アンティークとの違い

もともとアンティーク・アクセサリーが好きでした。
良い品が大切に残されているという感じがします。
私がアクセサリーを作り始めたのは天然石(パワーストーン)を身に付けたいという思いからでしたが、自分で作るアクセサリーも、できるだけ本物のアンティークに近い雰囲気のものにしたいと思っています。

アンティークのアクセサリーにも天然石が使われているものがありますが、そうした天然石はいわゆる<パワーストーン>とは異なります。
もちろん、アンティークの天然石アクセサリーも、もともとは<パワーストーン・アクセサリー>だったわけです。
それが一旦パワーが抜けて、持ち主の<気>が入ります。
というか、持ち主が石からパワーを貰い、石に持ち主の<気>が入るというように、石と持ち主との間で<気>のやり取りが行われます。
そうして、持ち主のものとなっていたアクセサリーが使われなくなると、その石にあった持ち主の<気>も抜けていきます。
そのままの状態だと、人が手に取った時、<古物>という感じで、あまり有り難味がないかもしれません。
<気>が抜けた古い物は、再びそこに<気>を入れないと使えないので、そのままの状態ではあまり魅力がないのです。
アンティーク・ショップなどで売られる場合は、店員さんたちが大切に扱い、お手入れやディスプレイをする時の<気>や、あるいはそれ以前から、その流通過程に関わった方たちの<気>がそこに入って、再び素敵になります。
そこであまり手を入れていないものを並べているお店は、ちょっと古い<気>が淀んでいる感じになってしまいます。
アンティークを扱う高級店か、あまり商品に手をかけていないリサイクル・ショップになるかという違いは、一つにはこうした点にも関係しているのかもしれないと思います。

画像は、鎌倉御成町にあるお気に入りのお店 take off で以前買ったアンティークの三点セット。
銀細工の薔薇のモチーフのブレスレット、イヤリングとブローチです。


IMG_4896-003.jpg

鎌倉駅西口から徒歩3分のお店です。
take off



偶々、1920~30年代の素敵な画像を見つけましたので、付けておきます。

memories of 1920 & 1930

音楽は現代のもので、Parov Stelar(パロヴ・ステラー)の Libella Swing です。かなり好きです。


関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

eiko  

バラをつなげたブレスにブローチ、それにイヤリングの3点セット、嬉しいですね!
見ているこちらもテンションあがるようなアクセサリー。
素敵ですね。
よくリンクされてますが、お気に入りのお店なんでしょうね。
ショップの「気」が入るお話、分かるような気がします。
100円ショップは人気ですが、なんとなく私はいやなのです。
後進国の方が安い賃金でしかも辛い環境で作った気がして・・・
私が知っているリサイクルショップも嫌です。
物がいい悪いというより、お店の雰囲気が苦手。
そうじゃないリサイクルショップもあるでしょうから、やはり経営者の「気」じゃないかな。
いくらお買い得でもお安くても、なんとなく(このなんとなくが大事かな)近づかないようにしています。
自分もその「気」に汚されるような気がするのです。

2012/10/21 (Sun) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eiko さん

こちらのお店は、まさに私の理想のお店なんです。
ブローチを探しに行った時、お揃いでブレスレットとイヤリングがあり、主人がまとめて買ってくれたのでした。

最近、鎌倉にも空き店舗の場所に、お菓子の特価販売みたいなお店が突然できたのですが、な~んだか買う気にならないのです。
eikoさんは鋭いですね、おっしゃるような事って、あると思います。
何となく嫌だというのは、無視しない方が良いですよね。

あと、うちの主人などは、例えば電車の中で席が空いても、他に座りたそうな人がいると、その人の気持ちを感じてしまって、座るのが憚られるとか言っています。

2012/10/22 (Mon) 00:43 | EDIT | REPLY |   

eiko  

鎌倉にはお洒落なお店しかないと思い込んでいました。
そういう買う気にならないようなお店もあるんですね。
100円(300円ショップとか)のショップの商品をうまく使って、オリジナルなものを作られる方がいますが、それはとても好きで譲ってもらったり買ったりすることがあります。
それはその人のいい「気」が入って、素敵なものに生まれ変わるのでしょうね。

ご主人のようにいろんな気を感じてしまう方も、なかなか大変なんですね。
うちの主人はなあんにも感じません。
よく物拾ってきますし、そのことで昔はしょっちゅう喧嘩しました。
「道に落ちたるを拾わず」
と故事を出してなんども説明するのですが、馬の耳に念仏。
電車で爆睡して、振り子のように乗り続けても平気です。
神経質な私は、公共の場や知らない人の隣で寝ることはまずありません。
無神経?な夫が羨ましい気もします。(笑)

2012/10/22 (Mon) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: eikoさん

仕事や実家の用事が珍しく沢山重なり、しばらく実家に泊まっていました。
実家にはパソコンがなく、お返事が遅くなってしまって大変失礼しました。

何も感じずにいられるのは、最強ですよねー。
感じるタイプの人と、感じずにいられる人と二通りに別れるのだと思います。
感じてしまう人は、意識的にバリアを張るようにするしかないですよね。
私も、その道の人からは「まるで吸い取り紙のよう」と言われるたちです。
少しバリアが張れるようになったのは、ようやっと近年かもしれません_。


2012/10/25 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment