26
2014

ローズマリー&スカビオサ / ターロック・オキャロランの音楽

CATEGORY
IMG_5358.jpg



ローズマリーがとっても良く咲いています。



IMG_5303.jpg



今日、ピンクのスカビオサ(西洋マツムシソウ)を買って来ました。
スーパーのお花売り場で、150円で売られていたのです。

IMG_5396.jpg




ついでに、私の可愛いビオラちゃんたち。

IMG_5310.jpg


                 ◇


最近、くるみ、レーズンと一緒にチョコレートを食べるのが気に入っています。
止まらなくなりそう・・・。


IMG_3757.jpg


                 ◇


知人が亡くなってしまったんです。

二回お会いしただけの方でしたが、妙に印象深い方でした。

早期退職されて、お仕事の為に断念されていたお歌の CD を作られたり、大好きなお酒や野球鑑賞などを楽しまれる一方で、哲学のお勉強に熱心な方でした。

気が付かれた時は、肝臓ガンの末期だったらしく、あっという間のことでした。

私が哲学に携わっているから、何か思われるところがあったのでしょう。
亡くなる数日前に、病院から私の自宅にお電話をくださいました。

折悪しく留守にしておりまして、後からお電話をしましたら、もうつながりませんでした。
その後ご家族の方からのお電話で、直後にご容体が急変され、そのまま逝かれたそうです・・・。
ちょうどお彼岸で、ご先祖に連れられるようにあちらに行かれてしまわれました。

知人が亡くなることは珍しくはありませんが、この度のことでは妙に悲しく、寂しく思われます。


ご年配の方々は、どういう想いでいらっしゃるものなのでしょう・・・。
ご自身がお年を召していかれる中で、親しい方たちが次々と亡くなられていっても、明るくお元気に毎日を過ごしていらっしゃる方々を、つくづくご立派だと思います。


                 ◇


ターロック・オキャロラン(Turlough O'Carolan、1670年 - 1738年3月25日)はアイルランドの盲目のハープ奏者で作曲家だった人です。
アイルランドでは伝説的な人のようで、「国民的作曲家」「アイルランド最後の吟遊詩人」と称せられているそうです。
命日が3月25日ということは、ちょうど同じ頃亡くなっている人です。
今まで知らない作曲家でしたが、たまたま Separation of Soul and Body (『魂と肉体の分離』)という曲を見つけましたので、載せておきたいと思います。

ケルティックな哀愁漂う曲です。




こういう演奏もあったので付け足しておきます。
こちらは、メロディーラインが耳に残りやすいです。




                 ◇

                 ◇

                 ◇


関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Violetta  

ローズマリーやビオラちゃんがきれいに咲いていますね・・。
ビオラちゃんの色合い・・私もとても好きな色色合いです・・。^^
良いですね!!
ビターのチョコレートに、胡桃、レーズン・・大人のお味ですね~。
お洒落な感じがします・・。くるみも栄養がありそう・・・。

ご友人がお亡くなりになられたのですね・・。
突然の事で・・ショックですね・・。
その方をしのんで・・『魂と肉体の分離』このような音楽を選ばれたのですね・・。寂しい感じの曲ですね・・。

魂と肉体の分離・・私・・経験あるんです・・。
ある部位を手術したことがありまして・・
意識が朦朧として・・頭の中が真っ白になり・・魂が肉体から少し離れた気がしました・・。とても怖かったです・・。

そんな時に考えることは・・家族や自分と深い関わりのある人たち数人だけが頭に浮かびました・・。

ご友人のご冥福をお祈りいたします・・。

2014/03/27 (Thu) 12:38 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta 様

こんにちは^^
いつもコメントありがとうございます。

ローズマリーは前からずっと咲いているのですが、最近は本当に華やかです。
もともと、お花が咲くのが楽しみで、ローズマリーを買ったんです。
ちょっと大きくならないと、あまり咲かないでしょう?
それで、なかなか咲かないと思って、次々と3株も買ってしまいました。
今は3株とも咲いています^^

チョコレートは、ビターが好きですねぇ。
レーズンや木の実の入ったようなチョコレートはあると思うんですけれど、案外、あの食べ方が美味しいんです^^

Violetta 様は、手術は局部麻酔だったのですか?
それとも、全身麻酔で、魂が肉体から離れる感覚があったのでしょうか・・・。
私も全身麻酔での手術はしたことがあるのですが、単に意識がなくなりましたね・・・。
Violetta 様は、手術後はすっかり良くなられているのですか?
あ、そういえば、私もちょっとだけ幽体離脱っぽい体験があるので、そのうち書きますね^^

知人のことも、コメントくださいまして、どうもありがとうございます。
二回お会いしただけだったのですが、人との関係は様々なのでしょう、不思議と悲しい気がするご縁というのもあるものです・・・。
私は、肉体から分離した後の魂の永遠性を信じていますので、あまり死を悲しまない傾向があるのですが・・・。
遠方にお住まいなので、参列することはできませんでしたが、ちょうど昨日がお葬式でしたので、その方を偲んでブログを書かせて頂き、この曲を載せることにしました。
でも、ブログの記事としては、ちょっと暗かったかしら(^^;)

なんだか寂しい気分の時にコメントくださって、嬉しかったです。
どうもありがとうございました^^

2014/03/27 (Thu) 13:18 | EDIT | REPLY |   

ひかり  

こんにちは〜

お花、とっても綺麗ですね(*^_^*)

クルミとチョコとレーズンを組み合わせて食べてみますね♪
本当に止まらなくなりそうですね(≧∇≦)

素材的にも、太る要素がなさそうな食べ物ですね!


毎日、ランチに近所のファミレスに来てます(笑)
サラダバーとドリンクバーを利用して休みを満喫しておりますよ^_^
2時間は居るんですよーー(笑)

更新楽しみしてます(*^_^*)

2014/03/27 (Thu) 15:12 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ひかりさん

おお、ひかりさん、元気そうですね!
私もひかりさんからコメント頂くと、元気出ますよーー。
いつもありがとうね^^

クルミとレーズンと一緒にチョコレートを食べると、不思議と美味しいんですよ♪
最初はクルミとチョコレートだけだったり、レーズンとチョコレートだけだったりしていたんですが、結局、この三つが良いという結論になりました~。

最近ひかりさんのブログがなくなっちゃってつまらないのですが、こうして近況書いて頂けると、ひかりさんのブログをうちのコメント欄で読んでいるみたいです^^
また何か書いてくださいねー。

2014/03/27 (Thu) 16:29 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

こんにちは。
ウチもローズマリー咲いたのですが、葉っぱの付き方も花の色も少し違います。きっと沢山種類があるんでしょうね。
ところで、コーヒー?のカップは以前も紹介されていたポーランド製のものですよね?もしかしたらMaduでお買いになりましたか?先日、ネットショップを見ていたら同じブランドの、似た感じのカップ&ソーサーがありました。

2014/03/28 (Fri) 12:14 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

ローズマリー、いろんな種類がありますよね!
ウチにも、今回の写真のピンク色っぽいものと、もっと水色っぽいもの、それから濃い青のもの、と3種類あります。
お花の色が重ならなくて、良かったと思います。
よく咲くのが、ピンクと水色ので、どちらも匍匐性です。
余所のお宅でも、よく咲いているローズマリーは、大概、匍匐性なのかなぁ、と思います。

カップは、そうです、前にも載せたポーランド陶器(何種類かあるかもしれませんが、こちらはツェラミカ・アルティスティッチナ)です。
一旦気に入ったとなると、そればかりです(^^;)
ウチは、以前、スパイラル・ビルで期間限定のショップが出ていて、そこで買いました。
その前から、こちらの陶器には目を付けていたので、その時はいろんな柄が揃っていて、飛び付きました。
アマゾンなどにも、結構出ていますよ。
Madu のテーブルウェアは、いろいろ素敵なものがあるので、ネットショップの方も今度ゆっくり見てみようと思います^^

2014/03/28 (Fri) 18:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment