お散歩で出会ったお花たち① / Rameau - Suite E-minor

1-IMG_4207.jpg




今日の音楽は、マルセル・メイエ(Marcelle Meyer)の演奏で、ラモー 「組曲ホ短調」です。
マルセル・メイエの演奏は、品が良いと思います。





私は、9分くらいの所から始まる、「鳥のさえずり」(Le Rappel des Oiseaux) が好きです^^




1-IMG_4208.jpg




八重のアネモネかな?

風に揺れていて、撮り難かったです。


1-IMG_4249.jpg




オダマキ。


1-IMG_4231.jpg




クリスマスローズでいいんですか、これは?


1-IMG_4205.jpg

スポンサーサイト

街角での一枚 / FC2の皆さまへ / Kovacs - My Love

1-IMG_4049-001.jpg


鎌倉の街角での一枚。
ミモザのリースが素敵でした。


音楽は、Kovacs の "My Love" を付けておきます。






FC2ブログの皆様、一時のように頻繁にご訪問できなくなっていて、すみません。

記事を更新する時にはFC2にログインして、ご訪問もしたいと思っております。

ご訪問が遅れがちになってしまいますが、どうぞよろしくお願いいたします。


公開設定に切り替えます / Bach, BWV998 & 999

1-IMG_3602.jpg

(ゲルダ・ヴェーグナー (Gerda Wegener) 画 / 掲載誌『クロッズ・ハンス (Klods-Hans) 』 (デンマーク) 1912年. )



バッハ『プレリュード、フーガ、アレグロ変ホ長調』(BWV998)





バッハ『ト短調のプレリュード』(BWV 999)




ちょっと復活できそうにな気分。


先に延びた人生のゴール / 高橋孝 - 真っ新な台本

1-0026-004.jpg


主人が撮った、フィルム写真です。


1-0028-004.jpg



          ◇



T ちゃんは Ariane が小学生のとき大学生で、よく遊んでくれていた近所のお兄さんでした。
先日の日曜日、その T ちゃんに、実家のそばで会いました。
たまたま30分ほど時間があったので、久しぶりに一緒にお茶することに。

T ちゃんはもう50年近くでしょうか、毎週日曜日、ずっと地元の教会に通い続けているキリスト者です。
まるで牧師さんのように見える人ですが、仕事は高校の先生で、来年定年退職という年齢。

定年が60歳から65歳に延びた時、「それまで60を目指して頑張ってきたのに、ゴールが先に遠のいた感じがした」、というような話になりました。
気持を立て直して頑張り、ついに来年65歳で定年です。
しかし、考えてみると、その後の人生は、まだ20年とか30年とかあると言うのです。
そして、そんなに長い時間、今度はいったい何をやっていけば良いのか、と。
この、ゴールが次々と先に延びていく感じ、というのが嫌だと言うんですね。

この気持は Ariane も妙に共感してしまいました。
Ariane はちょっと変かもしれないんですが、子供の頃から病弱だったので、自分は長生きできないと思っていたんです。
それで、いつ死んでも良いようにと思って、自分にとって最も重要な事(それは人生を懸けてしたい事という意味なんですけれど・・)から順番にやっていきました。
ところが、数年前、そういう事を全てやり終わってみて愕然としたのは、自分がまだ生きていて、「死ぬ気配なんてない!」ということでした。
もう自分の人生は終わっている感じがするのに、まだまだ生きているんです。



何かをやり終えるまで、全力疾走してきて、やっとゴールだと思うと、人生の方が余っている・・・。
そして、数十年先に延びたゴールのあまりの距離に、愕然とする。
しかも、その時残っている体力や気力が、若い時と同じようにはないんですね・・・。

人間にとって大きな仕事が終わる時というのは、人生の危機的時期と言って良いかもしれません。
たとえば主婦の場合、子育てが終わる頃、自分自身も更年期を迎えるというタイミングになったりします。
男性の場合は、それが定年退職の頃なのでしょう。



「T ちゃん、今度飲みにでも行きませんか?」
と、Ariane としては珍しいお誘いをしてみました。
というのは、前に T ちゃんが、自分が大学生の頃遊んであげていた子供だちが、いつか大人になって、一緒にお酒でも飲めたら楽しいんじゃないか、と言っていたのを思い出したからです。

T ちゃんは、パッと顔を輝かせて、「いいねぇ!」なんていう話になりました。



「うちの奥さんは、僕が女性の元教え子と飲んでいても、やきもちを焼いたりする人じゃないから^^」

「それは、T ちゃんが立派な人だからですよ。
うちの主人も、相手が T ちゃんだったら、何の問題もありませんよ^^」



友人や知人も、相手が異性だと二人で会うのが微妙な場合があるけれど、いいなぁ、貴重だなぁ、こういう関係って。
そして、子供の頃からの友人って、なんていいんだろう、と思いました。



今度 T ちゃんとお酒を飲みながら、一緒に<人生のゴール>問題を考えよう。



          ◇



今日の音楽は、民謡歌手・津軽三味線奏者 高橋孝さんの「真っ新な台本」です。
2007年、小椋佳さんの作詞・作曲。
前に一度ご紹介している曲ですが、たまたま今日聴いて良かったので、この曲をアンコールすることにします。





自分で、ある程度の筋書きを作っていても、やっぱり人生は真っ新な台本みたいなものかもしれませんね。


          ◇

          ◇

          ◇

クリスマスローズ / J.S. Bach - Goldberg Variations, Variation 25

1-IMG_0777.jpg




1-IMG_0775.jpg




今日の音楽は、ハープの演奏で、バッハ『ゴールドベルク変奏曲』より第25変奏です。






1-IMG_0744.jpg