category: 季節の植物  1/5

雨の薔薇園(2) / Chopin - Etude Op.25 No.1 "Aeolian Harp"

花々と共に、雨に打たれる歓び。今日は、先日の横浜イングリッシュガーデンの写真の中から、Ariane の好きな色合いのお花を選んでみました^^音楽は、ショパン『エチュード』作品25 - 1 “エオリアン・ハープ”です。この曲を聴いたシューマンが、「まるでエオリアンハープを聞いているようだ」と言ったことから、この愛称で知られるようになった曲です。...

  •  6
  •  0

雨の薔薇園(1) / Roses of Picardy & If You Were the Only Girl in the World

雨の横浜イングリッシュ・ガーデンです。音楽は、主人のリクエストで、第一次世界大戦の頃イギリスで流行った歌です。一曲目は Alfie Boe の歌で、"Roses of Picardy" です。主人によると、若かりし頃の思い出の曲だそうです。(主人はあまりにこの時代を懐かしがるので、少年時代からの親友に、「おまえ、いつ生まれたの?」と聞かれます^^;)今日、二曲目も同じく Alfie Boe の歌で、"If You Were the Only Girl in the World...

  •  8
  •  0

お散歩で出会ったお花たち(5) / France Gall - La déclaration d'amour

上の紫のお花、ヘリオトロープはウチにもあるのですが、まだ全然咲いていません^^;今日は、こんな可愛い曲をつけておきます。フランス・ギャル "La déclaration d'amour(愛の告白)"です。なんとなく、曲調が懐かしいですね^^ 一枚目の写真と同じマーガレットですが、ネットでちょっと見てみたところ、これは「チェルシーガール」という品種名のもののようです。可憐で涼しげなマーガレットですね。...

  •  4
  •  0

お散歩で出会ったお花たち(4) / François Couperin - Le rossignol en amour (恋のナイチンゲール)

ゴールデンウィークですね^^皆様いかがお過ごしでしょうか。今日の音楽は、フランソワ・クープラン『クラヴサン曲集』第3巻、第14組曲から "Le rossignol en amour (恋のナイチンゲール)"です。...

  •  4
  •  0

お散歩で出会ったお花たち(2) / Bach - French Suite No. 5 Allemande

今日の音楽は、バッハ『フランス組曲』第5番から「アルマンド」です。...

  •  -
  •  -

お散歩で出会ったお花たち(1) / Bach - French Suite No. 5 Gigue

今日の音楽は、グレン・グールドの演奏で、バッハ『フランス組曲』第5番より「ジーグ」です。このテンポ感は、すごく良いんです♪聴いていると調子が良くなります。Ariane の最近の習慣としましては、出掛ける支度をしている時に、これを聴くと、いつもより早めに家を出られます・・笑...

  •  -
  •  -

クリスマスローズ / J.S. Bach - Goldberg Variations, Variation 25

今日の音楽は、ハープの演奏で、バッハ『ゴールドベルク変奏曲』より第25変奏です。...

  •  -
  •  -

花 / Sting - Fragile

                 鎌倉駅近辺をお散歩して撮った写真です。                              今日の音楽は、Sting "Fragile" にします。                  ...

  •  -
  •  -

梅 / Relaxing Celtic Music - Spring Charm

今日の音楽は、ケルト音楽で、"Spring Charm" を付けておきます。BGMに良いです。...

  •  6
  •  0

メジロと玉縄桜 / THE YEARNING - Gotta Pull Myself Together

今日の音楽は、THE YEARNING のカヴァーで、"Gotta Pull Myself Together" にします。ちょっと昔っぽいのですが、THE YEARNING は 1994–2010年に活動したフィンランドのグループのようです。この曲は、もともとノーランズが歌っていました。日本語のタイトルでは "恋のハッピーデート" でしたが、別れの歌だったんですね。...

  •  6
  •  0

続・江ノ島アイスチューリップ / Annwn - Douce Dame Jolie

なるべく写真にマッチする音楽にしようと思いますので、今日は、 Annwn の演奏で、14世紀のフランスの作曲家、ギョーム・ド・マショー(Guillaume de Machaut, 1300年頃 - 1377年)の『甘き淑女よ』(Douce dame jolie)"Douce Dame Jolie" を付けておきます。Annwn の演奏は、本当の古楽好きの方は違うとおっしゃるんだと思いますが、哀愁が漂っていて Ariane は好きです。この曲は3年前に一度取り上げていまして、Annwn の紹...

  •  6
  •  0