ヘルメティック・サークル

鎌倉近辺の風景&お店 ◇ 花 ◇ 音楽&映像 ◇ アクセサリー ◇ 私の好きなものを集めた写真ブログです。

先に延びた人生のゴール / 高橋孝 - 真っ新な台本

1-0026-004.jpg


主人が撮った、フィルム写真です。


1-0028-004.jpg



          ◇



T ちゃんは Ariane が小学生のとき大学生で、よく遊んでくれていた近所のお兄さんでした。
先日の日曜日、その T ちゃんに、実家のそばで会いました。
たまたま30分ほど時間があったので、久しぶりに一緒にお茶することに。

T ちゃんはもう50年近くでしょうか、毎週日曜日、ずっと地元の教会に通い続けているキリスト者です。
まるで牧師さんのように見える人ですが、仕事は高校の先生で、来年定年退職という年齢。

定年が60歳から65歳に延びた時、「それまで60を目指して頑張ってきたのに、ゴールが先に遠のいた感じがした」、というような話になりました。
気持を立て直して頑張り、ついに来年65歳で定年です。
しかし、考えてみると、その後の人生は、まだ20年とか30年とかあると言うのです。
そして、そんなに長い時間、今度はいったい何をやっていけば良いのか、と。
この、ゴールが次々と先に延びていく感じ、というのが嫌だと言うんですね。

この気持は Ariane も妙に共感してしまいました。
Ariane はちょっと変かもしれないんですが、子供の頃から病弱だったので、自分は長生きできないと思っていたんです。
それで、いつ死んでも良いようにと思って、自分にとって最も重要な事(それは人生を懸けてしたい事という意味なんですけれど・・)から順番にやっていきました。
ところが、数年前、そういう事を全てやり終わってみて愕然としたのは、自分がまだ生きていて、「死ぬ気配なんてない!」ということでした。
もう自分の人生は終わっている感じがするのに、まだまだ生きているんです。
そんな話をすると T ちゃんは、「Ariane ちゃんは、思いが深いから・・・」と慰めてくれました。



何かをやり終えるまで、全力疾走してきて、やっとゴールだと思うと、人生の方が余っている・・・。
そして、数十年先に延びたゴールのあまりの距離に、愕然とする。
しかも、その時残っている体力や気力が、若い時と同じようにはないんですね・・・。

人間にとって大きな仕事が終わる時というのは、人生の危機的時期と言って良いかもしれません。
たとえば主婦の場合、子育てが終わる頃、自分自身も更年期を迎えるというタイミングになったりします。
男性の場合は、それが定年退職の頃なのでしょう。



「T ちゃん、今度飲みにでも行きませんか?」
と、Ariane としては珍しいお誘いをしてみました。
というのは、前に T ちゃんが、自分が大学生の頃遊んであげていた子供だちが、いつか大人になって、一緒にお酒でも飲めたら楽しいんじゃないか、と言っていたのを思い出したからです。

T ちゃんは、パッと顔を輝かせて、「いいねぇ!」なんていう話になりました。



「うちの奥さんは、僕が女性の元教え子と飲んでいても、やきもちを焼いたりする人じゃないから^^」

「それは、T ちゃんが立派な人だからですよ。
うちの主人も、相手が T ちゃんだったら、何の問題もありませんよ^^」



友人や知人も、相手が異性だと二人で会うのが微妙な場合があるけれど、いいなぁ、貴重だなぁ、こういう関係って。
そして、子供の頃からの友人って、なんていいんだろう、と思いました。



今度 T ちゃんとお酒を飲みながら、一緒に<人生のゴール>問題を考えよう。



          ◇



今日の音楽は、民謡歌手・津軽三味線奏者 高橋孝さんの「真っ新な台本」です。
2007年、小椋佳さんの作詞・作曲。
前に一度ご紹介している曲ですが、たまたま今日聴いて良かったので、この曲をアンコールすることにします。





自分で、ある程度の筋書きを作っていても、やっぱり人生は真っ新な台本みたいなものかもしれませんね。



          ◇



さて、こちらのブログですが、しばらくの間、お休みさせて頂かなくてはなりません。
FC2ブログの皆様、ブログのご訪問返し等、できなくなります。
というか、既にあまりご訪問できていなくて、すみません^^;

先日4日間お休みしていた間に、いくつか仕事関係の会合があり、予想していた以上に、やらなければならない事が増えてきました。
Ariane の小さなキャパシティでは、しばらくの間は一杯一杯ですし、本気でモードを変えていかないと、とてもではないけれど、上手くやっていけそうにありません。
上の話で言えば、Ariane はまだ引退するには早すぎる歳なので、「やりたい事はもう終わった」とか言っていないで、苦しくても、改めて頑張らないといけません。

仕事の調子が少し軌道に乗るようになったら、ブログを再開したいと思いますので、その折はまた、どうぞよろしくお願い致します^^

まだまだ暑い日が続きますので、皆様どうぞお身体に気をつけて、元気にお過ごしください!



          ◇

          ◇

          ◇


スポンサーサイト

さぎ草の会HPができました / Danielle Licari - G 線上のアリア

1-0014-004.jpg


以前、主人の撮ったフィルム写真です。


           ◇


今日はお知らせです。

東京の中野区で活動している介護家族の会「さぎ草の会」の事は、以前 あみねこさん達と介護家族の集い<さぎ草の会> でご紹介しましたが、この度公式HPを作成致しました。

「さぎ草の会」は母の発案で始まった会で、発足して9年。会の皆様のお役に立っているようです。

HP担当は、Ariane でございます^^
Ariane も母のボランティアを、ボランティアでお手伝いすることに致しました。

さぎ草の会HP (←クリックしてね^^)

「さぎ草の会」は、2016年12月11日増大号の「サンデー毎日」でも、『介護自殺をどう防ぐか』という現場ルポで取材を受けたことがあります。
その時の記事の一部を引用させて頂きます。


「しゃべると気持ちが楽になる」

 中野区の介護者の会「さぎ草の会」にも、多くの介護者が集まり、意見交換や心情を語り合っている。藤田紅音さん(仮名、59)は母親を介護していたが、8月末、82歳で亡くなった。
 13年1月、母親は体調が悪化した。医者嫌いの母親だったが、この時は自分から「連れて行って」と願い出たという。消化器の病気だったが、すぐに手術をすることになった。
 手術後もそのまま入院したが、母親は「帰る」と言い出し、家で看病することになった。食事の際に栄養剤をカテーテルに注入するなど、父親と交代で毎日介護をするようになった。
 夜中の2、3時にトイレで起こされ、その1、2時間後に再び起こされる。藤田さんと父親は睡眠不足に悩まされた。
 「認知症の症状はなく、普通に会話もできましたが、起き上がるのが難しい」
 体力ももたないので、藤田さんはもう一度、母親を入院させようとした。そんな時に「会」を知った。
 「しゃべると気持ちが楽になったのです」



           ◇


今日の音楽は、ダニエル・リカーリのスキャットで、バッハ『G 線上のアリア』にします。





長谷アジアンカフェ『 MANORA 』 / Oxmo Puccino - Je Suis Cool Mais Pas Sympa / 嬉しい事

1-0015-001.jpg


上は、主人のフィルム写真です。
レンズは、CANON LENS FD 55mm f:1.2 です。
このレンズだと、開放で、露出オーバー気味に撮ると、夢のような絵になりますね。

このネコちゃんの置物は、良く出来ていますが、写真に撮った方が表情などがリアルな感じがします^^



下は、Ariane がデジカメで撮影。


1-IMG_9431.jpg


近所のお気に入りのアジアンカフェ、MANORA(マノーラ)さん。
長谷駅から大仏に向かう通りの途中(長谷寺より駅寄り)、二階にあるカフェです。

こちらのご飯やスイーツが美味しくて、時々来ます。
上は、マンゴーのパフェ。


             ◇


Ariane は、どうしてもいろんな音楽が好きで、どうしてもこの曲が可愛く聴こえるんです。

ということで、今日の音楽は、Oxmo Puccino の "Je Suis Cool Mais Pas Sympa" です。
2009年のフランス映画『アルティメット2』で使われた曲です。

エロディ・ユンが演じるタオのファイト・シーンで流れた曲ですので、やっぱり可愛いイメージの音楽なんだと思います・・笑



ちなみにラップは、フランス語が一番だと思います♪
若い頃は英語のラップを聴いていると、なんだか胃の具合が悪くなったのですが、フランス語では、そういうことがありません。
普段は1920~30年代好みの主人も、意外とフランス語のラップは好きみたい^^
Ariane たちは、このくらいうるさい曲でも好きですね・・
Iron Sy - Resistant (District 13 / B13 / Banlieue 13)
こちらの映像は、『アルティメット1』の方です。

パルクールについては、豆香洞コーヒー(TOKADO COFFEE) / パルクール(Parkour) で詳しく扱いました。
こうして過去記事を見ると、昔は充実していたなぁと思います^^;


             ◇


ところで昨日、ブロともの ponch さんが、Ariane の誕生日のお祝いの絵を描いてくださいました!!

こちらの記事です♪ (←クリックしてね^^)

嬉しいこともあるものだなぁ、と思いました。
誕生日は、プロフィール欄に書いていただけで、それを目に留めて覚えていて下さっただけでも嬉しかったのに、こんなサプライズのお祝いまでして頂いて、感激でした!
Ariane は嬉しくて、何度も見に行っています*^^*

ponch さんが、人を大事にする方だというのは、普段からブログの記事を見ていても感じていましたので、Ariane もそういう方って良いなと思い、東京で開かれた ponch さんの個展には鎌倉から駆けつけました^^


ちょうど今、 ponch さんも四国旅行にお出掛けみたいですが、Ariane も明日から4日間、所用で自宅を離れ、パソコン環境も離れます。
コメント欄は開けておきますが、返信は帰宅後にさせて頂きますね^^