category: アート  1/2

マグリット展の感想、続き~<見えるようにするもの>が<隠すもの>~

先日、マグリット展の感想として、シュルレアリスト(超現実主義者)たちが追求したのは、現実離れとしての「シュル(超)」の方ではなく、むしろ現実以上にありありとした<存在感>の方だったのではないか、という事を書きました。後で知りましたが、専門家もそうした解釈をしているようです。巖谷 國士『シュルレアリスムとは何か』 (2002 年, ちくま学芸文庫) という本を見つけたのですが、内容紹介によれば、「現実に内在し、...

存在のリアリティ ~ マグリット展を観て ~

「ジョルジェット」(Georgette, 1935 年)マグリット展も、もう来週の月曜日で終わりですね。そんなに展覧会に行く習慣はないのですが、急に、「観ないと!」という気になりまして、先日行ってまいりました。マグリットは1938年に『生命線』と題する講演を行っていて、この中で自分の絵画について語っているのですね。今回の展示には、ところどころ、マグリット自身の言葉がキャプションとして付いていて、面白かったです。と...

小澤真智子&NYアーバン・タンゴ・トリオ~祈りと情熱のタンゴ~

今日は小澤真智子さんとNYアーバン・タンゴ・トリオによるアルゼンチン・タンゴのコンサートでした。今までずっとアーバン・タンゴ・トリオとして一緒に活動されてきたアルゼンチンのピアニスト、オクタヴィオ・ブルネッティさんが昨年の夏に急逝され、今回は新たにアドリアン・エンスケさんを迎えての来日となりました。オクタヴィオさんは小澤さんの婚約者でもあり、昨年、結婚式を目前に突然のご病気でお亡くなりになってしま...

マジックと音楽のコラボ「ムジカーナ・マジカーナ」 / セヴラックの音楽

マジックの世界には独特な魅力がありますね。マジシャンの中島弘幸さんとピアニストの岡部公子さんのコラボレーション「ムジカーナ・マジカーナ」に行ってまいりました。エレガントな手捌きと軽妙なトーク、華麗なピアノ演奏に魅了され、時間が経つのを忘れました。中島弘幸さんは、テレビ番組「なるほどザ・ワールド」にトランプマン2号として出演、一世を風靡され、現在は豪華客船のショー他数々のライブステージで活躍されてい...

空の表情Ⅴ / ベジャール振付・ラヴェル音楽『ボレロ』

主人が撮ったフィルム写真です。              ◇今日は久しぶりに踊りについて。ラヴェル(1875 - 1937年)の『ボレロ』を You Tube で聴こうと思ったら、ベジャール(1927 - 2007年)振付のバレエの動画も出てきて、久しぶりに観てみました。『ボレロ』のバレエは、1981年のフランス映画『愛と哀しみのボレロ』(Les Uns et les Autres)の中でジョルジュ・ドンが踊って、一般的に広く知られたかもしれません。...

アルゲリッチ / シューマン『ピアノ協奏曲』イ短調、第一楽章

『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』という、アルゲリッチの娘が監督して作っている映画が、27日から公開されるようですね。アルゲリッチは、日本でも人気の高いピアニストですが、三回結婚し、それぞれの夫との間に三人の娘がいたり、演奏会を突然キャンセルしたり、といった自由奔放なイメージもあって、映画の主人公としても魅力的な人物だろうと思います。二度目の旦那さんだった指揮者のシャルル・デュトワとは、共演のための...

鎌倉の海辺 / ジョナサン&シャーロット

稲村ガ崎公園から眺める景色です。江ノ島が写っています。下の写真も、稲村ガ崎。鎌倉海浜公園(坂の下)にデイゴの木があります。 下は一週間前前の写真で、お花が満開だったのですが、もうそろそろ終わりになってしまいました。由比ヶ浜。漁師さんのビーチ・アート。いつも前を通りかかる時、楽しませて頂いています。下の写真は、6月初め頃に撮ったと思いますが、海の家が作られようとしているところです。いつも最初は、突然...

クラシックとジャズの融合 Pierre-Yves Plat (ピエール=イヴ・プラ) / ポーリッシュポタリー

まずは、この前買ったポーリッシュポタリ―(ポーランド食器)のボウルからです。先日、いつも拝見している yuccalina さんのブログ(「ユッカリーナのノタリノタリヨガ日記」, リンク参照)に、ポーリッシュポタリーのボウルが出ていて、すっかり欲しくなってしまいました。前から家にあるツェラミカ・アルティスティッチナ社のポットとマグカップは、このブログにしょっちゅう写真を載せていて、yuccalina さんも、それをご覧にな...

ガーネット・ブレスレット & バレエ「椿姫」

お客様からリクエストして頂いたガーネット・ブレスレット。先週末の鎌倉でのイベントが終わって、ようやくお作りして、お送りすることができました。来週くらいにでも、同じものを Fil d'Ariane HP に出させて頂こうと思います。                   ◇アクセサリーの方ではありませんが、今日、明日と続けて20人ずつくらいお客様が見える行事があり、このところ慌しい日が続いております。でも、昨夜は少し...

アルゼンチン・タンゴ~ピアソラ Piazzolla ~

No image

私の父は職人ですが、ごく若い頃、社交ダンスのプロのダンサーをしていた時がありました。NHKのダンス教室にも、模範演技をお見せする係りで出演したりしておりました。結局、気に入るパートナーが見つからなかったり、後々、夜の仕事に就くようになるのが嫌だったりで、父は早々にダンスをやめてしまいました。一旦やめると見向きもしなくなる父ですが、その後も、当時の関係者がダンスパーティーをする時などにお誘いがあり、...

小澤真智子ヴァイオリン・リサイタル

先日、知人のお嬢さんであるヴァイオリニスト、小澤真智子さんのコンサートに行ってまいりました。ニューヨークを拠点に国際的に活躍している方です。今回はチェロの城戸春子さんとの共演で、私の大好きなバッハに始まり、大好きなピアソラに終わるプログラムでした。昔、一時、ちょっとアルゼンチン・タンゴを習っていたことがあり、その頃ピアソラに嵌まりました。同じパターンのフレーズの繰り返しが徐々に展開していくピアソラ...