--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15
2013

ネックレスの重ね着け / 小澤真智子ヴァイオリン・コンサート / ショパン:ワルツOp 64-2

IMG_2244-002.jpg




IMG_2298-001.jpg


今日はこの前のコンサートの話も載せて、全体が長めの記事になってしまいましたので、、ショパンのワルツでもお聴きになってご覧頂ければ幸いです。
私の母が好きな曲で、昔、実家にいた頃、よく母に頼まれて弾いた曲でした。






重ね着けにオススメなのが、こちらのペリステライトのネックレスです。
写真だと分かり難いですが、ペリステライトは角度によってブルーの光を放つ石です。

こちらのネックレスは2 way で、一番上の画像のように二連にも、下の画像のように一連のロングネックレスにもなります。


IMG_2211-002.jpg


ペリステライトは、ムーンストーン、ラブラドライトと同じグループの鉱物で、鳩(ペリステラ)の羽の輝きから、この名前が付けられました。

IMG_2176-001.jpg


上の画像は、新作の2way パール・ネックレスと一緒に着けたところです。
私がこの前、旅先のディナーで、水玉のワンピースにしていたのも、この組み合わせです。



下は、オニキスとパイライトのネックレスと重ね着けした着用例です。

これは、私も欲しくなってきました。


IMG_2261-001.jpg



IMG_2301-002.jpg



ジェットのネックレスと一緒に。

IMG_2180-001.jpg




ジェットは、松柏類樹木の化石化したものです。

IMG_2230-001.jpg




IMG_2325-001.jpg



ネックレスの重ね着けは、ゴージャスで華やいだ感じになりますし、組み合わせを変えることで、いろんな演出を楽しめます。

Fil d'Ariane ◇ Necklace


                           ◇



先日「アルゼンチン・タンゴ」を取り上げた際にご紹介させて頂きました、小澤真智子さんのヴァイオリン・コンサート、11日に行ってまいりました。
素晴らしかったです。

バッハ「パルティータ」からガボットとロンド、バルトークの「ルーマニア民族舞曲」、そして後半はタンゴという構成の今回のコンサートは、踊りの音楽が集められたものでした。
コンサートのタイトルも、Danzarín (踊り子)。
演奏曲目の一つ、フリアン・プラザの曲名から取られたタイトルです。

そういえば、クラシック音楽にも、踊りの音楽がたくさんあることに気が付きました。
上の YouTube のワルツも、もちろん舞曲ですよね。
音楽とダンスとは、根源が一緒なのかもしれませんね。
その両方の源泉からの表出というのが、小澤真智子さんのテーマでもあるんじゃないか、と思いました。

ヴァイオリン演奏の途中で彼女のタップダンスが入ると、私はいつも、思わず感動して泣いてしまうんですよねぇ。。。
どうしてこんなに胸打たれるのか、不思議です。
クラシック音楽出身の方が、コンサートの舞台でタップダンスをするというのは、すごい勇気の要ることだったんじゃないか、と想像します。
そうした壁を突き抜けたところがあるから、彼女の「タップ・ヴァイオリン」は感動的なんじゃないか、とも思いました。

最後は歓声が飛び交う中、満場の拍手で、アンコールが二回。
会場一杯の凄い数のお客さんたちでしたが、皆さん大満足のご様子で帰途に就かれていました。


関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

凛  

本物をみるとなぜか胸の奥から涙がこみ上げる気持ち、わかります。音楽、芸術、スポーツ、伝統工芸、どの分野でも経験があります。そういった人の心を震わせられるものには、魂がこもっているのでしょうね。
最近、そういった魂を込めた仕事ができていないなぁと思い少し自分に苛立つ今日この頃です。

ネックレスの重ね付けもとっても素敵ですね。
来週会社のフォーマルパーティーがあるのに、そういえばネックレスがないーと慌てているところでした(笑)

2013/11/15 (Fri) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さま♪

コメント下さって、どうもありがとうございます^^

魂の本源から発するものに触れると、自分の魂の本源に引き戻されるように思います。
私は、そういうところからも、万有の魂は根源のところで一体で、それぞれ末端の部分で、個々の身体に宿っているという考えなんです。

私は自分でも意外なほど、コンサートなどで泣くんですよねぇ~。
でも、伝統工芸を見ても泣ける、というのはすごいと思います。

オーストラリアの会社のフォーマルパーティー、どんななんでしょう^^

2013/11/15 (Fri) 23:40 | EDIT | REPLY |   

eiko  

どれも素敵ですね!
重ねることでどんどん新しい表情が出てくるのがわかりました!
重ね着も重ね付も苦手な私ですが、こうして見せていただけるとイメージが膨らみます。

素敵なコンサートだったようで、読んでいる私も感動しそうになりました。
演奏もしてタップも踊られるんですか?
凄いことです。
それは観ている方も感動興奮しますよね。

2013/11/16 (Sat) 12:47 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko さん♪

コメントありがとうございます!
シンプルなネックレスの重ね着けは、一段とクラシックな雰囲気になるので、最近とても気に入っていて、重ね着けばかりしています♪
それでオススメしたいな~と思い、今回のセールは、すごい予定外の行動です。

小澤真智子さんは、幼少の頃からバレエもなさっていたそうですが、知り合いの方のお話だと、バレエの才能も抜群だったそうです。
タップ・シューズを履いて出ていらっしゃる時は、ヴァイオリン演奏の合間に、タップダンスが入るのです。
ここが盛り上がるところ、と思って聴き始めるわけではないのですが、いつも思わず、息が止まりそうになります。

2013/11/16 (Sat) 18:34 | EDIT | REPLY |   

yuccalina  

ミュゼットのような

こんにちは。私はフィギュアスケートを見るようになってから、クラッシック音楽を見直した人間なので、ダンス音楽との関わりについては思うところが大きいですね。ショパンのワルツを聴いていたら、ピアノの代わりにあこーでぃおんで弾いたら、きっとミュゼットみたいな曲なんだろうなー、と想像してしまいました。カルメンのハバネラとかもダンス音楽ですね。とか考えてみるとピアソラがクラッシック的だったことも、決して大衆音楽からかけ離れてた訳じゃないのかしら?とか、思ったりします。

2013/11/16 (Sat) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yuccalina 様♪

こんばんは^^
コメントありがとうございます。

本当に、音楽と舞踊の関係は密接なんでしょうね。
クラシック音楽の演奏には、間の取り方が大切ですけれど、ボールルーム・ダンスをやっていた父なんかの話だと、ああしたダンスでも、正確なリズム通りに踊るというより、多少ステップに幅を持たせるところに、踊りの魅力が出るものらしく、それは確かに見ていても分かる気がしました。
そうした感覚まで含めてリズム感というのだとすると、音楽と踊りは一緒だなぁ、と思います。

ミュゼット、今まであまりわざわざ聴いたことがなく、よく知らないのですが、聴いてみると良いですね!
Valse Musette (「ミュゼット・ワルツ」と訳せば良いのでしょうか)という形式がありますか?
起源を調べてみたら、本当に yuccalina 様の想像される通りかもしれませんね^^

2013/11/16 (Sat) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

こんばんは^^
素敵なアクセサリーですね!
重ね付けして・・更にゴージャスに。。。
大人っぽいシンプルなファッションに合いそうですね・・。
コンサートで感動できるって・・すばらしい演奏だったのでしょうね。
(このところコンサートで中々感動できずにいます・・。)
ダンスを踊られるのも素敵ですね・・。

2013/11/17 (Sun) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta 様♪

こんばんは^^
アクセサリー、お褒め頂けて嬉しいです^^
ココ・シャネルがパールのネックレスを何連にもしている写真があって、素敵だな~と思うのですが、天然石のネックレスも白っぽい色のものだと、結構華やかな感じになるのではないかと思います。

コンサートは、最後は会場全体が熱気に包まれた感じでした。
ヴァイオリン演奏とタップダンスって、ちょっとイメージ湧きにくいと思うのですが、観るというか、聴いてみると、ダンスも音楽だというのを実感する感じなのです。。。

2013/11/17 (Sun) 22:30 | EDIT | REPLY |   

ドナ夫  

いつもながら、素敵なネックレスですね。
ペリステライト、持ち主にしなやかさを与えるとともに、女性らしい魅力をさらに高めてくれそうですね。

男は泣くなと育った世代なので、コンサートや映画での感動が、涙になかなか繋がらないのですが、感動は、心の栄養になりますよね。
生で音楽を聞きたい気持ちになってきました。
機会を作ってコンサートに行きたいなと思います。

2013/11/18 (Mon) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ドナ夫様♪

こんばんは^^
ネックレス、お褒めくださって、どうもありがとうございます。
ドナ夫様は、パワーストーンの事もよくお分かりなのですね!
おっしゃる通り、ペリステライトはムーンストーンと効果が似ているんじゃないかという説があるようで、私も、女性性を高める作用があるんじゃないかと思います。
しなやかさを与えるという働きもありそうですね^^
見た目は、ムーンストーンやラブラドライトよりも華やかな石です。

男性は、泣いてはいけないから、大変ですよね。
涙には浄化効果、ありますよ~^^
でも本当は、人のいる所で涙を流すのは、女でも結構恥ずかしいので、出来るだけ人に気づかれないように泣くのです・・・。

2013/11/18 (Mon) 22:35 | EDIT | REPLY |   

まーさん  

素敵ですね

Ariane様のネックレスはいつもとても素敵なので、ため息が出ていまいます。最近ロングネックレスにハマっているので、ペリステライトのネックレスはすごく気になります。2wayというのも魅力です。
ネックレスの重ね付け、色々なパターンを見せていただいて、とっても参考になりました^^早速実践してみます!

小澤真智子さんのヴァイオリン・コンサート、素晴らしかったのですね。
ワタクシもコンサートや映画、お芝居などで、号泣してしまうタイプです(笑)特にクラシックのコンサートでは、泣かない時の方が珍しいような・・・(汗)
素晴らしい芸術に出会った時は、本当に心が洗われるようです。

ところでAriane様がご紹介してらしたショパンのワルツ、ワタクシも好きで実家にいる頃はよく弾いていました!!

2013/11/22 (Fri) 11:34 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: まーさん様♪

コメントありがとうございます!
ロングネックレスは、クラシカルで良いですよね。
ネックレスの重ね着けは、素材などに共通点があると合わせやすいんじゃないかと思います。
ヴァリエーションが広がりますので、試されてみると楽しいですよ^^

まーさんもコンサートや劇場などで号泣される方ですか(笑)
私もクラシックというと、たまにどうかすると、「ウワー」っと泣きたくなってしまうことがあります(笑)
自分でも、そんなに泣かなくても良いのに、と思うのですけれど・・・。
音楽は特に、感情にダイレクトに響きますね。

まーさんもこちらのワルツ、よく弾かれていらしたのですか。
これも人気の曲かもしれませんね。
結婚披露パーティーの会場にピアノがあって、この曲はその時に弾いたという、恥ずかしい思い出が・・・^^;
母が好きだったものですから。

2013/11/22 (Fri) 13:39 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

Arianeさま こんにちは^^
ネックレスの記事を拝見させていただいていました。
気軽につけれるタートルネックのセーターに合う様な物作っていただくことは可能でしょうか?
こちらの画像、一番下のロングネックレス良いですね~。
この長さのネックレスが欲しいのです。
全く同じデザインで、無くて違うデザインでも構いません。
普段使い出来るようなの物が欲しいのです。


ちなみにタートルのセーターの手持ちの色は、
黒、赤、土色、薄いピンク、エンジ色です。
何色にでも合うような雰囲気の物を探しています^^
使用の石は選べるのでしょうか?

全然急ぎませんので・・時間のある時によろしくお願いいたします~。^^

2014/11/10 (Mon) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta さま

Violetta さま、こんばんは^^
過去記事までご覧くださって、どうもありがとうございます。
こちらのロングネックレス、お気に召して頂けたようで嬉しいです。
後ほど、改めてメールでご案内させて頂きますね^^

2014/11/10 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。