--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2013

60年代風アクセサリー&60年代フレンチ・ポップス

IMG_8564-001.jpg



IMG_9442-001.jpg



夏に気軽に身に着けられるアクリルビーズのブレスレット。

同じ形と大きさのホワイト・オニキスで作っても見た目は殆ど区別がつかないと思うのですが、重くなりそうなので、さしあたりアクリルビーズにしました。

下は、お揃いのイヤリング(ピアス)。



IMG_8588-001.jpg



              IMG_9275-002.jpg



IMG_8641-001.jpg


たとえばワンピースがわりと人目を引くように、アクセサリーもシンプルで部品の大きなものは、わりと華やかな印象になります。

60年代風オフホワイト・アクリルビーズ・ブレスレット


大好きな60年代を偲んで、当時大流行したフレンチ・ポップスを三曲ほど付けておきたいと思います。

Sylvie Vartan2

まずは、Sylvie Vartan シルヴィ・ヴァルタンの"La plus bell pour aller danser"(1963年) 。
「今夜あなたとダンスに行くために、私、誰よりも綺麗になるの。・・・」といった内容の歌です。
シャルル・アズナヴールが手掛けている曲で、日本では、この曲が使われている映画から『アイドルを探せ』という邦題で知られました。
歌われている場所は、Le Tabou という、1947年に始められたパリの地下酒場(cave)で、当時の実存主義者たちのたまり場だった所のようです。
年若いジュリエット・グレコもここの常連で、話題になっていたそうです。
この映像の中のシルヴィ・ヴァルタンは、そうした時代に対して現代のアイドルとして扱われていますが、今1960年代を振り返ると、随分昔に見えますね。




上の YouTube が削除されていたので、こちらを付けておきます。






Poupee de cire, poupee de son

France Gall フランス・ギャルの"Poupée de cire, poupée de son"(邦題『夢見るシャンソン人形1965年)。
セルジュ・ゲンズブールの作った曲で、第10回ユーロビジョン・ソング・コンテストでグランプリを獲得。
"Poupée de cire" は「ロウの人形」、"poupée de son" の "son" は「(詰め物用の)おがくず」と「音」の両方の意味がありますが、「(たくさんのレコードになって)声のかけらが無数に散って、私は同時にあちこちにいるの」と歌っていますから、「音」という意味がきいている感じがします。
岩谷時子さんが「夢見るシャンソン人形」と訳されたのは、なるほどと思います。
「人形」というのも、「アイドル(idol =偶像)」の隠喩なのかもしれませんね。

France Gall - Poupée de cire, poupée de son



Vicky Leandros ヴィッキー・レアンドロスの"L'amour est bleu"(邦題『恋はみずいろ』1967年)。
「青」と言うと何か哀しい感じがしますが、むしろ恋の喜びが青空のイメージで歌われています。
フランス語の歌ですが、ヴィッキーという歌手はギリシャ人でドイツを拠点に活躍した人だったようです。
どこか力と伸びのある歌い方で、今更ながらに繰り返し聴きたくなりました。
この曲はポール・モーリアの編曲で大ヒットし、その後多くの人たちによりカバーされました。
英語ヴァージョンもあり、さきほどのシルヴィ・ヴァルタンも歌っていますが、歌詞の内容が違っていて、「青」は悲しみの「青」です。
英語ヴァージョンでは、恋の喜びよりもむしろ苦しみの方が歌われており、青、赤、緑、グレーなど様々な色彩で、女性の切ない気持ちが表現されています。
ちなみに、この曲のドイツ語ヴァージョンや日本語ヴァージョンも聴いてみたら、「青」は海や青空の青で、明るいイメージのものでした。

ヴィッキーが歌っているフランス語ヴァージョンを付けておきます。





関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

ドナ夫  

Ariane様

白いアクセサリーとイヤリング素敵ですね。
癒しの効果を考えるとパワーストーンの力は絶大かと思いますが、最近の暑い陽気やおしゃれなどの面を考えると、軽い素材で作るという選択肢もあるのですね。
勉強になりました、ありがとうございます。

2013/07/12 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

ドナ夫様

ありがとうございます!
アクセサリー、お褒め頂けて嬉しいです。
普段は天然石のアクセサリーを作っているのですが、たまには天然石でない気楽さもあるなぁと思います。
ドナ夫様がブログでご紹介くださっているワークも、試してみていますよ。
私はグラウンディングの方法がとても気持ちが良いと思いました。

2013/07/12 (Fri) 22:40 | EDIT | REPLY |   

ドナ夫  

グラウンディングを試していただき、ありがとうございます。

Ariane様

ワークを試していただき、ありがとうございます!
グラウンディングやセンタリングは、多くの方に試していただきたいなぁと常々思っているので、とても嬉しく思います。
海に裸足で入り、グラウンディングとセンタリングをしていただくと、海水の浄化作用も加わって、効果は絶大だと思います。

天然石のブレスレットやネックレスっていいですよね。
石を変えると癒しの効果が変わるし、同じ種類の石でも、個性を持っていたりして、とても奥深い分野だなと思います。
これからもAriane様の記事を楽しみにしています。

2013/07/13 (Sat) 00:40 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

ドナ夫様

こちらこそ、良いワークを教えて頂いて感謝しています。
あのグラウンディングの方法は、ネガティブな想いや不要な想いを手放そうとするまでもなく、あまりの気持ちの良さに、「何だったけ?」と思います。
海で素足でしたら、気持ちい良いでしょうね。

天然石や植物は、やっぱり癒し効果大きいですね。
ただ、おっしゃるように、石は同じ種類の石でも個体差があったりして、アクセサリーを作る時には、ちょっと神経を使います。

2013/07/13 (Sat) 11:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。