空の表情Ⅲ / フォーレ『パヴァーヌ』

img694.jpg




img758.jpg


前に主人が撮ったフィルム写真です。
どちらも早春の頃の鎌倉です。


                 ◇


写真のイメージに合う音楽を探してみました。

フォーレ『パヴァーヌ』(Pavane)作品50。
ガブリエル・ユルバン・フォーレ(Gabriel Urbain Fauré, 1845 - 1924年)はフランスの作曲家です。
『パヴァーヌ』作品50は合唱と管弦楽のための作品で、フォーレの中期を代表する傑作だそうです。

下の動画では、フォーレ自身がピアノで弾いているようです。




                 ◇


明日は勉強会があり、職場に20人ほどお客様が見える日です。
今日は、その準備をしなくてはなりません。
主人と二人で主催している会ですが、このところ、かなり主人に頼ってしまっています。


                 ◇

                 ◇

                 ◇


関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

凛  

今日も綺麗な写真をありがとうございます。
この音楽、こういうタイトルだったのですね。
お写真の中のカップル、まさか自分たちがこんな素敵な写真の一部になっているとは思ってもいないでしょうね。

勉強会、頑張ってください。
頼れる旦那様がいるのなら頼るのもありかと^_^

2014/02/01 (Sat) 09:33 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さま

凛さん、こんにちは^^
コメントありがとうございます。

主人の写真の中から好きなものを選び、ちょっと組み合わせて、イメージの音楽を探すという作業が、結構気に入っています。
この曲は、私も今までタイトルは知らなかったんです。
ジョン・ダウランドを聴いて、「パヴァーヌ」という形式(16,17世紀の宮廷舞踏)に興味を持つようになり、探していましたら、この曲が出てきたのです。

勉強会、応援ありがとうございます。
主人が頼りがいがあるので、つい頼っています。
主人に頼られたりすると、こちらが頑張らざるを得ないのですが、最近、そういうことはないですね(笑)
せめて、お掃除とか、ちゃんとやろうと思います。

2014/02/01 (Sat) 10:37 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

こんばんは^^

素晴らしい景色ですね~!
1枚目のは海辺の2人がとても羨ましいです^^
ご主人さまのお写真も素敵ですね~。
海を見ているだけでいろんな意味で癒されそうですね・・。

フォーレのパヴァーヌ聴きました・・。
これはフォーレ自身の演奏なのですね・・。
拍子感とリズムがちょっと気になってしまいました・・。
作曲家と演奏家ではイメージの違う弾き方をする場合もあるのですね・・。
私は厳格なイメージで拍子感を大切にする曲と思っていましたが・・
フォーレ自身は結構流れた雰囲気に弾いていますね・・。

2014/02/01 (Sat) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta 様

こんばんは^^
いつもコメントありがとうございます。

主人は昔から写真が趣味なんです。
うまく人を入れて撮ると、風景だけ撮るよりも、絵になりますね。
私は、凄い混雑の中でも、誰もいないかのような写真ばかり撮っていますが・・・。

実は私はフォーレはあまり聴いたことがなく、弾いたこともなかったので、この曲も、どういう風に弾くもの、というイメージはなかったのですが、こちらの演奏は、拍子感が厳格でないから、何だか不思議な雰囲気になっているのですね。
作曲家と演奏家のイメージの違い、というのは面白いですね。
きっと、作曲家自身より、演奏家の解釈の方が優れていることもあり得るのでしょうね。
解釈学なんていう学問があるくらいですから、音楽に限らず一般的に言って、<解釈>というものには奥深いものがあるのだと思います。

2014/02/02 (Sun) 01:22 | EDIT | REPLY |   

まーさん  

いつもながら、お写真が素敵ですね^^

フォーレと言えば「レクイエム」を思い出します。
でも、ピアノ曲や室内楽の方が沢山あるのですよね。

勉強会はいかがでしたでしょうか。
何の勉強会なのか、とても気になってしまいました(^^)

2014/02/02 (Sun) 12:25 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: まーさん様

こんばんは^^
コメントありがとうございます。

まーさんは、フォーレの「レクイエム」をお聴きになるのですね。
結構、長い曲ですよね。
私もあまり知りませんが、フォーレだと「シチリアーノ」とかは、皆さんどこかで耳にされているかもしれませんね。

勉強会は、今日は珍しく私もエンジンが掛かりまして、無事終了でした^^
特に次回の内容などは、まーさんもご関心持たれるかもしれないなぁ、という気がします。
職場も、大正時代の日本家屋でして・・・
お近くだったら、個人的にお声をお掛けするところなのですが・・・。

2014/02/02 (Sun) 18:49 | EDIT | REPLY |   

ドナ夫  

こんにちは。

勉強会、いかがでしたか?
教える方にも学ぶ方にも、有意義なものになったと推察しております。

お写真の空と海のコントラストが素敵ですね。
仕事で屋内にこもりがちな自分にはとてもありがたい癒しの写真です。

寒さが続く模様、お身体にはご留意くださいね。

2014/02/05 (Wed) 17:40 | EDIT | REPLY |   

TamTam  

お勉強会おつかれさまでした。

豊かな表情の空、すてきなキャンパスですね。

Arianeさんのお住まいの近くでは空も広く
気持ちのいいお写真が沢山!

2014/02/05 (Wed) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ドナ夫さま

こんばんは^^
コメントありがとうございます。
いつも写真をお褒め頂けて嬉しいです^^

ものを教えるのは、私はずっと苦手で嫌いだと思ってきたのですが、最近ようやく、教えることを通じて、深い理解が得られる事も、でてくるようになりました。
感謝しないと、いけませんね。

昨日から、本当に寒いですね。
お気遣いくださって、ありがとうございます。
ドナ夫さまも、どうぞご自愛専一にお過ごしください。

2014/02/05 (Wed) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: tamtam さま

tamtam さん、こんばんは!
コメントありがとうございます^^

勉強会は、皆さんにお会いできるのも、楽しいですね。

海辺はやっぱり、空の広がりが綺麗で、いつも癒されています^^
今度、遊びにいらしてくださいね~。

2014/02/05 (Wed) 21:54 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

こんにちは。
1枚目のカップルのシルエットも素敵ですが、私は2枚目の波が描く模様にとっても惹かれました。空のちょっとウロコっぽくなった雲と、素敵なコントラストになってますね。

2014/02/06 (Thu) 09:23 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina 様

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

私も色彩は、二枚目の写真が気に入っています。
透明感のある水や空の色合いが、フォーレのこのピアノに繋がる感じにならないかな~と思い、こんな配置にしてみました。

2014/02/06 (Thu) 10:47 | EDIT | REPLY |   

ハゼドン  

現在と過去・・・。

2枚の写真という構成に感性を感じさせられます。

一枚目の写真には異国情緒をも漂わせています。

二枚目の写真では宮本輝の『青が散る』が連想されました。淡く懐かしく、それでいて、何も変わらない、普遍的な安心感をも表されているようです。

今の現実とかつての胸に夢を抱いていたあの頃、そんな現在、過去を二枚の写真で表されているような不思議な感覚です。

ひと時の瞑想をありがとうございます。

2014/02/06 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ハゼドン様

こんばんは^^
いつも素敵なコメントを下さいまして、どうもありがとうございます。

二枚の写真にこうした奥行のある意味合いを感じ取られるのは、ハゼドン様ご自身の感受性の深さに他ならないと思います。
確かに、二枚目が静止的で無時間的であるのに対し、一枚目は空にダイナミックな動きがあるので、それぞれの写真に、帰り来ぬ<過去>と、時々刻々と変化する<現在>という表象が伴うものかもしれないと思いました。

主人の写真が何枚となくあるので、これからもこうした組み合わせを考えようかと思っていましたが、これで音楽と、しかも演奏の仕方まで考慮に入れるとなると、大変な作業になりそうです。あまり自信はありません(笑)
皆様のご指摘を頂けると、大変勉強になります。

2014/02/06 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment