鎌倉長谷◇イタリアン◇Symposion / ショパン:バラード第1番

今日は、お友だちにお誘い頂いて、去年、鎌倉長谷に出来たイタリアン、Symposion (シンポジオン)に行ってみました。
古民家を改装したお洒落なお店です。


IMG_1612-001.jpg



魚介の軽いマリネ スペルト小麦と小海老のサラダ仕立て

IMG_1605-001.jpg



モンサンミッシェル産ムール貝で和えたトリポリーニ

IMG_1606-001.jpg



えぞ鹿のロースト 赤ワインソースと林檎のピュレ

IMG_1607-001.jpg



デザートのチョコレートケーキ

IMG_1609-001.jpg


素材を生かしたお料理で、塩分やオイルも控えめで、とても美味しく頂きました。
落ち着いた雰囲気の店内で、お友だちとのお喋りもはずみました。
こんな素敵なレストランに入って、コースのお料理を頂いたのは、随分久しぶりです。

江ノ電長谷駅から海の方に向かう通りの、左手にあります。

ちなみに Symposion は、一緒にお酒を飲むことを意味します。
同じ語源で、討論会の一形式にシンポジウムというのがありますが、そちらの方は味気ないものが多いですね。


                           ◇


今日の昼間は、来週25日(金)~27日(日)に鎌倉で行われるチャリティー・イベントに出品する作品を選んでいました。
これに、バッグチャーム等、他数点持って行こうと思います。


IMG_1599-001.jpg


私も少しでも被災地支援のお役に立てれば幸いです。


                           ◇


今日はまた、ショパンが作曲し、ヴァイオリニスト、イザイが1919年に編曲したバラード第1番が、日本の音楽家によって約一世紀ぶりに日の目を見たというニュースを聞きました。

シューマンは、ショパンの曲の中でバラード第1番が最も好きだと言ったそうですが、私もとても好きだった曲で、久しぶりに思い出して聴いてみました。
この曲は、私も昔習ったはずですが・・・もうピアノ自体を手放してしまいました。
弾いていませんし、狭いし、調律代がかかりますので。

演奏は、クリスティアン・ツィマーマン(Krystian Zimerman)です。






                           ◇

                           ◇

                           ◇



関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

ハゼドン  

おはようございます。

Ariane様

イタリア料理を古民家で、この着眼点に趣を感じさせますね。
日本で頂くイタリア料理ですから当然素材は日本、鎌倉近海での新鮮なものが中心、ということになりますよね。やはり古民家が合うようです。

お写真からの印象は、女性向け、しかも少々洗練された感じの、そんなお客様向けでしょうか。

今後はAriane様御用達のお店になりますでしょうか。

2013/10/20 (Sun) 08:43 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ハゼドン様♪

おはようございます。コメントありがとうございます!

近年、鎌倉では古民家をお洒落に改装したお店が増えています。
うちのすぐ傍に、そうしたケーキ屋さんもあるんですよ。
こちらのイタリアン・レストランでは、お察しのように、三浦漁港のお魚や鎌倉野菜を中心にしているようで、鎌倉のイメージにも合ったお店です。
盛り付けも洗練されていて、少しずつの量に見えて、結構お腹一杯になりました。

長谷は観光スポットで、大仏や長谷寺などがあり、お客様がお見えになった時にご案内できるお店ができました。

2013/10/20 (Sun) 11:01 | EDIT | REPLY |   

Violetta  

はじめまして!

今日はご訪問コメントありがとうございました。

鎌倉の素敵な古民家でのイタリアンですか。素敵ですね~。、
素材を生かした塩分控えめなお料理・・美味しそうですね・・。
私も頂いてみたいです~♪
鎌倉は遠いので残念です。。苦笑

チャリティー・イベントに出品されるアクセサリー、凄く素敵です。
飴色と赤色のアクセサリがこれからの季節に良いですね。

バラード1番、私も好きな曲です。

かなりレベルが高い曲ですが・・弾かれた事あるのですね~。
素晴らしいですね^^

2013/10/21 (Mon) 16:13 | EDIT | REPLY |   

凛  

おめでとうございます!

遅ればせながら、お店の二周年記念、
おめでとうございます!
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ symposion!

素敵なお店ですね〜。
こんな繊細なお料理は、こちらではすごく高級店に行ってもなかなかおめにかかれないうえに、
最近は高級店にもいけませんので、
写真を見ているだけでため息(及びヨダレも)が出てしまいます。
こういうお店は、女性のお友達と行くのがいいですよね。
男性と行くと、量が少ないとか言われそうなので(笑)

Ariena様の生活は、優雅な香りで、ブログでおすそ分けしていただくだけでも、心が潤います。
いつか行きたいなぁ〜。

2013/10/21 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   

ドナ夫  

アクセサリー素敵ですね。

いつも素敵なお店や品々をご紹介くださり、ありがとうございます。
古民家に洋食、素敵な和洋折衷ですね。
こういうハーモニーは、心が弾みますよね。
味気ないシンポジウムばかり行くことが多いので、こういうシンポジウムに一度でも行ってみたいと思いました。(笑)

チャリティー・イベント向けのアクセサリーも素敵ですね~。
素敵なイベントになるよう祈っていますし、そうなると信じています。
ぜひ、イベントを楽しんでくださいね。
そして、その笑顔が、被災地への更なる一助となるよう願っております。

2013/10/21 (Mon) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: Violetta 様♪

こんばんは!
コメントくださって、どうもありがとうございます。
アクセサリーも、Violetta 様のようにお洒落な方からお褒め頂きますと、大変嬉しいです。

こちらのお店はうちの近所なのですが、お友だちに教えて頂くまで気がつきませんでした~
鎌倉は新しいお店が増えていますし、どこが美味しいのか、雑誌の鎌倉特集などご覧になっている方のほうが、お詳しいかもしれません。

Violetta 様もバラード第1番お好きですか?
バラードはショパンの曲の中でも抒情的ですが、第1番はとりわけ盛り上がりますね。
昨日、お客様からメールで教えて頂いて初めて知りましたが、バレエ「椿姫」の「黒のパ・ド・ドゥ」が、この曲なのですね!

こちらこそ、拙いブログですが、これからもどうぞよろしくお願いしますね^^

2013/10/21 (Mon) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 凛さま♪

コメント&お祝いのお言葉、どうもありがとうございます!

こちらのお店のお料理は、盛り付けも、お味も、ちょっとフランス料理みたいに繊細でお洒落な感じがしました。
でもイタリアンですので、ご予算的には(一般的な基準で言うと)然程でもないんだと思います。
ランチなんかだと入りやすいですよね。
私はお腹一杯食べるのが好きではないので、この量で十分でしたが、そういえば、男性はどうなんでしょうね?
あ、でも美味しいパンも付きます。
本当に、いつか来て頂けると良いですね^^

こちらのブログには自分が好きなものだけ載せているので、優雅に見えるかもしれませんが・・・実生活には好きじゃないものも、たくさんあるんですよ~(笑)

2013/10/21 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: ドナ夫様♪

いつも温かいコメントをくださって、どうもありがとうございます^^

ドナ夫様も、味気ない方のシンポジウムによく行かれるのですか?
話題にもよると思いますが、シンポジウムはいろんな分野の専門家なんかが集まってしまうと、会場がまとまらなくて、盛り上がりませんよね。
こちらの<シンポジウム>は盛り上がりますよ、おススメです!

アクセサリーもお褒めくださって、ありがとうございます。
どうにかイベントに間に合うよう準備ができましたが、台風に直撃されなければ良いな、と思っています。
主催者の方が、普段から被災地支援にとても熱心な方で、私も少しでもお役に立てるよう頑張りたいと思います!

2013/10/21 (Mon) 22:50 | EDIT | REPLY |   

eiko  

素敵なお店ですね。
こういうところでとるお食事は、時間もゆっくり流れていくような気がします。
日本家屋ってイタリアンにもフレンチにも、北欧のものにもよく似合うと思います。
それだけ懐が深いのでしょうね。
アクセサリーも実物を拝見するのを楽しみにしております。

2013/10/24 (Thu) 20:12 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko さん♪

コメントありがとうございます!
日本家屋で洋風のものを扱うのも素敵ですよね。
洋食もまたちょっと違った趣きになって、ちょっとくつろいだ気分になります。
わりあい若い方たちの中に、日本の古い民家の良さを活用される方が増えているかもしれませんね。

Cotto でお会いできるのを楽しみにしていますね!

2013/10/24 (Thu) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment