのピアニストで、クラシック音楽をジャズ、ラグタイム、ブギ・ウギ風に、新しい曲にして弾く人です。

5才からクラシックのピアノを習い始め、8、9才で、もうジャズを始めていたそうです。
2010年頃からはテレビにも出ていて、今は国際的に活躍しているようです。

聴く方も、息もつかずに一気に聴いてしまいそうです。
<音楽性>と言うのでしょうか・・・音楽を作り出す魂の躍動が、ピエール=イヴ・プラにはあるんだと思いました。


ラフマニノフの「前奏曲 嬰ハ短調」作品3-2 も付けておきます。




関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

yuccalina  

Arianeさん、おはようございます。

拙ブログへのトラックバックとご紹介ありがとうございました。
ツェラミカ・アルティスティッチナって、ボレスワヴィエツに比べると確かにアートっぽいですね。縁どり模様も、草花の描き方も細かくて、より繊細さを感じますし、色使いも少しスモーキーでしょうか。

小さ目のボールも色々と用途があって便利そうです。

ツェラミカ・アルティスティッチナも何か一つ欲しくなってきました。

それにしても、ボレスワヴィエツって、どんな町なのか気になりますね。

2014/06/25 (Wed) 08:45 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

こんにちは^^
コメント&再度のトラックバック、どうもありがとうございます!

今まで可愛いサラダボウルがなかったので、yuccalina さんの記事を見て、是非欲しいと思ったのですが、yuccalina さんのボウルの方が、大分大きいみたいですね。
この分だと、大き目のボウルも、そのうち欲しくなるんだと思います。

ボレスワヴィエツには、いくつかポーリッシュポタリ―のメーカーがあるようですね。
ツェラミカ・アルティスティッチナ社と、ボレスワヴィエツ社が大きなメーカーのようですが。
ドイツ占領下の頃の影響もあるとか書いてあるのを読みました。
ボレスワヴィエツは、小さな町で、自然も豊かなようですね。行ってみたいです。
KERSEN Online Shop というところで、いろいろ紹介されていました~。

2014/06/25 (Wed) 15:03 | EDIT | REPLY |   

まーさん  

ポーランドに行きたくなりました!

こんにちは^^

新しく購入されたポーランド食器のボウル、とっても可愛いですねえ♥
その下の小皿もまたステキです。
いつもAriane様のブログに登場するポットとマグカップには、
ホントに毎回うっとりしておりましたが、わたくしもまた、
ポーランド食器ががぜん欲しくなりました。
青色が大好きなので、眺めているだけで心がどこか違うところに
トリップしてしまいます。
yuccalina様のブログの拝見し、
生協で購入されたというボウルを見てびっくり。
実はワタクシも生協のカタログで見て、
買うかどうしようか迷って結局買わなかったものでした・・・
すごくかわいくて今更ながら購入しなかったのを
激しく後悔しております(~_~;)
これからポーランド食器をはじめ、少しずつ気に入った食器を
買い集めていきたいと考えています
(和食器も大好きなんですよね~~)

ピエール=イヴ・プラの「幻想即興曲」は驚きです。
まるで違う曲ですね。こんなピアニストがいたのですか!
ご紹介ありがとうございます。
ラフマの「前奏曲 嬰ハ短調」、大好きな曲なんです。
久々に聴きました。途中からのジャジーな曲調が
何とも面白く心地よいです。
Ariane様はホントにいろんなことをご存知ですね~~(嘆)
ピエール=イヴ・プラ、心に留めておきたいと思います。

ところでAriane様の新しいプロフィール写真ステキです♥

2014/06/26 (Thu) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: まーさん

こんばんは^^
いつもご丁寧なコメントくださって、どうもありがとうございます^^

私も、ポーランドの陶器市とか行ってみたいです。
まーさんもyuccalina さんのと同じボウルをご覧になっていたのですね!
ポーランド食器は、色が鮮やかで目を引きますね。
写真にも映えるので、ついこの食器ばかり撮ってしまうんですよね~。

まーさんは、青色がお好きなんですね。
確か、ドナ夫さんがコメント欄で、まーさんのラッキーカラーを青と書いていらっしゃいましたよね。
それを拝読して、そう言えば、まーさんのイメージって瑠璃色のような色だな~、と思いました。
どうしてでしょうね^^

ピエール=イヴ・プラもお聴きくださって、ありがとうございます!
「幻想即興曲」、最初は「エッ」と思いましたし、ちょっとガチャガチャしている感じはしたのですが、聴いている内に、これはありだな~と思いました。
第一、楽しそうに弾いているのが良いと思いました。
それって、音楽の原点ではないか、と。
ラフマニノフの「前奏曲 嬰ハ短調」、カッコいい曲ですよね~!
久しぶりに、元の曲も聴きたくなりました。

私は、全然物知りではなくて、お恥ずかしいんですよ。
音楽も、20年くらいは全然聴かない時期があって、よく聴いているのはこの2、3年なんです。
YouTube を見ていると画像がざ~っと出るので、つい、次々聴いてしまうんです^^;

プロフィール画像、お褒めくださって、どうもありがとうございます^^
このブログはお客様もご覧くださっているので、たまに顔をお見せした方が良いかな~、なんて。

2014/06/26 (Thu) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

こんばんは^^
素敵な食器ですね^^

青大豆、さらし玉ねぎ、キュウリと赤ピーマンのサラダ・・。とっても美味しそうです・・。
宜しければ是非レシピをお願いします。^^

それから・・音楽は・・・クルちゃんがクラシックをジャズにアレンジされたの。。
こういうの好きでよく聴いているみたいです・・。(クルちゃんも幻想即興曲・・大好きなんだそうです。)

音楽聴かせていただきました・・。
ピアノの音が下がって聴こえるんです。
調律がきちんと出来ていないのかもしれませんね・・・。笑


2014/06/26 (Thu) 21:14 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

こんばんは^^
随分お忙しそうな中、コメントくださって、どうもありがとうございます!

ポーランド食器、すっかり気に入っています^^

豆のサラダは、アフリカンっぽい感じで、好きです。
青大豆を塩茹でしておいて、水にさらした玉ねぎ、きゅうりはそのまま、赤ピーマンは生でも食べられるみたいですが、私はちょっと火を通して、みじん切りにしています。
ドレッシングは、オリーブオイル、ビネガー、塩、胡椒に、タバスコを少し入れました。
冷やして召し上がると、美味しいですよ~^^

クルちゃんは、Violetta さまの影響でクラシック音楽をよくご存知だから、軽音楽もクラシックのジャズ・アレンジとかお好きかもしれませんね^^
今まであまり聴きませんでしたが、私も、結構好きだと思います。
最近拝見するようになったブログで知ったのですが、オイゲン・キケロとか、昔からクラシックをジャズにアレンジして弾く方って、いらっしゃったのですね。

調律が出来ていないんじゃないかというご指摘、面白いと思いました!
ラグタイムっぽく弾くピアニストですから、昔のピアノのイメージにするように、わざとこういう調律なのかもしれません。
今まで気にも留めずに聴いていまいしたが、そうか、そんな事もするのか~、と思いました。
でも、ジャズやラグタイムのピアニストとしては、随分強いタッチでガンガン弾いていますよね^^;

2014/06/26 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

凛  

またまた素敵な陶器ですね!
私も欲しくなりました。

前から思っていたのですが、ポーランドの陶器、以前イタリアで買ったマグカップ、そしてお気に入りのトルコのお店で見る陶器のデザインに共通するものがあるんですよね。
やはり大陸でつながっているからでしょうか?

ただでさえ忙しい幻想協奏曲が、さらに忙しい!(◎_◎;)
これ弾くの大変そうですね。

私が撮る動的なものとは、もっぱら子供、なんですσ(^_^;)
動き回るので難しいですよ〜。でもいい表情が取れたときは最高です。

2014/06/27 (Fri) 08:47 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さん

こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

イタリアやトルコの陶器も、素敵そうですね^^
お近くにトルコのお店があるのですか?
そういえば、メルボルンはトルコ人が多いというお話でしたね。
繊細なパターンのある色鮮やかな陶器って、ヨーロッパの方に多いのでしょうかね。。。
色使いが、日本のものとは違いますよね。

ピエール=イブ・プラの演奏で、「月光」や「トルコ行進曲」などもありましたが、私の好みでこの2曲にしました~。
ポピュラーなクラシック音楽のアレンジが多いみたいです。

そうか~、動的なものって、お子さんですね^^
お子さんは、じっとしていませんものね。
でも、却って、自然な良い表情が撮れるかもしれませんね。

2014/06/27 (Fri) 16:44 | EDIT | REPLY |   

コウコ  

Arianeさん、今晩は。

ポーランドの食器は素敵ですね。
我家は頂いたスペインとイタリア製の品々がありますが、ポーランド
の陶器は落ち着いた美しい色彩で、大人っぽいですね。
美味しそうなサラダと器に刺激されて、今夏は棚に置いたままの
サラダボールを使うことにします。(笑)

ピエール=イヴ・プラさんのリズムカルでダイナミックな演奏は
素晴らしいです。即興だけに気持が伝わってきます。
ドラムとベースをつけてトリオにしたら・・・
テンポが速いのでインツーにして、などと想ってしまいました。
この企画は如何でしょうかね。


2014/06/27 (Fri) 22:41 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: コウコさん

こんばんは^^
いつもコメントくださって、どうもありがとうございます!

スペインやイタリアの陶器も素敵ですよね!
ポーランドのものより、色がヴィヴィッドかもしれませんね。
綺麗なお皿に盛りつけると、食べ物も美味しそうに見えますね。

ピエール=イヴ・プラの演奏、気に入って頂けて嬉しいです^^
コウコさんは、ジャズにお詳しいんですね!
演奏を聴いて新しいアイデアが浮かぶなんて、クリエイティブですね!
私は、子供の頃ピアノを習っていたので、クラシック音楽の方には多少馴染んでいますが、以前はジャズって、民謡と同じくらい分からないかな、と思っていたんですよ~^^;
主人が昔のジャズを聴くので、それに影響されて、ようやく最近、少し自分からも聴くようになりました。

前にヴァン・ヘイレンのソロとバッハが似ていないか、という記事を書きましたが、ピエール=イヴ・プラは、クラシック音楽と最近の軽音楽とを混ぜて弾いたりもしているんです。
同じコードのものがあったりするようなんですよね・・・。

2014/06/28 (Sat) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ポーランド陶器「ボレスワビエツ」のボール
  • 結婚当初は食器に凝っていた時期もあるワタクシですが、現在家にあるもののほとんどが、出産する以前に買ったものです。トモローが自閉症と分かってから、きっと皿をガンガン割られるんだろうなあ、と覚悟してたのですが、あまり動かないタイプだった為、割られた食器はゼロです。食事も段々上手になってきたことですし、ここらで何か好みのものを買いたいなー、と思っていた矢先、Arianeさんのブログ「ヘルメティック...
  • 2014.06.25 (Wed) 08:52 | ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。