archive: 2017年05月  1/1

スポンサーサイト

No image

Spirit of Freedom / Heart And Soul

      今年初めて咲いたスピリット・オブ・フリーダム。「自由の精神」という名の薔薇。このところ陽射しが暑すぎたせいで、咲いたと思ったら、あっという間に儚く散ってしまいました・・・。大輪系の薔薇でウチにあるのは、スピリット・オブ・フリーダムだけです。もともとあった苗は去年枯れてしまいました。これは挿し木した苗に咲いたもの。大切な薔薇は、挿し木をしておくと良いですね。こうして長持ちすると良いな、と...

雨の薔薇園(2) / Chopin - Etude Op.25 No.1 "Aeolian Harp"

花々と共に、雨に打たれる歓び。今日は、先日の横浜イングリッシュガーデンの写真の中から、Ariane の好きな色合いのお花を選んでみました^^音楽は、ショパン『エチュード』作品25 - 1 “エオリアン・ハープ”です。この曲を聴いたシューマンが、「まるでエオリアンハープを聞いているようだ」と言ったことから、この愛称で知られるようになった曲です。...

庭のお花 / バッハ『トリオ・ソナタ』第3番ニ短調, 第1楽章「アンダンテ」

              庭のお花を摘んで、テーブルに飾ってみました^^       こんな取り合わせは、どうでしょう?       ミニバラのスイート・チャリオット、       それにライスフラワーと、青いヤグルマギクです。       スイート・チャリオットは、素晴らしく良い香りなんです。       テーブルにちょっとお花があると、気分も浮き立ちます。                  ...

雨の薔薇園(1) / Roses of Picardy & If You Were the Only Girl in the World

雨の横浜イングリッシュ・ガーデンです。音楽は、主人のリクエストで、第一次世界大戦の頃イギリスで流行った歌です。一曲目は Alfie Boe の歌で、"Roses of Picardy" です。主人によると、若かりし頃の思い出の曲だそうです。(主人はあまりにこの時代を懐かしがるので、少年時代からの親友に、「おまえ、いつ生まれたの?」と聞かれます^^;)今日、二曲目も同じく Alfie Boe の歌で、"If You Were the Only Girl in the World...

お散歩で出会ったお花たち(5) / France Gall - La déclaration d'amour

上の紫のお花、ヘリオトロープはウチにもあるのですが、まだ全然咲いていません^^;今日は、こんな可愛い曲をつけておきます。フランス・ギャル "La déclaration d'amour(愛の告白)"です。なんとなく、曲調が懐かしいですね^^ 一枚目の写真と同じマーガレットですが、ネットでちょっと見てみたところ、これは「チェルシーガール」という品種名のもののようです。可憐で涼しげなマーガレットですね。...

鎌倉ビストロ Oui Oui / Georges Brassens - "Je me suis fais tout petit" et "Les copains d´abord"

鎌倉小町の路地裏に、レトロなビストロを発見しました^^入口に美味しそうなパンが並んでいるのが目に入って近寄ってみたら、昼間は二階がカフェになっているようで、「二階、お席ありますよ」と、お店の方が声をかけてくださいました。           (⇓ フランス語で "1er étage" は「二階」っていう意味ですね^^)ゴールデンウィーク中、鎌倉は大変な混雑ですので、空いているカフェがあるとは思いませんでした。昨...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。