<不思議な夢>特集 ☆

1-img647.jpg



「不思議な話」というカテゴリーを前に作りましたが、本来アクセサリーのブログですので、怖い話、主観的な話、どちらも案外書きにくい感じがして、ほとんど書いていません。

今日書くのは夢の話なので「不思議」というより、単に「面白かった」というべきかもしれませんね。

しかし、妙にリアルな体感や感情を伴った生々しい夢は、実際の体験に近いというか、現実より一層強烈なインパクトがあったりはしないでしょうか。



(1)最初は、亡くなった祖父に逢った夢。

その夢には映像がありません。

ただ亡くなった祖父が目の前にいる、ということだけが分かっているという夢。
私は、下を向き、ただただ嬉しくて、泣いています。


これだけなのですが、亡くなった家族に逢うというのは、こんなに嬉しいものかと思ったくらい、夢でも嬉しかったのでした。



(2)宇宙の外に出る夢。

ある日、昼寝をしていた時、宇宙体験の夢を見ました。


夢の中で、私は宇宙を飛んでいます。
なぜか生身の体で飛んでいます。

ある所まで飛ぶと、そこから先に行ったら、もう地球には帰って来られないという、宇宙の境界のような所に差し掛かります。
そこから先は、この宇宙の<外>です。

「ええい、行ってしまえー!」と思って、その境界へと突っ込んで行きます。
物凄い衝撃です。
しばらくの間その中を飛んで行くのですが、あまりの衝撃に、やがて意識を失います。

気が付くと地上にいるのですが、見たことがない所で、どうも地球ではありません。
地球より大分広々としていて、空の色が何だか違います。
そこは居住区のようで、どうも私自身がもともと住んでいた所らしい・・・。

その後、私は何か宗教的な施設らしい場所に入って行きます。
そこでは香が焚かれているのですが、強烈な芳香に恍惚となり、繰り返し何度も意識が遠のきます・・・。

・・・

結局、また意識がなくなって、それで、その夢は終わりでした。
夢の中では、帰ってこられないのを覚悟であちらへ行ったつもりでしたが、帰って来られたわけですね。

リアルで劇的な体感と香りで、目が覚めた後も、あまりの気持ちの良さに、その後数週間エネルギーが溢れていました。
こういうのはただの夢でも、すごく得をした気分になります。

この夢は、友人がくれた「チャクラなんとか・・・」みたいな音楽のCDを掛けながら寝ていて、見ました。
あのCDにはどんな仕掛けがあって、このような夢を見たのだろうかと、不思議に思います。



(3)金縛りの夢

パリ郊外の古い一軒家(築200年くらい)に下宿していた時の事です。


明け方、目が覚めたら、金縛りに遭っていて動けません。
見ると、ベッドの足元のあたりに、直径1m弱の、ぼわーっとした白い靄のようなものが乗っています。

黒い影だと嫌でしたが白い影だったので、「ま、いいかー」と思い、金縛りでどうせ動けないので、そのまま、また寝ることにしました。


別に、異変はありませんでした。
終わり。



(4)産道を通って産まれる夢

これは主人の夢です。
主人は帝王切開で生まれていますが、後に、産道を通って産まれる(?)という夢を見たそうです。
中学生の頃らしいです。


イメージで言うと、まるで便器のような所に立っています。
中は暗くて、水が渦巻いているように見えます。

その淵に兵隊のような人たちが立っていて、「もうその時期だから、早く飛び降りろ」と急かしますが、「こんな小さな穴を通れるわけがない」、と思います。

それでも思い切って中に飛び込むと、眩しい光の中に飛び出します。


臨死体験の話に、<トンネル>を通るというものがあるのを思い出します。
<暗いトンネルを通って光輝く世界に出る>のは、生まれる時も、死ぬ時も、同じかもしれませんね。



