マイケル・ジャクソンを偲んで

img748-1.jpg


今日、6月25日はマイケル・ジャクソンの命日ですね。

子供の頃からスターだった人ですが、子供らしい子供時代を過ごせなかった人というのは、逆に大人になってからも、どこか子供のような心を持ち続けていることがあるように思います。

晩年は裁判沙汰になり、ずいぶん気の毒だと思いました。
私がマイケル・ジャクソンに初めて興味を持ったのは、あの時でした。
罪のない人ほど、脇が甘くなることはあるでしょうし、そうした人が大金を持てば、いろんな人たちに付け込まれるものだという、基本的な枠組みはあったことでしょう。

マイケル・ジャクソンの魂の偉大さは、彼が亡くなった瞬間に、皆が改めて心に感じたのではなかったでしょうか。
感謝とも感動とも言える想いを新たにした人たちが、あのとき数知れずいたように思います。

マイケルがはじめてムーンウォークをやった時のものだという映像があり、私はそれが気に入っています。
後のもので、技術的にもエンターテイメントとしてもより洗練されたものがあるのだと思いますが、何かが形になる時の新鮮で飛躍的なエネルギーに、私は魅力を感じます。







【追加】
それから私が好きなのが、こちらです。




数人で同じ振付で踊っている時、マイケルがひときわ上手いんですよね。
最小限度に必要な動きで綺麗に見せているし、どうしたらベストに見えるか熟知しているんでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment