--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13
2014

鎌倉カフェ Biscuit (ビスキュイ) & 科学者の友人に聞いてみた

CATEGORY社会
IMG_5740-001.jpg



昨日は中学の時からの親友が鎌倉に遊びに来てくれました。

お喋りに花が咲きまして、何件か入ったお店の内の一軒がこちら。
初めて入ってみたカフェです。



IMG_5736-001.jpg




店内、所々壁で仕切られているのも、居心地が良かったです。

IMG_5739-001.jpg




注文はケーキセットにしまして、私はコーヒーと

IMG_5728-001.jpg




チョコレートケーキ。

IMG_5731-001.jpg




友人は、チーズケーキを頼みました。

IMG_5733-001.jpg




古い一軒家を改装した佇まいは、女の子が好みそうなお洒落な雰囲気です。

IMG_5734-001.jpg




IMG_5729-001.jpg



ケーキも美味しく、是非また来ようと思いました。
場所などはこちらに出ています。
Biscuit


                   ◇


今日会った友人は科学者で、学会論文の審査員もしたりする人です。

STAP 論文について、疑問に感じた点を聞いてみました。



この論文の問題点は?

― 画像の切り貼りをしたのが一番まずい。故意でなければ、あり得ない。



私も、あの会見の問題点の一つは、「故意」を「悪意」と言い換えて、善悪の問題にすり替えているところだと思いました。
それで、悪いことだとは知らなかった、悪意はなかった、という話になっていますが、故意でなければ、誰が何のために画像の切り貼りをするのでしょう?



正しいデータが存在すると言いながら、なぜ提出しないのか?

― ないからでしょう。



コツって何?

― 実験でたまたまある結果が出るということはあるが、200回は多い。再現性がもっと客観的になっていて良いはず。



『ネイチャー』という学術誌は、そんなに適当なの?

― 『ネイチャー』の掲載論文の2~3割は、後から反証されて、正当性が否定されている。STAP 論文も、最初、そういう経過を辿るのかと思った。



これから理化学研究所が一年かけて検証するという点について

― 証拠が出なかったのだから、本当は一旦、幕引きをするべき。一年かけて検証する間に、他の共同執筆者たちや理研の責任問題を有耶無耶にしようとしているのだとしたら、それが一番きたない。



でしょうね。

今回の件で、そもそも理研にびっくりしている学者たちも、大勢いると思います。



追記(4/14)

下のコメント欄に、科学についての友人の見解を書かせて頂きましたので、ご覧頂ければと思います。


                   ◇

                   ◇

                   ◇


関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

ミキタカ08シクティーズ  

一旦、幕引きをするべき

おはようございます。

 Arianeさんのネットワークの広さに驚きました。
科学の分野はもっとも苦手ですが、素人の私でさえ理化学研究所の無責任さといい加減さに幻滅です。
 結末がどうなるのかわかりませんが、共同執筆者たちや理研の責任問題だけはきちんとして欲しいものです。

2014/04/13 (Sun) 10:43 | EDIT | REPLY |   

ひかりちゃん  

こんにちは〜

おしゃれなカフェですね〜

店内、壁で区切られているのは中々いい感じですね^_^

北海道も春の訪れを感じられる!?気候になってきましたよ♪

小保方さんに佐村河内さんにと、面白い方々の出現に退屈しない毎日ですね(*^_^*)

2014/04/13 (Sun) 10:51 | EDIT | REPLY |   

凛  

お店のホームページより、Arianeさんのお写真の方が素敵だなと思いました。
貸切みたいな感じで、おしゃべりにも花が咲いたのでは?

その研究、そんなすごい議論になっているんですね。
詳細はわかりませんが、周りの研究者達をみていると、研究のプレッシャーってすごいんだろうなと思います。研究費などのことも絡んできますしね。なかなかしんどい世界だなと思います。

2014/04/13 (Sun) 12:51 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 一旦、幕引きをするべき

ミキタカ08シクティーズ様、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

ネットワークは決して広いわけではありませんが、奇人変人同盟をつくっております。

こんな突拍子もない事態になるまで、理研や今までの研究機関は一体何をやっていたの(!?)というのが、実に一番の驚きなのです。

一般的に学問の世界では、存在しないことを証明するのは困難ですから、普通はそちらはやらず、存在が証明されているものの方を取り上げます。
STAP 細胞の存在を検証するのも、極端な話、これから永遠の時間をかけて行って成功するまで続け、その間、存在を否定できないと言い続けることもできるわけです。
結局、今の段階では、STAP 細胞の存在を肯定できないのは確かだと思います。

2014/04/13 (Sun) 14:54 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ひかりちゃん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

昨日は天気の良い土曜日で、鎌倉は観光客で大変な賑わいでした。
友人がケーキを食べたいと言うので、カフェを探していて見つけたのがこちらのお店でした。
お気に入りのお店が増えました^^

北海道の春って、どんななんでしょう?
一度春に札幌に行きましたが、幼稚園の頃だったので、もう覚えていないんです。

佐村河内さんに、小保方さん。なんだか似たような人が相次ぎました。
小保方さんは学者としては問題だけれど、愛されキャラなのでしょうね(笑)
佐村河内さんの将来は心配だけれど、小保方さんの将来は、大丈夫だと思いますね。

また遊びに来てくださいね♪

2014/04/13 (Sun) 15:03 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

貸切のように見えるかもしれませんが、たまたま人がいなくなった一瞬に撮った写真なんですね~。
どんなすごい混雑の中でも、私のカメラには、大概、人が写らないんです(笑)

STAP 論文の件では、大騒ぎですね。
起こった事も異常ですが、マスコミが小保方さんを大好きなのか、世間の騒ぎ方も異常です。
学者には何がどういう事なのか即座に明らかだと思いますが、いろんな思惑が絡んでわざと不明瞭で分かり難くしている事もあるように思います。

研究は、やはり創造的な作業ですから、ちゃんとやろうと思うと大変ですが、中身がなくても、やっているような風にできてしまう仕事もたくさんある、というような話を昨日したところでした・・・。
小保方さんにプレッシャーがあったとしても、普通に研究ができる人たちが大勢いる中で、彼女をユニット・リーダーに選んだ理化学研究所は、一体どうなっていたんだろうと思うわけです。

2014/04/13 (Sun) 15:15 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

こんばんは☆

素敵なカフェに行ってこられたのですね~。
仕切りがある方ががかえって落ち着きますし・・
静かにお話できたりするのかもしれませんね・・。

それにしてお・・科学者の方とお友達って・・なんか凄いですね~。
私は・・世間知らずも良いところで、お筈かしながらそう言う話題についていけません・・。
でもそうですね~。お友達とお話に夢中になると・・ついつい・・2
件め3件めと移りたくなるお気持ち・・分かります・・。^^
ご友人ってもしかして男性ですか?^^

2014/04/13 (Sun) 18:23 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

こんばんは~^^
いつもコメントありがとうございます。

私も世間知らずなのですよ^^;
学者の世界にはすごく違和感や反発を感じながらも、結局、主人も学者だし、学者の世界は身近ですね・・・。
文系の知人がほとんどですが。

昨日会ったお友だちは理系の人だけれど、女性なのですよ^^
男性のお友だちと二人で何件もはしごをするのは、やっぱり主人に遠慮しますね^^;

主人と付き合うようになる前に、男性の親友がいたんですけれど、彼は私が主人と付き合うようになる事だけは大反対しまして、それで、「アデュー」っていうことになっちゃいましたね。
昨日 Violetta さまが載せていらした歌のような、ロマンチックな何かじゃないんですけれどね^^;
でも私にとって彼は本当に親友だったはずなので・・・二度と会えなくなったのは、やはり寂しいです。
恋愛と違って、私にはかえって堪えました。
どうもこのところ、寂しいことを思い出しがちですが、生きていたらどなたにも、寂しいことはたくさんあるんでしょうね。

2014/04/13 (Sun) 22:37 | EDIT | REPLY |   

ハゼドン  

事実が真実です・・・。

Ariane様

理研内としての組織の問題、他組織同士の問題、大学内の問題、日本の科学に対する問題、科学者、人としての世代間での認識感覚の問題。
STAP細胞有無を取り巻く環境には様々な問題が絡み合っているという現状のようです。
これらが一旦綻び始めると、責任論に終始してしまい、本質的な問題が焦点を失ってしまいます。
世間、メディアは、あたかも「魔女狩り」の様相を呈してしまい、連日の報道に科学関係者は唖然としている様子です。

性善説で、小保方氏、STAP細胞の存在の信憑性、願っていますが、相当困難な様子です。

清潔感、感性溢れるカフェでの空間に不釣合いな俗っぽい話題になりましたね・・・。

2014/04/14 (Mon) 06:47 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ハゼドン様

こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます^^

そうですね。
科学関係者たちの受け取り方と世間一般の受け取り方と、ずれている部分もあるようですね。
世間の目も、向くべき方向に向くと良いと思います。

私は、STAP 細胞の話は、なぜか最初から期待する気にならなかったのですが、友人が次のようなことを言っていて、そもそもそれで、こんなに注目を集めたのかな、と思いました。

「STAP細胞の話は、科学を世間一般の人がどう期待して見ているのかをよく示していると思う。
みんな、科学はsimple で分かりやすいものであって欲しいと思っているのではないか。
常温核融合の時もそうだったが、科学が綺麗ですっきりしたものだとみんな心のどこかで期待しているんじゃないかという気がする。
でも、実際の科学は泥臭い作業の積み重ねだし、その中からちょこっと何かが言えて、そのちょこっとが積み重なって、もしかしたらこんなことが言えるかもしれないというような、そんな亀のような歩みでの進歩があるし、勿論その中には間違いもあるというのが本当の所ではないだろうか。
ただ、今回の小保方さんのは、データの切り貼りだから次元が違うけれど。」

iPS 細胞がすでに画期的なのですから、私たちもそうした研究の進歩を辛抱強く待つべきだし、真面目な科学者たちの地道で目立たない努力の積み重ねに敬意を払うべきなのではないか、と思いました。

2014/04/14 (Mon) 11:32 | EDIT | REPLY |   

eiko  

さすがArianeさんはカフェでもお話しすることが違いますね。
科学者がお友達なのも凄いですが、私にはそういう立派な?お友達がいないような気がする・・・ってArianeさんがそうでした!
小保方さんは個人的に可愛い人だなと思います。
涙を浮かべるあたり、優しい人なんだろうなあと。
でも気になったのは、Arianeさんに男性の親友がいたという事実です(笑)
でもご主人様とお付き合いなさるのを大反対されるような方は親友ではないのでは?とまあこの文面から軽く想像しただけですが、そう感じました。
私はボーイフレンドいますよ(笑)
でも主人には言いません。
たぶん一生言いません。
ボーイフレンドとはそういうものだからです。

2014/04/18 (Fri) 18:32 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko さん

こちらにもコメントありがとうございます^^
私が立派だなんて、とんでもないことで、結局、すご~い中途半端に投げ出している状態なのでして・・・^^;
私から見たら、何人もお子さんを育てられているeiko さんのような方のほうが、よほどご立派です!

学者の間では、小保方さんのした事は、ちょっと前に騒がれた佐村河内さんと同じくらいビックリでして、私は週刊誌でスキャンダルが報じられる前から、ここまでの人が理研に入れた理由は、まずそれなんだろうと思っていたというのが正直なところです。
これは非常に残念な事です。

私に男性の親友がいたの、意外ですか?
お互い、それまで彼氏や彼女は別にいたのですが、彼とは十数年間いつも一緒にいまして・・・複雑ですね。
彼は長年主人とも親しく、すべて主人の関与している所で起こり、彼と主人の仲も、それで終わってしまったんです・・・。

人にもよるかもしれないけれど、eiko さんはご主人に黙ってボーイフレンドを作られていても良いんじゃないかという気がします^^
主人が知ったら気を悪くするような事をするまい、というのは、単に私の個人的な決意ですね。

2014/04/18 (Fri) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。