(5)幽体離脱の夢

これも主人が見た夢で、主人の話です。


明け方です。
気が付くと、すーっという感じで、家の屋根の上に出ています。

それから、裏山の薄明の道を行くのですが、歩くように一歩一歩行くのではなく、まるで大きなシャボン玉になったような感じで、フワフワと進んで行きます。
なぜか視点が膝くらいの高さにあります。

自分では寝床から、寝巻きで裸足で出て来ていると思っているので、「こんな恰好で人に会ったら、どうしよう」、などと考えます。

頂上まで登り、上から江ノ島が見えると、海の水面ぎりぎりの所を、超高速で一気に江ノ島に向かって飛んで行きます。



img411-001.jpg


                  ◇


以前、夢で人と逢っているらしい、という話を書いたこともありました。
夢で逢いましょう


皆様も、何か不思議な夢や体験がおありではないでしょうか?


                  ◇

                  ◇

                  ◇


関連記事
スポンサーサイト

16 Comments

凛  

とても面白い夢のお話をありがとうございます。
夢、というか最初3つは、実際の体験のような気がしますね。Arienaさんは、私なんかよりもずっとそういう感度が強い方なのだと思います。

私が今思い出したのは、1回きりでしたが、過去生の様な夢でした。大和とか奈良時代のような。また機会があれば、記事にしてみたいと思います。

2013/12/11 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さま

コメントありがとうございます!

霊感や直感のようなものも、人によって感性が違うというか、得意分野のようなものがあるかもしれませんね。
私は起きている時、凛さんのように視覚的なビジョンを見ることは本当になくて、言葉も、日本語で声のように聞こえたことは数えるほどしかありません。
夢も、いわゆる“霊夢”のようになると映像がなくなり、一番目に書いたの夢のように、意味だけがありありとあるような夢になります・・・。

霊感らしい霊感は、主人の方が強くて、主人は怖い体験をたくさんしているんです。
幽体離脱の夢は、私が主人から聞いて間接的な書き方になってしまいましたが、普段通りの現実の家や近所を移動して行くリアルな感覚があったようで、寝ていて起こっているけれど、“幽体離脱の夢”というより、幽体離脱だったのかもしれません。
“金縛りの夢”もそうでしたが、寝ていて起こっていても、周りの景色が現実と寸分も違わないのは、やっぱり夢としては不思議ですよね。

凛さんがご覧になったという過去生の夢、興味深いです。
明らかに、今の日本と時代や場所が違う所にいる夢というのは、ありますよね。
その内、記事にして頂けるのを楽しみにしています!

2013/12/11 (Wed) 23:42 | EDIT | REPLY |   

まーさん  

不思議な夢を見るというお話、とても興味深く、また共感いたしました。

ワタクシも不思議な夢を見ること、多々あります。
亡くなった母が、あの世でどのように暮らしているのか、二度ほど夢に見ました(ワタクシの思い込みかもしれませんが、それにしてはものすごくリアルなのです)。誰かが上に乗っている感覚があって金縛りになった時は、次の日、親しかった知人が亡くなりました。会ったこともない人、行ったこともない場所が、繰り返し夢に出てきたりもします。予知夢みたいなのもあります。挙げるときりがありませんね(苦笑)
Ariane様の、宇宙の外に飛び出していった夢は、本当にすごいですね。ワタクシも怖い夢ばかりでなく、そんな夢を見てみたいです!多分それは、実体験なのでしょうね。驚きです!!

2013/12/12 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: まーさん様

コメントありがとうございます!

うわー、まーさんも不思議な夢をたくさんご覧になっているのですね!
とても興味深く、もっと詳しくお聞きしてみたくなります。
まーさんも霊感体質でいらっしゃいますよね。
全体の4%くらいの方が霊感体質だと聞いたことがあります。

実家の母も亡くなった祖母の夢を見たらしいのですが、生きていた時の関係と違って、ものすごく居心地が良かった、みたいな事を言っていました。亡くなった人と本当に会っているんじゃないか、という気がする夢、ありますよね。

それから、父が若い頃、身体から魂が抜け出て、天井のあたりから自分の身体を見下ろしているという夢を見たことがあるらしいのですが、ちょうどその日に、隣のおばあさんが亡くなられたとか・・・。この関係がどうなっているのか分かりませんが、まーさんのお話をお聞きして、思い出しました。

行ったことのない場所が繰り返し出てくる夢は、私もわりと若い頃、よく見ました。
でも、それは怖い夢なんです。
夢の中で、「ああ、またこの場所か」、とか思うんですよね・・・。

2013/12/12 (Thu) 10:45 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

こんにちは^^
夢の話・・そんな体験私もあります・・。

中学生の頃は週に何度も金縛りにあっておりました・・。
怖くて声が出なくなりますが・・重たい何かが私の上に乗っていて恐怖を感じる日々でした・・。

高校生になっても・・大学生になっても・・・・
実家にいる時は・・金縛りは続きましたね~。
今は全くなのですが・・。

私の左目は・・3歳ごろから物貰いになりやすい体質で
小さな頃から左目に出来た物貰いの手術を何度も繰り返してました・・。
他の子はならないのに・・何故自分だけ?と言う感じでしたが・・
この13年前に今の家に引越ししてすぐの頃・・
再び実家に行き来するようになりましたが・・そこでまた久々に両目物貰いになり
両目とも物貰いを取る手術を受けましたが、それ以来・・2度とならなくなりました・・。

実家ですが・・私は昔から何かがいるような気がして・・凄く怖いのですね・・。
霊感と言いますか・・実家にいるとしんどくなるので・・里帰りなどできません・・。
昔から早く家を出たくて結婚しましたが・・もうちょっと良く考えて結婚するべきでした・・。

今でも・・時々・知り合いなどが亡くなったりすると・・
時々・・夜に・・・どきっとしたり・・何かを感じてしまうのです・・。

それから、亡くなった祖父も夢に時々出てきた事がありますね~。
何故出てくるのか分からないのですが・・
父と母より私の夢によく出てくるようでした・・。

他にも子供の頃、小さな架け橋を渡ろうとしたとき・・急に自転車ごと川に倒れそうになり・・あきらめた瞬間・・ふわっと戻り・・落ちなくて済みました・・。恐怖で震えていました・・。
何故あきらめておちると思った時にふわっと戻ったのか?今でも分かりません・・。

それと・・今も尚、実家が怖くて・・あまり帰りたくないのです・・。
何かいるのかもですね?
母には私は感じやすい体質と言われています・・。苦笑

それから・・直感といいますか・・どうかしら?
気がつけば・・最近とても合うかも?と思った人とご縁があったりしています・・。
初めてお会いしたのに・・随分昔から知り合いだったかの様な・・安心感ともうしますか・・。不思議な感覚です・・。

2013/12/12 (Thu) 13:50 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta 様

こんばんは^^
興味深いコメントをくださって、どうもありがとうございます!

Violetta 様も霊感体質なのですね~。
どうも、感じるという方と感じないという方と、はっきり分かれるような気がします。
霊感体質で、いろいろ受けてしまって疲れやすい、ということもあったりするかもしれません。
私なんかはそういう体質でして、とにかく受けないようにバリアを張ったりしています。
石を身に着けて気合いを入れて出掛けるのも、私の場合、結構、バリアを作るためだったりします。

亡くなられたお祖父様が、お父様やお母様より Violetta 様の夢に出ていらっしゃるのも、Violetta 様の方がそうした感性をお持ちだからかもしれませんよね。

それにしても、ご実家が怖いというのは、困りますね・・・。
ご実家にいらっしゃると物貰いになったり、金縛りに遭ったり、というのは、何か意味があるのかもしれませんね。
何かいる、というのかどうか、私には分かりませんが、オーラ(?)が暗くて、妙にシンとした寒い感じがする場所というのが、時々ありますね。日陰か日向かにかかわらず・・・。
鎌倉などですと、そういう所がたくさんあるんです。
それで歩いて行って、「あ、明るくなった」と思うと、近くに神社やお寺、碑などがあったりします。

お子さんの時、自転車ごと川に倒れそうになって諦めた瞬間、ふわっと戻ったというのは、本当に凄い体験ですね!
そうした事例は、他にも聞いたことがありますが、よほどご神仏に護られていらっしゃるのだと思います^^

なぜかご縁を感じて、昔からの知り合いのように感じる方というのは、いますね~。
前世のご縁というのでしょうか・・・。

2013/12/12 (Thu) 18:58 | EDIT | REPLY |   

ひかり  

おはようございます
ひかりです

素敵な夢のお話しで、ありがとうございます^_^

夢とは言え、良く宇宙の境界を行きましたね!

私には多分行く勇気はありません(^_^;)

私は良く、怖い人に追いかけられる夢を見ますw

本気で逃げます!
その時は凄く足が遅いんです(≧∇≦)

でも捕まってしまえっては思えないです
逃げきりますw

宇宙の夢を見てみたいです!

その後もエネルギーで満ち溢れてたなんて羨ましいです

又不思議な夢のお話し、ありましたらお願いします

ひかり

2013/12/13 (Fri) 10:17 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ひかり様

ひかりさん、こんにちは^^
コメント嬉しいです。
どうもありがとうございます^^

怖いものに追いかけられる夢というのは、よくある夢のパターンの一つですよね。

ひかりさんは、神秘十字線があったり、両手に仏眼相があったりするところを見ても、ご神仏に深く守られていると思います。
ですから、今度追いかけられる夢を見たら、大丈夫だと思って「怖い人」に立ち向かって行ってみると、きっと面白いことが起こりますよ!
ぜひ試してみてください^^

2013/12/13 (Fri) 12:57 | EDIT | REPLY |   

catcat  

私には霊感はなさそうなので不思議な夢というのは見たことないのですが子供のころ何度も見た夢があります。
ひとつは高い場所から足を走るように動かしながら飛んで近所を飛び回るというもの。足さえ動かしていればどこまでもいけるので楽しい夢です。
もうひとつは家の庭や道に小さな青いアマガエルがたくさんいてぴょんぴょんとびはねているので怖くて外に出られないという夢。これは実際雨の日の学校の帰りアマガエルが道に居ると怖くて
動けなくなって泣いていたのを思い出します。

2013/12/17 (Tue) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: catcat 様

catcat さん、おはようございます^^
コメントありがとうございます!

子供の頃や若い頃、繰り返し見た夢ってありますよね。
私も空中を移動する夢はよく見ました~
私の場合は、ちょうど平泳ぎのようにして泳いでいくのですが、「ああ、こうして飛べるんだ~」とか思うんです。
楽しいですよね!

アマガエルは、可愛いんじゃないか、というイメージもありますが、たくさんいたりすると、ちょっと怖いかもしれませんね。
お子さんが見そうな夢という感じがして、可愛いらしいですね。

2013/12/17 (Tue) 08:44 | EDIT | REPLY |   

eiko  

とても面白い記事で興味深く読ませていただきました。
夢の記憶がこんなにはっきりとあるんですね。
最近は夢を見たかどうかもわかりません。
宇宙の外に出る夢面白いですね。
私も夢でいいので体験したいです。
夢から覚めたあとの余韻で幸せになれるお得な夢のお話で私もそういう夢を2.3回見たことを思い出しました。
いつも私の後ろに立っている男の人の夢です。
大丈夫だから行ってごらん、というようなことを言って私を前に押し出すんですが、その人がいると不思議に勇気が湧いて、幸せな気持ちになれるのです。
顔も声もわからないですが夫ではありません。
あと小さい時は父が死ぬ夢を何回も見ました。
それもトラに食いつかれて死ぬんです。
この夢は何度も見ました。
小さい頃って同じ夢を何度も見ませんか?
泣きながらいつも目が覚めるのでした。
父だけでなく家族が死ぬ夢は数えきれないくらい見ました。
損な性分です。
夢は過去世とも関係あるのかもしれませんね。
亡くなった人に会えたり、時間軸が現実とは違うんでしょうね。


2013/12/17 (Tue) 17:07 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko 様

eiko さん、コメントくださって、どうもありがとうございます!
ブログをチェックできなくて、お返事コメントが遅くなってしまって、ごめんなさい。

「後ろに立っている男の人」の夢、面白いですね!!
まさに背後霊そのものなんじゃないでしょうか?
誰にも、いつも見守ってくれている霊的な存在があると言いますよね。
最近、アニータ・ムアジャー二さんという方が書いた『喜びから人生を生きる!』という臨死体験の本を読んだのですが、人の魂は肉体を離れると、自分を見守っている霊的な存在に逢うようですね。
この本、とても良い本なので、オススメなんですよ!

子供の頃って、同じ夢を繰り返し見ると、よく聞きます。
私は、わりと大きくなってからでしたが、繰り返し見る夢は、何だか意味ありげで怖いことが多いですよね。

思わず、過去生?と思うような夢は、私もありました。
実は私、過去生、ちょっとは覚えているんです。

夢の中って、神秘の世界に通じていて、それが現実に符号していたりすると、驚嘆を禁じえません。
日常が退屈になると、なんか面白い夢見ないかな~っと思うのですが、最近は見ませんね(笑)

2013/12/18 (Wed) 23:25 | EDIT | REPLY |   

eiko  

過去生を覚えているなんてすごいですね。
私は自分の過去生を聞いたことがありますが、へえ、ふうん、と他人事でした。
聞いたら思い出すと思ったんですけど・・・
過去生もたくさんあると思うのですが、いくつか思い出されましたか?
私の友達は3つくらい覚えているそうです。

面白い夢みたいですねえ。

2013/12/20 (Fri) 23:52 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko 様

eiko さん、こんばんは。
霊能者のような方から自分の過去生を聞いても、自覚としては然程ピンとこない、という話はよく聞きますね。
私も、eiko さんのお友だちと同じで、三つ覚えています。
十代後半にちょっとした体験があって、それがきっかけで思い出したんです~。
その内の二つは、後からいわゆる霊能者の方からも、大体符号するようなことを言われえて、やっぱりそうよね、と思いました。
その三つの過去生は、私の今の人生ととても深く関係していて、そこからいろんな記憶や感情など湧いてくることがあります。

2013/12/21 (Sat) 00:33 | EDIT | REPLY |   

コウコ  

<不思議な夢>の話ですが、興味深く拝読いたしました。
Arianeさんとご主人、そしてコメントの方々も不思議な夢の体験
をなさっていますね。
私も80分の手術中に見たのですが、いつか書いてみたいと
思いました。Arianeさんのお陰で思いださせて頂き
ありがとうございました。

2013/12/22 (Sun) 22:12 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: コウコ様

コメントありがとうございます^^

80分の手術中・・・ということは、全身麻酔ですよね。
それは随分興味深いです!
いつかブログに書いて頂けるのを、楽しみにしております。
私も小学生の時に、全身麻酔で手術を受けたことがありましたが、とても夢を見るような感じではありませんでした。

上のコメント欄でご紹介した『喜びから人生を生きる!』という臨死体験の本では、昏睡状態で、病室から離れた廊下で家族と医者が話していた会話を聞いていて、しかもそれが事実と一致していたという話も出てきて、人間の意識というものは、不思議なところがいろいろあるものだと思いました。

2013/12/23 (Mon) 01:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment