category: 昔の音楽・映像  1/2

ロベリア&ライスフラワー / You Are Too Beautiful & 『街の灯』

庭から摘んできたロベリアとライスフラワー。コップはモロッコ製のもので、前にパリで買いました。音楽は、You Are Too Beautiful を付けておきます。横で夫がこの曲は、付き合うようになった頃の Ariane のイメージだった、思い出の曲だと言っています。その頃の Ariane が "ビューティフル" だったかどうかは、全く彼の主観によるのですけれどね。そして、そのあと結婚して、イメージ変わったんだろうなー(笑ところで、こちらの...

クリスマスローズ / ジョン・ダウランド "All ye whom love or fortune hath betrayed"

                   ◇今日の音楽は、ジョン・ダウランド "All ye whom love or fortune hath betrayed" (「愛と運命にそむかれた君たち」)を付けておきます。...

グレン・グールドのバッハ / 『ゴルゴベルク変奏曲』

夫の撮ったフィルム写真です。レンズは、SUMMICRON 35mm f2 。                ◇今日の音楽は、グレン・グールドの演奏で、バッハ『ゴルゴベルク変奏曲』を載せておきます。晩年の演奏も面白いのですが、今日は1955年、23歳の時の演奏です。この時の『ゴルゴベルク変奏曲』の演奏は世界から絶賛を受け、グールドは一躍時の人となったようです。私自身はクラシック音楽が好きだった中学生の頃、グールドのバ...

イーヴォ・ポゴレリチ(音楽の「解釈」の問題について、追記しました。)

前にアルゲリッチのファンだったという話を書いたことがありすが、アルゲリッチを聴くようになったのは、12、3歳の頃でしたから、やっぱり見た目から入りました。それに、私は音楽はさほど得意ではないので、一流の演奏家になると、誰が良いのか、分からないというのが正直なところです。唯一、演奏が好きになったのは、イーヴォ・ポゴレリチというユーゴスラビアのピアニストでした。というのも、相当個性的な演奏をする人で、...

スパイラル・カフェ / ブリジッド・バルドーの歌と映画

せっかく主人と行った東京でのお散歩・・・。私は、カメラを持っていきませんでした。それで、主人がフィルムカメラで撮った写真です。表参道のスパイラルカフェの中です。フィルムを使いきって現像するまでに随分時間がかかってしまうので、大分前の写真です。そういうわけで、もうあまりよくは覚えていないのですが、クレームブリュレで、シロップ漬けのダークチェリーか何かが乗っていました。滅多にない美味しさでした。SPIRAL...

あまり子供向けじゃなかった『ルパン三世』 1st シリーズ / WE and The THINGS タンブラー

まずは、この前買ったタンブラーから。WE and The THINGS というグッズレーベルから出ている Dictionary Tubmler 。"R" は "rainbow" の "R" で、"K" は "king" の "K" だそうです。他にも、全部で12タイプあるようでした。               ◇下は、最近撮った写真で、うちの薔薇。スピリット・オブ・フリーダムです。使用しているレンズは、Canon FD 55mm f1.2 です。               ◇私は観ません...

我が家の昭和レトロ写真 & 幼年の頃の事 / ボールルーム・ダンス

以前、祖父母や曾祖母の写真などを載せましたが、こちらは20代初めの頃の父と母です。熱海に新婚旅行に行った時の写真のようです。前に、父がボールルーム・ダンスのダンサーだったことに言及したことがありましたが、それはちょうどこの頃です。テレビに出たりもしていました。昔、社交ダンスをされていた方々はご存じだと思いますが、日本の競技ダンスの創設者である助川五郎先生という方がいらっしゃいました。父は助川先生に...

エドワード・ヴァン・ヘイレン&バッハ / 私の簡単クッキング

エドワード・ヴァン・ヘイレンは、昔、ニコニコしたお顔が可愛いと思ったことがありましたし、名前も聞いたことがありましたが、そのお顔の人がエドワード・ヴァン・ヘイレンだとは知らない程度にこの人のことは知らず、要するにあまり興味をもったことはありませんでした。たまたまこちらの YouTube を見つけて、初めてちゃんとソロを聴いたのですが、天才的な演奏に思わず聴き惚れてしまいました~。そして、聴いているうちに、...

うちのアンティーク写真 / 『蘇州夜曲』

この前実家に行きました時、かなり古い写真を見つけました。なくすとそれまでになってしまうので、ちゃんと保存しておこうと思い、スキャンしてパソコンに取り込みました。これは、私の祖祖母の一族が写っている写真のようです。右寄り、白っぽいストールを肩に掛けている女の子が、祖祖母です。明治時代の写真でしょう。場所は静岡ではないかと思います。ロイド眼鏡をかけているのが祖父です。これは、麻雀をしている写真ですが・...

Annwn の奏でる中世西洋音楽&ロミオとジュリエット

以前、主人が撮ったフィルム写真です。                  ◇最近、西洋中世の歌をよく聴いています。一つは、14世紀のフランスの作曲家、ギョーム・ド・マショー(Guillaume de Machaut, 1300年頃 - 1377年)の『甘き淑女よ』(Douce dame jolie)という曲です。歌詞を見てみたら、フランス語の古語辞典がないと分からないような単語が多かったのですが、大体の内容は、地位のある女性に対する、忠実な、でも報...

イチョウの木 / アズナブール Hier Encore

主人が昔のフィルム・カメラで撮ったイチョウの木の写真です。ちょっと感傷的に、今日はシャルル・アズナブールの歌を付けておこうと思います。Hier Encore (邦題「帰り来ぬ青春」1964年)という歌です。アズナブールは、なんて美しい抑揚で歌うのでしょうね。フランス語の流れがとても綺麗に聞こえます。今日の記事はこれだけですし、やっぱり訳があった方が良いかと思いまして、急遽、拙訳を付けることにしました。私は仏文科じ...