archive: 2017年07月  1/1

長谷アジアンカフェ『 MANORA 』 / Oxmo Puccino - Je Suis Cool Mais Pas Sympa / 嬉しい事

上は、主人のフィルム写真です。レンズは、CANON LENS FD 55mm f:1.2 です。このレンズだと、開放で、露出オーバー気味に撮ると、夢のような絵になりますね。このネコちゃんの置物は、良く出来ていますが、写真に撮った方が表情などがリアルな感じがします^^下は、Ariane がデジカメで撮影。近所のお気に入りのアジアンカフェ、MANORA(マノーラ)さん。長谷駅から大仏に向かう通りの途中(長谷寺より駅寄り)、二階にあるカフェ...

  •  6
  •  0

お散歩で出会ったお花たち(6) / Japan - Nightporter

バーベナ。ルリマツリ。カノコユリ。何でしょう?          ◇最近、どうも David Sylvian が聴きたい気分です。今日は、彼が Japan だった頃の曲で、"Nightporter" にします。この曲は、Ariane はライブ・ヴァージョンが好きです。10代の頃、ラジオで初めてこの曲を聴いて、Ariane は当時の Japan が気に入りました。といっても、それが解散コンサートのライブだったので、気に入ったとたんに、解散になってしまったの...

  •  12
  •  0

第69回鎌倉花火大会

昨日は、鎌倉海岸での花火大会でした。鎌倉市の観光協会と市議会との対立があって、今年の花火大会は一旦中止になりかけたのですが、どうしても花火を実現させたいという多くの声が寄せられて、鎌倉市の主催で、不足の費用をクラウド・ファンディングで募って、昨日の花火大会が実現しました。今回の写真撮影は、主人です。尺玉。今までに見なかったような複雑な色使いや展開があるようなものがありました。スターマインも、今まで...

  •  14
  •  0

レオナルド×ミケランジェロ展 / Café1894 / The Lute in Italian Renaissance

     レオナルド・ダ・ヴィンチ《少女の頭部/<岩窟の聖母>の天使のための習作》〔1483-85年頃 トリノ王立図書館蔵〕     ミケランジェロ・ブオナローティ《<レダと白鳥>の頭部のための習作》〔1530年頃 カーサ・ブオナローティ蔵〕お友だちに誘って頂いて、三菱一号館美術館で行われている9月24日(日)まで行われている「レオナルド×ミケランジェロ展」に行って来たんです^^ルネサンス期には、「<自然>を母...

  •  10
  •  0

アガパンサス / David Sylvian - Nostalgia

アガパンサスという名前は、古代ギリシア語の「agape (愛)」と「anthos (花)」に由来しています。ブロともさんの記事に入っていたコメントで知りましたが、花言葉は「知的な装い」なのだそうです。我が家のアガパンサスは、ミニ・サイズで、50センチくらいにしかならない品種です。もっと大きくなる普通のアガパンサスと、お花の感じなどもちょっと違うみたいです。           ◇今日の音楽は、デヴィッド・シルヴ...

  •  10
  •  0

紫陽花 / 男女間の事@パリ / Gainsbourg - Je T'aime,...Moi Non Plus

前回の記事について、あちらでの食事はどうだったかというご質問を頂きまして、コメント欄で返信致しましたが、こちらの記事でもほぼ引用という形で、取り上げさせて頂こうと思います。1990年代始めの頃のパリ国際大学都市での話です。学食は、一食200円程度の値段で、前菜2品、メインディッシュ、パン、デザート2品付くんです。 どうですか! 豪華でしょう? ところが、どれも不味くて、とても全部食べきれないんですよ...

  •  18
  •  0

フランスの思い出

No image

  •  closed
  •  closed

パリ / Julien Clerc - Quitter l'enfance

パリ国際大学都市(Cité Internationale Universitaire du Paris)、中央館。ここはパリの14区にあって、国鉄の駅一つ分の広い敷地に、各国の給費留学生用の学生寮が集まっている所です。上の建物を入って、右側に学食がありました。ちょっとお金持ち用の学食と、貧乏学生用の学食・・・。Ariane は貧乏学生用の学食しか入れませんでした。同、ベルギー館。今度、フランス留学体験記を、限定公開でアップしようと思っています。...

  •  closed
  •  closed