Hermetic Circle

CATEGORY PAGE

category: 思うこと  1/1

自己愛性パーソナリティ障害(「誇大」型と「回避」型) / Gramatik - Muy Tranquilo

最近、「自己愛性パーソナリティ(人格)障害」に二つのタイプがあることを発見した。(最初に言っておくと、このような記事を読む気になったり、それで自分のことを省みるたりすることのできる方は、「自己愛性パーソナリティ障害」ではないので、安心してください。健全な自己愛(自尊心)をもつのは、人間に必要不可欠なこと。「自己愛性パーソナリティ障害」をもっている人から嫌な目に遭わないように、という意図で、今回の記...

  •  -
  •  0

花 / Howard Jones - What is Love? / 愛とは?

上は、お散歩していて撮った写真です。下は、ウチのミニバラ。スィートチャリオットとシュネープリンセス。音楽は、Howard Jones の "What is Love?" です。「愛とはたぶん、なりたい自分にならせてくれるもの。」 ― 確かに、その通りかもしれません。What is love?どうかすると、「不倫こそ、打算のない純愛だ」みたいなことを言う男性がいて、思わず、「もう、なんにも知らない人ね」と、苦情を言いたくなってしまいますが・・...

  •  6
  •  0

薔薇 / スーフィーの回旋舞踊

夫が撮ったフィルム写真です。          ◇今日は、偶然見つけた、こちらの YouTube を載せておきます。スーフィーの回旋舞踊の映像です。この YouTube に、イタリア語の説明が付いていました。"Il Sufi a volte danza, ma, mentre danza, al centro rimane assolutamente immobile -- il centro del ciclone. La danza è il ciclone, tutto il suo corpo è in movimento, è fluido, dinamico, ma al centro la coscienza...

  •  10
  •  0

哲学者の言葉~憂鬱な春に~

近所の神社に参りましたら、満開の桜が快晴の空に映えて、心に染み入る美しさでした。仕事の関係もあって、私は4月が一年中で一番嫌で、哀しい気分になりがちです。しかし、目に入ってくるものがここまで美しいと、何やら物憂さや悲哀までもが感動的に思われ、それもまた、ワクワクするような人生の物語の一局面である気がしてくるので不思議です。                 ◇フランスの哲学者アランの言葉。悲観主義は...

  •  16
  •  0

砂の上の足跡

No image

私はクリスチャンというわけではありませんが、子どもの頃、よく遊んでくれていた近所のお兄さんが教会のお仕事をされており、そのお兄さんに誘われて、日曜学校には通っていました。毎年クリスマスの礼拝の最後に歌う讃美歌が『天には栄え』で、子ども心に敬虔な気持ちになり、感動したものでした。今でも、クリスマスというと、この曲を思い出します。                ◇クリスマス・イブですので、キリスト教の...

  •  12
  •  0