31
2014

うちの薔薇とハーブ、接写してみました / "Roses of Picardy"

CATEGORY
IMG_7322.jpg



バラの写真は最近、見事なバラ園のものを散々載せたばかりですので、家のバラはせめて写真の撮り方にバリエーションを付けることにしまして、Canon FD 55mm f1.2 と、FD35mm f2 (どちらも40年前のレンズ)で接写してみました。


と言いながら、すぐ下の写真は、いつものレンズ(Canon の EOS 用の EF 24-70mm f 2.8)で撮っています(^^;)

IMG_6872.jpg



この中輪の水色のバラは、以前、何という名前なのか、確認しないで買ってきてしまいました。
右下に、ピンクのスカビオサも写っています。

IMG_7326.jpg



グリーンアイス。
ハンギングにしています。
これを買ったのは、大分前です。

IMG_7389-001.jpg



下のピンクのミニバラも、何という名前か知らないんです。
これも昔買いましたが、毎年大変よく咲きます。

IMG_7327.jpg



下は、スイート・チャリオット。
これも、同じ頃買いました。
ミニバラですが、強い芳香がします。

IMG_7476-001.jpg



スピリット・オブ・フリーダム。
蕾で分かりにくですが、オールド・ローズです。

IMG_7315.jpg



下は、オリーブの花。

IMG_7401.jpg



私の大好きなセージの花。

IMG_7367.jpg



チャイブの花。
チャイブが花を咲かせているのを見つけると、妙に嬉しくなります。

IMG_7297.jpg



そのチャイブが、いくつか蕾を付けていて喜んでいたのですが、雨で隣のバラの枝が倒れてきて折れてしまい(涙)、ビオラ、ラベンダーと一緒に瓶に挿しておいています。

IMG_7455.jpg



ビオラも、まだよく咲いています。

IMG_6835.jpg




IMG_6856.jpg


                   ◇


音楽は、ちょっと前にクラシック・ギターでの演奏を載せましたが、Roses of Picardy です。

第一次世界大戦中の1916年に、イギリスで作られた流行歌です。
イギリス人将校とフランスの戦争未亡人との恋が歌われている、という説もあるみたいです。

この歌は、フランスの戦地に赴いたイギリス人兵士たちの間で愛唱されたとのことですが、1918年以降はフランスでも人気が出たそうで、フランス語ヴァージョンもあります。

なお、ピカルディーはフランス北部にある地域で、第一次世界大戦(及び第二次世界大戦)における主戦場の一つだったそうです。
ピカルディーって、どんな素敵な所だったのかと思えば、激戦地だったとは・・・!



歌の入っている演奏で、素敵な写真集の付いた YouTube を見つけました。
リフレインの部分の歌詞を引用しておきます。

Roses are shining in Picardy, in the hush of the silver dew,
Roses are flowering in Picardy, but there's never a rose like you!
And the roses will die with the summertime, and our roads may be far apart,
But there's one rose that dies not in Picardy!
'tis the rose that I keep in my heart!









関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

evelyn  

こんばんは

毎回思っていたのですが、Arianeさんのお写真の美しさは、カメラ、アングル、腕・・・もさることながら一言で言うと「センス」の良さなんでしょうね ! 
Arianeさんの(ご主人さまも)心象まで伝わってくるようです。

Roses of Picardy 、ステキな歌詞ですね。
「恋」は真実だったかも・・・・
イギリス(イングランド)の国花はローズですから、兵士たちも故郷の家族や恋人を思って鼓舞して歌ったことでしょうね。
YouTube の写真(映像)も私の好みで見入りました。


前回の記事、バッハとエドワード・ヴァン・ヘイレンの比較は素晴らしい発見でしたね。
ヴァン・ヘイレン弾くギターを見ていると、ギターが鍵盤に見えてきたから不思議。
私も昔、ピアノとクラッシックギターをー習ってました(お恥ずかしい ♪(#^.^#))








エドワード・ヴァン・ヘイレン&バッハ

2014/05/31 (Sat) 20:41 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: evelyn さん

こんばんは♪
コメントありがとうございます^^

いつも、とっても褒めてくださって、どうもありがとうございます!
私は、レンズの事とか本当はよく分からず、主人が趣味でいろいろ買ってくるので、「ふ~ん」というくらいなんです^^;
でも、主人のおかげで、私もカメラを楽しませてもらっています^^

音楽もお聴きくださって嬉しいです♪
この恋が、作詞家自身の事なのか、友人の事なのか、いろんな説があるみたいです。
この頃は、兵士たちが恋の歌を歌いながら戦場に行ったのかと思うと、時代の違いを感じます。
実は、こちらの YouTube を見つけた時に、映像が evelyn さんのお好みじゃないかと思いましたよ!
お気に召して頂けて嬉しいです!

バッハとヴァン・ヘイレンもお聴きくださって、ありがとうございます^^
evelyn さん、ピアノとクラシックギターを習っていらしたんですね!
どんな曲がお好きでいらしたんでしょう~?
私はピアノだけでしたが、私もピアノはお恥ずかしいんですよ~。

2014/05/31 (Sat) 23:38 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

おはようございます。
バラ沢山育てているんですね。尊敬です。
ウチのビオラも終わりそうでまだ終わらない感じです。切り花にする発想がなかったのですが、小さなグラスに飾ると可愛いですね。真似してみようと思います。

2014/06/01 (Sun) 07:33 | EDIT | REPLY |   

ミキタカ08シクティーズ  

おはようございます

 いずれの写真にも美しさに圧倒されます。

 40年前のレンズはデジタル一眼カメラに合うのでしょうか?
 味がありますね。
 多いに刺激をうけました。バラ作り、頑張ります。

2014/06/01 (Sun) 09:24 | EDIT | REPLY |   

ハゼドン  

「華」があります・・・。

Ariane様

ディテールに拘ってのショット、やはり、眺めて和みます。

「韻を踏んでいる感」のあるアングルが「花」を瑞々しく立体的に表現してくれます。

「香りよ届け」、と受け取りました。

2014/06/01 (Sun) 10:25 | EDIT | REPLY |   

ドナ夫  

こんにちは~。

セージって、こういう花なんですね。
初めて知りました。
紫がかった可憐な花なんですね。

いよいよ6月ですね。
通りに咲く紫陽花の花などを楽しみつつ、明日からも頑張りたいと思います。
いつも癒しの写真のご公開、ありがとうございます!

2014/06/01 (Sun) 17:26 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

こんばんは^^
いつもコメントありがとうございます。

私も、もともとビオラを生けるという発想がなかったのですが、他の方がテーブルに生けているのを見て、可愛いじゃないか、と思ったんです!
それに、案外長持ちします。

バラは、基本的に楽なような気がしていたんですよねぇ、病気になるまでは・・・。
ミニバラなんかは、放っておいても、毎年良く咲いていたし、挿し木でメチャクチャ増えました!
ところが、ひとたび病気になると、剪定して植え替えても、毎年病気ですね・・・。
うつりますしね・・・。
近年は、ちょっと厳しい感じがしてきていますね・・・^^;

2014/06/01 (Sun) 22:38 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ミキタカ08シクティーズさん

こんばんは^^
いつもお褒めのコメント、ありがとうございます。
とても励みになっています!

昔のフィルムカメラで使われていたレンズを今のデジカメに付ける仕方ですが、それぞれのメーカーとレンズの形式によって専用のアタッチメント(中間リング)があるようです。
外国製の安いアタッチメントなんかもあって、主人はどこからか、そうしたものを見つけてきています^^

北海道は、これから薔薇の季節なのですね!
やっぱり気候が違いますね。
北海道の気候は、薔薇に向いているんじゃないかと思います。
ミキタカ08シクディーズさんのお庭の薔薇、楽しみにしていますね^^

2014/06/01 (Sun) 22:43 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ハゼドン様

こんばんは^^
素敵なコメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
お褒め頂けまして、嬉しいです!

ブログの記事にしても、コメントにしても、ハゼドン様の文章にはリズムがありますね。
私もハゼドン様のような素敵な文章を書けたら、と思います^^

2014/06/01 (Sun) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ドナ夫様

こんばんは^^
いつもコメントありがとうございます!

もっと薄い紫のセージの花もありますが、こちらのセージは比較的濃い色みたいです。
まるで妖精が羽を広げてフワフワしているような可愛さがあります^^

いつの間にか6月で、紫陽花の季節になりましたね~。
これから紫陽花の写真を撮るのも、楽しみです。
お仕事、どうぞ頑張ってくださいね^^

2014/06/01 (Sun) 22:52 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

Arianeさま こんにちは^^

薔薇ちゃま・・綺麗に咲いていますね^^
パティオローズかしら・・。お花も小ぶりですか?
青い薔薇ちゃま・・なんという薔薇なのでしょうね・・。
気になります^^
青薔薇は咲かせるのが難しい品種もあるそうですが・・
この子はいかがですか?

スイート・チャリオットちゃまもお持ちなのですね・・。
人気のある品種ですね・・。
お好きな方多いです。私もとても好みです^^

セージの花・・とても爽やかなお色で良いですね^^

私・・・セージーが好きで・・昨年5種類位買いました。
今年も咲き始めています^^

チャイブもお持ちなのですね~。
お花はピンクなのですね・・。初めて見ました。
お料理の幅が広がりそうですね^^
ちなみに・・我が家は今ネギの花が咲いています・・笑
種を付くまでほっておいて・・種が出来たら収穫して種まきする予定です^^

音楽聞かせていただきました^^
素敵な歌曲ですね。

英語なのに・・
なんとなく音楽はドイツ歌曲の様な雰囲気がしました^^
フランス語のバージョンもあるのですね・・。

2014/06/03 (Tue) 13:36 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

こんばんは^^
いつもコメントありがとうございます^^

パティオローズという薔薇があるのですね。
うちのピンクのバラは、けっこう小さなお花なんですよ。
ミニバラって、よく品種とか何も書かれないで売られていますよね・・・。
その頃は、何も考えずに買っていたんです。
青いバラも、ですねぇ。
こちらは中輪で、四季咲きです。
カイガラムシが付くのですが、今のところは良く咲いてくれています。

スイート・チャリオット、そんなに人気がある薔薇だとは知りませんでした~。
Violetta さまもお好きですか^^

また、Violetta さまもセージのお花がお好きだなんて、嬉しいですね^^
ハーブのお花には、特別な魅力がありますよね!

チャイブは、一株だけなんです。
だから、あまり食べられません^^;
食べると、なくなってしまいますものね・・・。
Violetta さまのお宅では、ネギのお花が咲いているのですね!
チャイブのお花を大きくしたようなお花ですよね。
可愛くて、結構、鑑賞用にもなりますよね。
種が採って蒔けると、翌年増えて良いですね~^^

音楽も、いつもお聴きくださって、ありがとうございます!
ドイツ歌曲も、こういう雰囲気だったりするんですね^^

2014/06/03 (Tue) 21:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  キンギョソウLOVE、ビオラの切り花&ゴーヤーちゃんがやってきた
  • 最近はガーデニング記事が増えつつあるブログ主ですが、それはキンギョソウに依るところが大きいと思っております。こぼれた種から出た芽を植え替えたら立派に育ったという経験を繰り返している内に、愛情がジワジワとわいてきたって感じでしょうか。こうして、わが家のキンギョソウは何度も世代交代してるのですが、相変わらず新芽が出るとつい植え替えたくなってしまいますね。 まあ、全部育つかどうか...
  • 2014.06.04 (Wed) 08:08 | ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記