Hermetic Circle

~ ヘルメティック・サークル ~ 鎌倉近辺の風景&お店 ◇ 花 ◇ 音楽&映像 ◇ 雑貨などの写真ブログです。

江ノ島の展望台から / 私が目撃したちょっとした事件① / Red Hot Chili Peppers - Californication

1-IMG_3926.jpg




1-IMG_3924.jpg



今日は暇つぶしのような話を書きます。

と言っても、本当は文章だけは何年も前に書いていたのですが、ちょうど良い写真が見つからず、「下書き」に保存したままになっていました。
今日の写真も全然合っていないのですが、写真との組み合わせを考えているとアップできそうにないので・・・。



皆さん、ちょっとした事件を目撃したことはありませんか?

もう何年も前ですが、私はちょっと印象的な、カッコイイ場面を目撃したことがあります♪

最初の話は、女性が男に追われて電車の中に逃げ込んで来た時の事です。



今日の音楽は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの Californication にします。






午前中遅い時間に、上りの電車、前から二両目に乗りました。
車内はさほど混んでおらず、所々席が空いていたので、開いているドアーと反対側の席に腰掛けました。


すると次の瞬間、赤ちゃんを抱いた若い女性が「助けてください!」と叫んで、車内に走り込んで来たのです。


女性は、先頭車両まで走ると、運転席に匿われたようでした。

その後を追うようにして、すぐに小柄の男が車内を歩いてきました。

「どこに隠れているんだ!出て来い!」と怒鳴っています。
DV夫なのでしょう。


電車はドアーが開いたままで、発車しません。
車内では、「車両の点検中です。発車までもうしばらくお待ちください」といったアナウンスが繰り返されていました。



その男も先頭車両まで行きましたが、女性がいないので電車の中を引き返して来ました。
相変わらず、わめいています。



そして、男が私の前を横切ろうとした時でした。

向かいの開いているドアーの脇に立っていた四十代くらいの男性が、その男と目が合うと、ちょっとうんざりしたような顔をして、顎の先でわずかにドアーの外のホームを指したのです。



その小さなジェスチャーの絶妙で、雄弁だったこと!!
それは、こう言っていました。

「いい加減にしろよ、うるせえな。その女なら、もうとっくに出て行ってるよ」・・・と、確かに私にはそう聞こえました。
本当は、女性は運転席に隠れたままなのですけれどね。



そして、DV 男にも、私に聞こえたのと同じセリフが聞こえたみたいでした。
男は、その仕草に促されるまま、電車を降りたのです。

その瞬間にドアーが閉まり、電車が発車しました。
駅員さんたちの連携も、すごいですよね!



ドアーの所に立っていた男性は、その後、女性がちゃんと運転席に匿われているのをわざわざ確かめに行っていました。
つまり、本当に演技であのジェスチャーをやったんだということです。



やがて、「どうもありがとうございました」と言って、女性が運転席から客席に戻ってきました。
すぐに、近くに座っていた人が、席を譲ってあげていました。



それにしても、ドアーの脇にいた、あのジェスチャーの男性は、一体何者だったのでしょう!!
滅多に見かけないような渋い感じの男性でした。


刑事?
それとも役者???


・・・やっぱり役者さんだったんだろうか?
刑事と役者では、実際には全然別の職業ですよね。



まるで映画の一幕を観ているようでした。


          ◇


もう一つのお話は短いんですけれど、昔、実家の前で起こった事です。

昼間、東京の実家に来ていた時、外で人が争っているような物音がしました。

慌てて窓の外を見ると、向かいの駐車場で、日本人の小柄なおじさんが、大きな黒人の男に襲われているではありませんか!!


これは大変だと思った次の瞬間、

「大人しくしろ!」
と、おじさん。



おじさんは私服刑事で、容疑者を捕まえていたのでした!!

黒人の男はすぐに観念していました。


スポンサーサイト