--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15
2017

雨の薔薇園(1) / Roses of Picardy & If You Were the Only Girl in the World

CATEGORY季節の植物
1-IMG_1513.jpg




1-IMG_1563.jpg




1-IMG_1526.jpg




1-IMG_1547.jpg




1-IMG_1481.jpg



雨の横浜イングリッシュ・ガーデンです。

音楽は、主人のリクエストで、第一次世界大戦の頃イギリスで流行った歌です。
一曲目は Alfie Boe の歌で、"Roses of Picardy" です。



主人によると、若かりし頃の思い出の曲だそうです。
(主人はあまりにこの時代を懐かしがるので、少年時代からの親友に、「おまえ、いつ生まれたの?」と聞かれます^^;)



1-IMG_1545.jpg




1-IMG_1632.jpg




1-IMG_1593.jpg




1-IMG_1531.jpg




1-IMG_1603.jpg




1-IMG_1610.jpg




1-IMG_1602.jpg




1-IMG_1615.jpg




1-IMG_1618.jpg



今日、二曲目も同じく Alfie Boe の歌で、"If You Were the Only Girl in the World" です。





1-IMG_1620.jpg




1-IMG_1506.jpg




1-IMG_1514.jpg




1-IMG_1537.jpg




1-IMG_1562.jpg




1-IMG_1538.jpg


コメント欄開けておきますが、タイミングによっては返信が遅れるかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

☆バーソ☆  

こんばんは~

薔薇よ 
高貴な花 幸せの花 憧れの花よ
花びらに愛の滴をたたえる健気な桃色の薔薇
石の階段のそばにたたずむ密やかな白い薔薇
雨に濡れた小径を飾る色とりどりの薔薇
薔薇の香りは園の誇りよ
薔薇の花束は喜びの源よ
木の椅子に咲く一輪の薔薇の妖精
その名はアリアーヌ
そは 静かに微笑む深い紅(くれない)の薔薇
甘く麗しい薔薇
さあ 雨よ 上がれ
そよ風よ 吹けよ
空に虹を出せよ
天を青く青く染めよ
時は五月
酒と薔薇の日々
神を信じる者も
神を信じぬ者も
薔薇ありてこそ世界は美しいことを知れ
いのちは今も咲き誇っている
今の微笑みは束の間のことなのか
時の溜息は永遠に続くのか
色褪せぬ薔薇
棘のない薔薇
雨に濡れる優しい薔薇



あははは、お恥ずかしい。(#^.^#)
汗だくだくで作った駄句、いや、駄詩であります。
1枚目の薔薇と真ん中辺にあるベンチの縦長写真を
見たら、柄にもなく詩情のような気分わき起こり、
人生で書いたこともない詩(もどき)文を書きました。
薔薇ではさすがに得意の駄洒落が書けません。(笑)
これはあくまでも写真を見た感想文ですからね。
他意はありませんからね。念には念ですよ。(^^;)

花は薔薇が一番好きですね。
透明水彩で描いて聖句を書いて板に貼って角を削り、
透明ニスを塗ってアンティーク風のデコパージュを作り、
何人ものひとにあげて喜ばれたことがあります。

But there's never a rose like you!
この歌はご主人の愛の歌のようですね。
素敵なご夫婦で、うらやましいです。

2017/05/15 (Mon) 22:17 | EDIT | REPLY |   

はるま  

こんにちは。
イングリッシュガーデンの薔薇、
今が一番の見頃でしょうか?
もしかして先週の雨の土曜日ですか?
本降りの雨の中での撮影は、
大変だったと思いますが、
さすがに人は少ないようですね^^
今年はまだ行っていません。
できたら今週中に行きたいと思ってます。

2017/05/15 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: バーソさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

バーソさんは、こんな才能もおありなんですね!!
まるで薔薇のブーケのような、美しくロマンティックな詩で、ウットリしてしまいます^^
昔から詩作をされていたのかと思いましたが、そうではないとのこと、
いきなりこんな素敵な詩をお作りになれるなんて、驚きを禁じ得ません。
薔薇は確かに、華やかで気品があって、特別な花ですね。
「薔薇ありてこそ世界は美しいことを知れ」
バーソさんの人生に、いつも薔薇の花々が香りを添えてくれますように!

そういえば、バーソさんは、絵もお描きになるのですね。
バーソさんがお作りになる薔薇と聖句のデコパージュ、素敵そうです。
さぞ皆さんに喜ばれたでしょうね。

音楽もお聴きくださって、ありがとうございます。
But there's never a rose like you!
ここは、主人も好きな箇所みたいです。
『ピカルディーのバラ』は、一説によれば、イギリス人将校とフランスの戦争未亡人との恋が歌われているようです。
主人の大好きな歌で、私も何度も聴いているうちに、だんだん好きになってきました。
これが流行歌だった時代というのも、良いですよね。
今では考えられません。
主人は、この頃のファッションとかも、すごく懐かしいようです。

2017/05/16 (Tue) 00:05 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: はるまさん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。

そうなんです、先週の土曜日です。
雨の中、行ってきました。
天気予報では、もう少し小降りかと思っていたのですが、かなり降っていましたね~。
さすがに、人はあまりいませんでした。
空いていたのは良かったのですが、雨の中の撮影で、ちょっと筋肉痛になってしまいました^^;

薔薇は、たぶん今、見頃ですね。
こんなに早く咲いているものだとは思いませんでした。
今週中にいらっしゃると良いと思います^^

2017/05/16 (Tue) 00:13 | EDIT | REPLY |   

yokko  

雨の中のバラ園は静かで素敵なお写真ばかりです。
皆さん行った方は素晴らしいと言われているので毎年行きたいと思いつつ逃しておりました。
明日行ってみようと心に決めているのですが体調が不安定なので明日になら無いと判らないのが残念ですけど。。。

鎌倉石釜ガーデンも紹介いただいて以前より行きたい場所でしたので計画してましたのに寝込んでしまい行かれず、またの楽しみにしています。

2017/05/16 (Tue) 15:00 | EDIT | REPLY |   

花渡川 淳  

こんばんは。

薔薇たちが競って咲いていますねえ。
道すがらの木製の長椅子、いいですねえ、Arianeさんもこれに腰を掛けられたのでしょうか。私もこんな椅子が欲しい。
香りが漂ってくるようです。私は目もくらむような芳香性の強い薔薇が好きなのです。臭いであるのに鼻ではなくて目にくるのです(笑)。
花の名前はよく記憶にありません。何度聞いても覚えません。私は脳内のメモリーの容量をこれ以上使いたくないからです(笑)。その代りイメージははっきりしています。肥った白人女性のルージュ色の薔薇。そうですね、色のはっきりした、たとえば黒に近いような真紅のビロードのような花が好きです。
そのような映像の方がメモリーの容量をたくさん使いそうですが、私も無駄をしています。メモリーを。

私も薔薇を20本ほど友人から貰っているので、庭に移植しなければなりません。参考になりました。
コンセプトは「薔薇の散歩道」にしようと決めましたよ。これは脳を使うまでもなく、直感で決めました。

2017/05/16 (Tue) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: yokko さん

こんにちは^^
コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまって、すみません。

今日は、横浜イングリッシュガーデンにいらっしゃることができましたか?
微熱が続いていらっしゃるとのことで、お辛いことと思います。
私も、若い頃、原因不明の微熱がしょっちゅう1、2ヶ月続いてしまうことがありました。

こちらのお庭は、薔薇の花が溢れるように咲いていて、見事です。
私は週末でないと行けないのですが、平日の方が空いていて、良さそうですね。
この日は雨でしたので人出が少なく、お花たちものんびりしていました^^

石釜ガーデンも、これから夏にかけて、イギリス風のお庭が綺麗で、
外のテラス席は、優雅な気分でくつろぐことができます。
曜日や時間によっては混むかもしれませんが、
体調のよろしい時に、是非一度いらしてみてください^^

2017/05/17 (Wed) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Ariane  

Re: 花渡川さん

こんばんは^^
花渡川さんとは、「こんばんは」なんですよね・・笑
ご丁寧なコメントを頂き、ありがとうございます。

「薔薇の散歩道」、素敵そうですね!
ご自宅にそんなお庭を造れるだなんて、素晴らしいです。
薔薇の苗が20本もあるのですか。
本格的な庭園になりそうですね。
木製の長椅子もあると良いかもしれません^^

こちらのイングリッシュ・ガーデンはかなりの広さがあり、
所々にベンチが置いてあるのが良いです。
この日は結構な雨でしたので、あまり優雅に過ごすことはできませんでしたが、
いつもは、閉園前の一時間くらいは人影もまばらになり、
奥のベンチに腰掛けながら、多少野性味のあるイギリス風のお庭をゆっくり楽しむことができるのです^^

薔薇は種類が多くて、私も名前を知っている薔薇は僅かです。
園芸ブログをやっている方々の記事を拝見すると、どうも人気の品種とかありそうですね。
薔薇の中でも、黒に近いような真紅のお花はとりわけゴージャスで、私も好きです^^
そういえば、黒い薔薇というのも、あるようですね。
最近は、紫や茶色など、ニュアンスのある色の薔薇もたくさん出ていて、ウットリしてしまいます。

2017/05/17 (Wed) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。